3318090 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2010.12.10
XML
カテゴリ:アニメと漫画
3月のライオン」を4巻まで読んだ。

【送料無料】3月のライオン(5)

【送料無料】3月のライオン(5)

価格:510円(税込、送料別)


この作品で主人公は17歳の桐山零。
中学生棋士の彼は、事故で両親と妹を亡くしている。

この作品は、喪失から始まっている。
「喪失と再生」を描くのは、何も村上春樹だけではない。

内弟子として零は幸田家に引き取られる。
だがやがてアパートで一人暮らしをはじめる。
自分の存在が、幸田の姉弟に喪失感をもたらした。
それを零が感じ取ったからだ。

高校には1年遅れで通うが、対局もあって出席日数がぎりぎり。
教師の林田が、将棋に理解があり何かと零をサポートしている。

零は川本三姉妹とのふれあいで、かろうじて人間関係が保てている。
途中で登場する、から揚げ温玉カレーが美味しそう。
川本家で飼っている猫たちもほのぼのとしていい感じ。

将棋の監修は先崎学八段。
棋譜だけでなく、タイトル戦の解説や棋士の生活など内面も解説。

勝負の世界は厳しい。
四段になれず、プロデビューすらできずに去った天才たちもいた。

「将棋の子」大崎善生

だが、その厳しい世界で戦っているのは血の通った人間たち。
ミスもすれば悩みもする。胃も痛くなる。
だからこそ将棋は面白い。

なお先日、兵庫県加古川市行われた竜王戦第4局。
「羽海野チカによる1枚だけの手書きポスター」が披露された。
場所は山陽電鉄、尾上の松駅。

全国で1枚だけのポスター(竜王戦中継plus)

上のリンクページにもあるが盗難防止のため警備員が配置された。
見られたのは昼間だけ。夜には取り外されたそうだ。

女性が将棋界を描くというのは異色。
誇張や逆に軽く描きすぎなどの部分は感じる。
だが逆に「将棋は女性からどう見えるのか」という点が興味深い。

零のライバル(?)で何かと彼を気にかける二海堂晴信。
モデルは若くして病で亡くなった村山聖九段。
四段なのに熱く(暑く?)解説している場面は笑ってしまった。

彼についてはこの本が詳しい。

「聖の青春」大崎善生

先月末に最新刊の5巻が出た。
連載は休みが多いだけに、この巻は時間をかけて読みたい。

川本家はどうして両親がいないのか。
秘密についてはこれから明らかになるだろう。

***********************
関連記事

★羽海野チカ著 「3月のライオン」 (白泉社刊)

「3月のライオン」第五巻までをまとめ読みして

たまには号泣もいいかもしれない。

***********************

※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.12.10 11:17:27
[アニメと漫画] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ブログ「リュウちゃ… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.