015844 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

流のすけ

PR

Profile


流のすけ

Calendar

Comments

流のすけ@ Re:photoなど更新 コメントありがとうございます。 早速、覗…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
流のすけ@ Re:三世さん(三?) コメントありがとうございます。あまりま…
三世@ 初訪問 流のすけさん こんばんは 初めてブログ…

Favorite Blog

まだ登録されていません
2010.04.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日のブログで、東京駅構内のリニューアルしたスペースについて紹介しました。その中の店舗の一つに、野菜を販売するお店がありました。

このお店は、野菜だけを販売しているのではなく、そこで販売する野菜などを利用した惣菜も販売しています。むしろ惣菜の方がメインかと思います。

自分は野菜などに興味があるので、駅構内で販売されているのを見て、足を止めましたが、一般の方はどうなのでしょう。自分に限らず、それを見て足を止める女性の方などもいました。

恐らくこのお店は、販売スペースや位置から見ても、野菜の販売はメインの惣菜を販売するためのディスプレイ的な要素が強いのではないかと思います。

野菜を販売しているところには、「有機栽培」、「フードマイレージ」、「フェアトレード」などの言葉が並び、野菜を生産する農業者の顔写真などもあります。

しかし、野菜としては価格は少し高め、かつ駅構内であることもあり、あまり重いものは持って帰り難いでしょう。

では、それを利用した惣菜の量り売りならどうでしょうか。使っている食材がわかり、手荷物にならない程度であれば、少し高くても買ってみようとなるのではないでしょうか。量り売りであれば、新幹線を利用する方などが、車内で食べるなどの需要もあるかもしれません。

首都圏のど真ん中の駅構内では、野菜がこんな風に販売されています。販売する場所や立地、周辺環境などにより、販売の仕方は変わることを、改めて実感しました。

流のすけ






Last updated  2010.04.07 00:24:42
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.