投資の余白に。。。

April 18, 2006
XML
カテゴリ:折々のバカ

これまでの人生で最大の汚点といえるのが、Tという女とデートしたことだ。

話は20年ほど前にさかのぼる。

Tと知り合ったのは友人が主催したジャズコンサートの打ち上げの席。偶然、Tは右隣に座った。その右隣には、知性の面では言うまでもなく容姿の面でもわたしの足下にも及ばない、今でいえば太ったアキバ系の医者の卵が座った。

要するに、20代後半のそこそこ魅力的に見えなくもない女性の両側に、だいたい同世代の対照的な男二人がいたわけだ。

「これは不戦勝だ」とわたしは思ったが、そんな不遜さはおくびにも出さず、紳士的に後日のデートを約した。

この女のアタマの中がどうなっていたかは、いま思っても不思議だ。

結婚相手を探していたのだろう。趣味が同じ相手を探すのに、コンサートの打ち上げの席というのは悪くない選択だ。だから、完全なバカではない。むしろ悪賢いといえる。

この女は、男性と知り合うと、「社長さんですか」と聞く。いいえと答えると「お医者さんですか」と聞く。「いいえ」と答えると別のテーブルに去っていく(笑)

医者か社長と結婚したがっていた女だということだ。

この女がバカだと思うのは、医者や社長が高給とりだと思っていることだ。というか、金持ちは医者や社長しかいないと思いこんでいることだ。

医者や経営者に高額所得者が多いのは事実だ。

しかし生涯給与で比べれば、勤務医はさほど多くない。大企業の部長職はもちろん、高校教師よりも少ない場合が多い。

しかも、1970年代をピークにずっと下がっているのが医者の所得。

もちろん、安定はしているし、かなりのヤブでも食いっぱぐれることはないのはたしかだ。

僻地の診療所に7~8年も勤めれば、1億くらいの預金はできる。そのカネで都会に家を買って舞い戻ってくる、そういう医者は多い。

結果から言えば、この女は太ったアキバ系医者と結婚したようだ。10年後くらいに、つまらなそうな顔をしてカップルで歩いているのを偶然見かけたからだ。

知性や容姿ではなく、収入で選び、収入で結ばれた(笑)夫婦の人生がどのような展開を見せるかは興味深い。

この女とのデートは、他人の収入にしか関心のない女がどういう内面世界を持っているかを知る貴重な機会であったとだけ言っておこう。

文化人類学的興味がなければ耐えられない数時間だった。

Tとはデートの数年後、東京のホテルでばったり会ったことがある。

東京に何をしに来たのか聞いたら、「東京ドームを見に来た」という。

東京ドームで行われている何かではなく、東京ドームそのものを見に来たというのだ。

治るバカも多いが、こういうバカは死んでも治らない。

 

 

 

 

 

 







最終更新日  April 18, 2006 10:56:08 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

プロフィール


ペスカトーレ7

カテゴリ

バックナンバー

May , 2022
April , 2022
March , 2022

お気に入りブログ

不動産 夢の実現の… やっさんブログさん
減らないお財布を持… toms2121さん
www9945の公開プロフ… kitakujinさん
やまさんの投資日記b… やまさん12y3さん

© Rakuten Group, Inc.