投資の余白に。。。

全2件 (2件中 1-2件目)

1

YOUTUBE

January 5, 2013
XML
カテゴリ:YOUTUBE
林光がいなくなって1年がたつ。

こんにゃく座での日本語オペラ、本人は「ソング」と呼ぶことを好んでいた歌の数々は、神経過敏症のクラシック音楽ファンではなく、生きるための歌や音楽を求める人々のところへと広がっている。音楽ホールの薄暗がりではなく、地域のコミュニティで鑑賞され、青空の下でよりより世界を求める人たちが歌いついでいる。

YOUTUBEでしか聴けない林光の幻の歌がある。佐藤信作詞の「すたこら階段」である。

すたこら階段

1968年2月に「自由劇場」が上演した「ヴェト・ロック」の劇中歌で、ヴェトナム反戦のブロードウェイ・ミュージカルの日本語版初演にあたり、新しい歌を入れようということで作られた歌だという。合唱用の編曲がNHKで放送される話が持ち上がったが、歌詞の「コカコーラ」を変えろといわれ破談になったというエピソードもある。

ここにアップされているのは2010年7月24日、こんにゃく座スタジオでの上演。

最後の2行「コカ・コーラよりはましなやつを せめてゲップじゃ終わらないやつを」の部分がビートルズの「マジカル・ミステリー・ツァー」のパロディであることに気づく人は多いだろう。何度か聴くうちに、もしかしたらこの曲のほとんど全部が当時の流行歌のパロディなのではないかと思うようになった。

というのは、林さんがこの歌を作曲した1967年から68年はちょうど音楽に関心を持ち始めたころで、ラジオで聴いた欧米のロックやポップスが記憶の鍋の底にこびりついている。同窓会でのクラスメートとの再会のように、すべてのフレーズがどこかで聴いたことがあるような懐かしさを感じるのである。

冒頭の「すたこら階段登るんさ 休まず一気に登るんさ」の2行は、ウォーカー・ブラザーズの67年の大ヒット曲「ダンス天国」のパロディに間違いないと思う。ちょっと聴いただけではわからないかもしれないが、最初の3音を省いてみるとわかる。そっくりだ。

「ちょいと気になるミニドレス 粋に構えたビートひげ」も聞き覚えがあるが、顔は思い出しても名前を思い出せない同窓生のようでもどかしい。「地下鉄降りてまっしぐら 押し合いへし合い大賑わい」の部分はアニメ「狼少年ケン」の主題歌からの引用ではないかとにらんでいる。

「そこで一本コカ・コーラ てんで安いよたったの三十五円だ」のフレーズは、このころの歌謡曲やCMに詳しい人なら出典がわかるのではないかと期待している。

しかし引用だとはっきりわかるのは「マジカル・ミステリー・ツァー」だけで、ほかはまるで一筆書きのように即興で一気に作られた曲のように感じる。才気煥発という言葉はこの曲のためにあるような言葉だ。

この演奏は、とりわけピアノ伴奏がすばらしい。

ピアノ伴奏といえば、ここでは林さんのピアノ伴奏を見聞できる。

うた

やや上品に取り澄ました合唱に対して、林さんは中間部で激しい演奏を繰り広げている。

歌をどこでおぼえた、石を投げながらおぼえた、闘いを知っておぼえた・・・こういう歌詞の歌を、品格を失わないように、しかも激しさや強さを損なわずに歌うのはきわめて難しい。この合唱は悪くはないが、言葉にリアリティを感じさせない。機動隊に向かって投石した経験のない人に、こういう音楽は不可能なのだ。林さんの伴奏は、そういうジレンマにややいらだっているようにも聞こえるが、これほど音楽的に豊かな、というか「音楽のある」ピアノ伴奏のできる人は、世界じゅうを見渡しても数えるほどしかいない。

このアンコールソングはアマチュア合唱団のコンサートでよく聴く。しかしいったいぜんたい歌詞を意味をわかって歌っているのだろうかと思う演奏がほとんどだ。ヘルメットにゲバ棒で歌うくらいの演出がなぜできないのかといつも思う。

林さんは類まれなユーモアの資質の持ち主だった。ユーモアといえば武満徹を思い出すが、武満徹とはまったく異なっていた。どこが違っていたかうまく言えないが、人間の愚かしさを笑いとばすようなエピソードを必ずと言っていいくらい語った。ベートーヴェンやモーツァルトについて語った講演会に行ったことがあるが、ベートーヴェンやモーツァルトがいかに愛すべき資質を持った人間だったかに目を啓かれる思いがした。それ以来、クラシック音楽に対する見方が根本から変わったほどだ。

そのユーモアはしかし真摯な社会批判から生まれている。その批判の視座がどれだけ鋭く深く、あえていえば「過激な」ものかは、ユーモラスな音楽が愉快な「夢へ」に端的に表れている(2曲目、2分ちょうどからの歌)。黒い鉄の箱(国立歌劇場)がさびて崩れ落ち、廃墟からオペラがよみがえるというヴィジョンは美しい。

注文の多い歌劇場

それにしても「すたこら階段」のピアノ・パートは痛快だ。もし生まれ変わることがあるなら、この曲だけを演奏するピアニストになりたいと思っている。








最終更新日  February 9, 2013 12:39:30 PM
コメント(0) | コメントを書く


January 7, 2012
カテゴリ:YOUTUBE
新しい年を期して新しい企画をふたつ考えた。ひとつは読書日記、もうひとつはYOUTUBEで視聴する音楽である。

クラシック音楽に限れば、ステレオ放送が始まった1960年代末期以来、音楽にアクセスする主な媒体はFM放送だった。しかし、ネットラジオなど時代と共に多様化し、最近ではYOUTUBEやUSTREAMなどで音楽に接する機会が多くなった。

音楽媒体としてのYOUTUBEに注目したのは、まだビデオがなかった時代の映像が見られるからだ。音楽の黄金時代といえるのは1950年代と70年代だが、このころはまだビデオはなかった。特に1970年代を知ることは、それほど遠い過去ではないのに、案外できない。

いまのところ音質も画質もよくないが、いずれ改善されるだろう。それに、やはり映像がついているのは音質の悪さを考慮してもかなりのアドバンテージだ。

そこでYOUTUBEの画像を貼り付けようとしたが、楽天ブログではできない。それではと引越も考えたが、著作権法に違反している映像を貼り付けると違法になるという。まあ個人のブログが摘発されるようなことはないだろうが、少し様子を見ることにして、URLだけを貼り付けることにした。

そうこうしているうちに、作曲家・林光の訃報が飛び込んできた。毎年10月に行われているバースディコンサートを欠席したというので心配していたが、9月末に転倒し頭部を打って意識不明だったらしい。1月5日に亡くなったというニュースを7日に聞いた。

痩せて小柄で運動能力の高い人だったから、ふつうの道路で転倒なんて想像もできない。なにか突然の発作に襲われて転倒したにちがいない。たまたま運悪く頭を強打したということだろう。

日本人であれば、ほとんどの人は林光が作った音楽に触れているにちがいない。芸術音楽の分野だけでなく、映画、演劇、テレビドラマの音楽をはじめ、漫画の主題歌さえ作っている。

中でも印象的なのは、NHK大河ドラマの音楽だった。林さんは3作担当しているが、1973年の「国盗り物語」と77年の「花神」のテーマ音楽は大河ドラマ51作のうち、最高の作品として甲乙つけがたい。大河ドラマの音楽は、いずれも当代一流の作曲家を起用し、その作曲家たちが精魂こめて作っているのでそれなりに優れた作品が多いが、林作品は抜きんでている。

国盗り物語

花神

YOUTUBEにアップロードされたコンテンツは、いつ削除されるかわからないので、「これ」と思ったコンテンツはダウンロードしておくのが大事。またURLの末尾に&fmt=18をつけるなど、高音質・高画質化する方法もある。

YOUTUBEには伝説の名演として知られる福島の高校合唱団による「水ヲクダサイ」もアップされている。1958年、作曲者28歳の作品で1960年代は「流行」といえるほどあらそって全国の合唱団によって演奏された。かなり厳密なカノン形式で作られていて、格調の高さや密度など、古今の無伴奏合唱曲の頂点に立っている。

原爆小景より「水ヲクダサイ」

作曲者自身が東京混声合唱団を指揮した演奏も名演だったが、この演奏はそれを超えている。

林さんはピアノの名手でもあった。ソプラノ歌手伊藤叔と作った「アメリカ・アメリカ」(日本ビクター)というアルバムでは、その見事な演奏と、編曲の冴えも聞くことができる。たしか黒人霊歌が数曲収められていたが、その編曲のすばらしさといったらなかった。このLPはCD化されていないが、やはり「1970年代」の黄金の成果のひとつだと思う。






最終更新日  January 8, 2012 08:41:00 AM
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.