5190855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

全6561件 (6561件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2021/01/19
XML
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月19日(火)】

 朝、雪が少し積もっていました。昼間も少し降りました。事務所に少し寄ってから、月イチの津軽三味線レッスンでした。前回は事務所勤務が終わってからのレッスンでしたが、レッスンのことを忘れていて、欠席でしたので、2ヵ月ぶりのレッスンでした。私はグループレッスンで、生徒が私を含め3人から4人でしたが、コロナの影響か皆さん辞められて、ここ数カ月は私一人でした。しかし、先月から小学生の女の子が入られて、2人になりました。


 2020年振り返り、健康関係も最後です。「お通じ率」です。今年も変わらず約90%でした。







 健康関係の総括です。

・通院日数は、大腸ポリープの視察と入院(8日間)が主な要因で、去年より11日増で32日。
・健康診断で便潜血陽性で大腸ポリープ検査。2センチ大のポリープが見つかり、入院手術で
 徐子。悪性に近い良性で、全部除去できているので、問題ないとのこと。
・後腹膜悪性腫瘍経過観察 2020年5月で、粒子線治療終了後5年経過。
 腫瘍径小さくなったまま安定。クレアチニン値は上限値より高いが1.5付近で安定。
・赤血球関係は、引き続き下限値付近で推移。
・血圧はアムロジピン1錠服用継続。朝は137/86・脈拍71、夕は132/84・脈拍73で、
 昨年に比べ、特に大きな変化はなし。
・尿酸値は、フェブリク1錠服用継続。上限を超えることはないが、今年は上昇傾向
・中性脂肪、血糖値OK。コレステロール上限値近辺が継続。要注意。
・体重59kg、体脂肪率11%をキープ
・緑内障のリスクがあるが、今年も進行ななし
・歯は「被せ」が外れたりして臨時通院。3カ月に一度のメンテをしてもらっている。
 特に異常はなし。
・お通じ率約90%で去年から大きな変化なし。
・歩行歩数はコロナ禍下ではあるが、一日平均約9,500歩を確保。


よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/20 02:41:08 AM
コメント(1) | コメントを書く


2021/01/18
テーマ:京都。(5425)
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月18日(月)】

「京の冬の旅」妙蓮寺の予定でしたが、コロナ禍で延期となり、お休みで在宅でした。

 
 2020年出来事、健康関係の続きで、歩行歩数です。

 コロナ禍でガイド関連やプライベートでの外出が少なくなり、在宅が増え、4月~10月は在宅時に散歩するようにしたので、年平均歩行歩数約9,500歩と、一昨年の約11,000歩より少なくなりましたが、目標の8,000歩をクリアすることができました。








よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






最終更新日  2021/01/20 02:00:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/01/17
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月17日(日)】

 昨日は予定になかったのですが名古屋往復でした。今日はお休みで、終日在宅です。

 2020年振り返り、健康関係が続きます。コレステロール、血糖値、中性脂肪です。

 悪玉コレステロールは以前から高い値を示しており、過去時々抗コレステロール薬を服用しています。そのときは下がっていますが、止めるとまた上昇しています。休肝日設定で一度下がったかに見えましたが、ここ2年はまた上がって、上限を超えることもあります。ダイエットや休肝日で、体重はずっと減ってきているので、食の嗜好の問題かもしれないし、体質の問題かもしれません。コレステロールは腎機能を悪化させるので、上限値を超えるようなことが続けば、抗コレステロール薬を服用することを考えなければなりません。

 血糖値は去年一度高い値がありましたが、あとは正常でした。

 中性脂肪は以前から体重減少とともに下がっており、去年も正常値でした。







よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/20 02:41:42 AM
コメント(2) | コメントを書く
2021/01/16
カテゴリ:映画
【2021年1月16日(土)】

 昨日は事務所、今日はお休みで在宅。雨のうっとうし天気です。ここしばらくあまり寒くないのは助かります。


 NHK-BSから録画してあった映画「ラスト サムライ」を、細切れですが観ました。有名な映画ですが、私は初めて観ました。
 

Wikipediaより

ラスト サムライ
The Last Samurai

監督 エドワード・ズウィック
脚本 ジョン・ローガン エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコビッツ
原案 ジョン・ローガン
製作 トム・クルーズ トム・エンゲルマン スコット・クルーフ ポーラ・ワグナー
   エドワード・ズウィック マーシャル・ハースコビッツ
製作総指揮 テッド・フィールド チャールズ・マルヴェヒル リチャード・ソロモン
      ヴィンセント・ウォード
出演者 トム・クルーズ 渡辺謙 真田広之 小雪 小山田真 ティモシー・スポール
      ビリー・コノリー 原田眞人
音楽 ハンス・ジマー
撮影 ジョン・トール
編集 スティーヴン・ローゼンブラム ヴィクトール・ドュ・ヴォイス
製作会社 クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ  2003年12月5日 日本  2003年12月6日
上映時間 154分
製作国 アメリカ
言語 英語 日本語
製作費 $140,000,000
興行収入  $456,758,981
      アメリカ・カナダ  $111,127,263[1]
      日本 137億円







 殺戮の場面が多くて、好きな映画の部類に入りませんが、色んな意味で興味のもてる映画でした。

 日本が舞台で、日本人が多く出演しているので、日米合作かと思ったら、アメリカ制作なのですね。

 渡辺謙扮する勝元が大きなお寺にいるシーンが何度も出てくるのですが、京都のお寺で思い付くところがありませんでした。後で調べたら、姫路市にある書写山円教寺ということでした。エンディングロールで姫路市・京都市と出てきたので、姫路城がどこかで登場していたのかと思ったのですが、そうではなく円教寺だったということです。

 日本に到着したネイサンとバグリー大佐は、案内役のグレアム と共に明治天皇に謁見するらんめに、御所に向かいます。このとき急で長い階段を登るシーンがあります。伏見桃山の明治天皇陵の階段かと思ったのですが、知恩院の男坂の階段だったようです。映画では階段の上に大きなお堂が見えるのですが、実際には坂の下からは、御影堂は正面にドンという形では見えません。合成なのでしょう。下記に予行編にも写っています。

 冒頭の多くの島が浮かんでいる海のシーンは、長崎県佐世保市の石岳展望台から撮影された九十九島の眺望とのことです。

 勝元が住む田舎の村や、戦闘シーンの山間の風景は、ちょっと日本らしくないなと思ったら、ニュージーランドの「タラナキ地方」で撮影されたようです。タラナキがロケ地に選ばれた一番の理由は、見た目が富士さんにそっくりな「タラナキ山」の存在だったようです。標高2,518メートルの円錐形をした山で、別名エグモント山とも呼ばれます。


日本語版予告編



 時代は明治。勝元は恐らく、西郷隆盛をモデルにし、「大村」なる人物は、日本陸軍の創始者とされる大村益次郎をモデルにしているのではないでしょうか。ただ、大村益次郎は1689年(明治2年)に暗殺されているので、史実とはかけ離れていますが。

 ステレオタイプ的な武士道、日本人観はアメリカ制作なので、止むを得ないでしょう。忍者が集団で出てきて、勝元らと戦うシーンには、さすがに驚きました。忍者がこんな形で集団で行動することはなかったでしょうし、明治に入ってしばらくした時代なので、存在もしていなかったでしょう。これについては日本人スタッフが難色を示したものの、監督はじめアメリカ人スタッフの「どうしてもニンジャを撮りたい」という要望で撮影されたようです。

 小雪さんがよかったです。

 それから、先日77歳で亡くなられた、斬られ役として活躍し「5万回斬られた男」の異名を持つ福本清三さんが、グレアムの護衛・見張り役として登場します。寡黙な武士役で、台詞は1回短いのがあった程度だと記憶しています。最後の戦闘シーンで斬られますが、有名な「エビ反り」が見られるかと思ったのですが、ありませんでした。ちょっと残念でした。ご冥福をお祈りします。


福本清三さん登場シーン 円教寺も出てきます。




よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/16 01:43:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/01/14
カテゴリ:映画
【2021年1月14日(木)】

 今日は在宅でした。暖かい一日でした。NHKーBSから録画してあった、映画「レ・ミゼラブル」を、数日前から何度かにわたって視聴しました。

 二人で観たのですが、いつ頃だったか定かではなく、2012年12月の公開で、ダイヤリーを見たら、2013年1月に観ています。







レ・ミゼラブル
Les Misérables

監督 トム・フーパー
脚本 ウィリアム・ニコルソン(英語版)
   アラン・ブーブリル(英語版)
   クロード=ミシェル・シェーンベルク
   ハーバート・クレッツマー(英語版)
原作 小説 ヴィクトル・ユゴー
ミュージカル アラン・ブーブリル クロード=ミシェル・シェーンベルク
製作 ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー デブラ・ヘイワード
   キャメロン・マッキントッシュ
製作総指揮 ライザ・チェイシン アンジェラ・モリソン ニコラス・アロット 
      リチャード・パパス
出演者 ヒュー・ジャックマン
      ラッセル・クロウ
      アン・ハサウェイ
      アマンダ・サイフリッド
      エディ・レッドメイン
      ヘレナ・ボナム=カーター
      サシャ・バロン・コーエン
      アーロン・トヴェイト
音楽 クロード=ミシェル・シェーンベルク
撮影 ダニー・コーエン
編集 クリス・ディケンズ メラニー・アン・オリヴァー
製作会社  ユニバーサル・ピクチャーズ ワーキング・タイトル・フィルムズ
       レラティビティ・メディア
配給 イギリス・アメリカ ユニバーサル・ピクチャーズ
   日本 東宝東和
公開 イギリス2012年12月7日(ロンドンプレミア)
   日本 2012年12月21日
   アメリカ 2012年12月25日
   イギリス  2013年1月11日
上映時間 158分
製作国 イギリス アメリカ
製作費 $61,000,000
興行収入 $441,809,770
      日本 58.9億円



予告編



 もともとミュージカルは大好きなので、好きな映画の部類にはいるのですが、暗い場面、血なまぐさい場面が多いので、その部分は私にとってはマイナスポイントです。


「Confrontation」



 元の舞台版ミュージカルは観たことないのですが、舞台版は、実際に血を見せる必要もないし、残虐性をリアルに描く必要はないので、もし舞台版を観たら、それほど暗いとか、血なまぐさいと思わないのでしょう。このようなストーリーのミュージカルの映画化は、この辺が、舞台版と映画版が大きく違ってくる点だな思いました。

 最初の水の中でロープを引っ張るシーンや、工場の作業を上から捉えたシーンや、パリの街のシーンなど、アングルやパノラマ感が素晴らしかったと思います。


Look Down



 監督のトム・フーパーは2019年に「キャッツ」の映画化でも監督を務めています。

 ほとんどの台詞が歌になっているので、ちょっと疲れましたが、印象に残る歌が多くありました。作曲はクロード=ミシェル・シェーンベルク。後に「ミス・サイゴン」の作曲もしています。

 ファンティーヌ役のアン・ハサウェイは、この作品でアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。


I dreamed a dream



 成人後のコゼットを演じたアマンダ・サイフリッドは、レ・ミゼラブルの前に2008年の「マンマミーア」でソフィ役(メリル・ストリープの娘役)を演じ、その続編の2018年公開「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」でもソフィ役を演じ、私にも馴染みの女優さんです。

 成人後のエポニーヌ役のサマンサ・バークスは、舞台版でもエポニーヌ役を演じています。その前に舞台版キャバレーでは主人公のサリー・ボールズ役を演じています。


"オン・マイ・オウン(On my own)"



 色々書きましたが、聴かせる、見せる、魅せる映画でした。


One Day More



 余談です。ビクトル・ユゴーの原作「レ・ミゼラブル」は日本語では「ああ無情」訳されたりもします。母がこの小説のファンで、私が幼いころ、「ああむじょう」という題名を母が叔母や義祖母と話しているのを聞くにすることがよくありました。外国の小説なので、それが「ああ無情」と知るまで「アーム城」だとずっと思っていました。 


「民衆の歌」





よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/15 11:07:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/01/13
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月13日(水)】

 6,7日とガイド関係で外出、8日事務所、9日在宅ときて、10日は「京の冬の旅」で外出予定でしたが、コロナで延期となり在宅。11日在宅、12日事務所、今日13日在宅ときています。去年は、コロナの影が見えていた1月でしたが、生活への影響はなく、フル活動の1月でした。今年は在宅の多い1月でスタートです。



 2020年の振り返り、健康関係を続けます。

 体重は59kg付近、体脂肪率は11%付近をキープしました。後日掲載しますが、コロナ禍で在宅が増えたものの、在宅時散歩をすうようにし、歩行歩数一日平均8000歩以上はキープしました。在宅が多くなると却ってストレスが溜まって苦しかったですが、平均週2回の休肝日も守ることができました。これが体重・体脂肪率をキープできた大きな要因ではないかと思います。





 2016年の初めから休肝日週2日を設け、体重/体脂肪率が下がり始めました。されに2017年になると、ガイドで本格的に歩きまわるようになり、さらに下がりました。そして、2017年夏ごろから現在に至るまで、体重約59kg、体脂肪率約11%で安定しています。

 今年はコロナ禍でのスタートになりましたが、在宅時の散歩と週2回の休肝日で、これら数値ををキープしていきたいです。



よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/13 11:43:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/01/11
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月11日(月・祝)】

 2020年振り返り、健康関係が続きます。

 血圧です。高血圧で、月イチの通院で、アムロジピン1錠を服用しています。

 年平均で、朝は137/86・脈拍71、夕は132/84・脈拍73で、昨年に比べ、特に大きな変化はありませんでした。









よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/13 11:42:48 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/01/10
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月10日(日)】

 「京の冬の旅」がコロナで延期になり在宅です。

 2020年振り返り、今日は後腹膜悪性腫瘍の経過観察です。

 2014年夏に後腹膜悪性腫瘍を患い、半年間の抗がん剤治療を受けました。腎盂がんで片方の腎臓を切除し、残った腎臓の後ろに「がん」ができたので、抗がん剤治療後は、透析をしたうえで残った腎臓ごと切除ということになりそうだったのですが、セカンドオピニオンで粒子線治療に出会い、1ヵ月半の粒子線治療を受けました。残った腎臓を温存した治療ができました。

 粒子線治療が終わったのが、2015年5月で、その後経過は順調で、2020年5月で5年経過しました。寛解と呼べるところまできましたが、半年に一度のCT、血液検査による経過観察をK病院で続けています。

 去年の2度の経過観察も順調で、ここ4年間、腫瘍径は小さくなったまま大きな変化はなく、転移も見られません。






 腎臓が1つしかなく、その1つしかない腎臓も粒子線治療でダメージを受けているので、腎機能が低下しています。しかし、その指標であるクレアチニン値も、ここ5年間は1.5付近で安定しており、生活に支障のないレベルをキープしています。尿酸値はフェブリクを服用はじめた約4年前から上限を超えることはありません。ただ、去年は上限に達しないまでも、高めに推移しているところが気になります。






 直近の血液検査でアミラーゼ高めが指摘されましたが。アミラーゼが増加した場合は、膵臓、睡液腺の細胞に異常があることを示しています。膵炎や膵臓がんの可能性もあります。ただ過去のデータを見ると、M病院で診てもらっていたときから高めだったので、あまり心配する必要はないと思っています。直近の採血を使って、より詳しく診てもらっているので、今年5月の診察のときに結果確認します。






 赤血球関係も腎機能の影響を受けます。片方の腎臓を取った後、赤血球関係3項目は悪化していますが、粒子線治療後さらに下がって下限を割ることが多くなってきました。しかし、これも下限少し割るようなところで安定しており、投薬は受けていません。








よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/13 11:42:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/01/09
テーマ:京都。(5425)
カテゴリ:京都歩き
【2021年1月9日(土)】

 毎年だいたいは3ヶ日に初詣に行くのですが、今年はコロナの影響で行かないでおこうと思っていました。しかし昨日やっぱり行こうかという話になり家族そろって初詣に出かけることになりました。

 いつも決まったお社はなく京都市内の神社をあちこち行くのですが、今年は距離的には近い亀岡方面に行くことに。出雲大神宮をチョイスしました。








 出雲大神宮は亀岡盆地東部に立つ御蔭山(みかげやま)の山麓に鎮座します。古くは御蔭山を神体山として祀る信仰があったとされ、社殿は和銅2年(709年)に創建されたと伝えられています。式内社(名神大社)で、丹波国一宮であり、旧社格は国幣中社です。「元出雲」の別称は、出雲大社が出雲大神宮からの分霊とする社伝に由来します。現在の本殿は重要文化財に指定されています。

手水舎の柄杓はなく流水でお清め



 寒かったですが、私の居住地に比べると風は強くなく、また全く混んでおらず、ゆっくりと参拝できました。






夫婦岩




真名井のいずみ




 お授け物をお返しし、破魔矢やお守りをいただき、ご朱印もいいただきました。心を新たにすることができました。初詣はやはりいいもいのです。もう混雑する初詣は戻ってこないのでしょうか?













よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/09 07:10:54 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/01/06
カテゴリ:私の十大ニュース
【2021年1月6日(水)】

 2020年出来事振り返りその2「通院日数」です。

 2019年の振り返りで「来年は、A眼科を4ヶ月に一度とするので、何も異常がなければ、21回の通院回数となるはずです。」と書きましたが(こちら)、11日増えて32日となりました。






 後腹膜悪性腫瘍は半年に一度の経過観察で予定どおり2日、高血圧投薬も月イチの通院で12日でプラスマイナスゼロでした。

 歯科が3カ月に一度のメンテだけで4日の予定でしたが、虫歯の被せが外れて2日通院し、コロナでメンテを間延びさせてマイナス1日で差し引きプラス1日。

 緑内障予備群検査は4カ月に一度の予定でしたが、結局半年に一度でマイナス1日。

 その他が11日と多いのは、大腸ポリープ切除手術の事前診察、事後診察で3日、手術8日です。

 差し引き、+1ー1+11=+11 と11日増でしたが、後腹膜悪性腫瘍の経過観察も順調、血圧も大きな変化なし、緑内障も目立った兆候は無し、歯も良好な状態をキープできました。心配した大腸ポリープは、「悪性に近い良性」でかつ完全に除去できているとのことで事なきを得ました。

 今年は、何もなければ、高血圧投薬12日、歯科メンテ4日、眼科3日、がん経過観察2日、大腸ポリープ残分摘出2日で、合計23日の予定です。


よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2021/01/06 10:03:58 AM
コメント(2) | コメントを書く

全6561件 (6561件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.