4424283 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2015/10/27
XML
テーマ:京都。(5822)
 その他の主な祭#2の解答です。


城南宮 曲水の宴(下記行をクリックしてください)
https://www.youtube.com/watch?v=LVZ1adFZN4Q
曲水の宴.jpg


不正解だった場合は▲とし、その後に正解を記入しています。


●曲水の宴

・(ごくすいのえん)ともいう。

・平安時代に(朝廷)で行われていた年中行事で、古代中国が起源。

・(3月上巳)に(朝臣)が曲水の前に座り、上流から流れてくる盃が自分の前を
 流れ過ぎないうちに和歌を作り、盃を取り上げて酒を飲む。
 終わって別堂で宴をもうけて披講した。

・現在も(A:城南宮)、(B:上賀茂神社)、東北の(毛越寺)庭園で行われている。
 
・Aは(神苑内)の(楽水苑)の(平安の庭)で行われ(4月29日)と(11月3日)
 王朝衣装の男女が(遣水)のそばに座り、歌題の和歌を詠み短冊にしたため、
 上流から流れてくる(▲羽觴)にのせた酒盃を飲み干す。

・Bは(賀茂曲水宴)と呼ばれ、(4月)第2日曜に行われる。
寿永元年(1182)に(▲神主重保(しげやす))が行ったことに起源をもつもので、
当日は(斎王代)陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、(冷泉家時雨亭文庫)
の方々によって披講される。


●鞍馬の火祭

・天慶3年(940)に(▲由岐大明神)を(内裏)から勧請した時、(篝火)を焚いたのが
 起こりという。

・午後6時(神事にまいらっしゃれ)の(神事触れ)で門口の(篝)や(エジ)((小篝火))
 に火が入る。(さいれーや、 さいりょう!)の掛け声とともに松明を担ぎながら、
 町内を練り歩く。

・約(250本)の松明が山門の下に揃い、石段前の(▲精進竹)に張った注連縄が切られ、
 若者たちが神輿を迎えに階段を駆けあがる。

・曳き綱を握ると(安産)のご利益があるといい、女性も参加する。


●三船祭

・(5月)第3日曜日に嵐山で営まれる(車折神社)の祭礼

・当社を出発した(神幸列)は(大堰川畔)を(渡月橋)に出て、(▲中ノ島公園)から
 (▲御座船)に移乗する。

・管弦楽に(▲迦陵頻)、(▲胡蝶の舞い)を奉納する王朝絵巻さながらの(龍頭船)や
 献茶を行う(▲艗首船)が繰り出し、(扇流し)も呼び物の一つ

・御座船に従う奉仕船は(▲詩歌)(▲俳諧)(▲謡曲)(▲筝曲)など(30隻)あまり
 に達し、神事とともに大宮人以来の(▲舟遊び)の伝説も楽しめる。

・(▲宇多上皇)の際の(▲御船遊び)にちなみ(▲昭和の御大典)を記念して、例祭の
 (延長行事)として始められた。

・三船の名称は(白河天皇)が(▲大堰川行幸)のみぎり(▲漢詩)(▲和歌)(▲奏楽)に
 長じたものを三隻の船に分乗させたことによる。

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31


logo.png



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2018/11/16 08:41:01 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.