4443815 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2015/11/12
XML
テーマ:京都。(5826)
金閣寺・正伝寺・等持院編の解答です。

不正解だった場合は▲とし、その後に正解を記入しています。


●金閣寺

・本尊は(▲聖観世音菩薩)

・(▲夢窓疎石)を勧請開山とする。

・通称の金閣は(舎利殿)のこと

・応仁の乱による荒廃後、(豊臣秀吉)や(徳川家康)に帰依された(西笑承兌)や
 (鳳林承章)が住職となり復興。

・初層の(▲法水院)、二層目の(潮音洞)は同じ(和様の住宅風)。
 三層目の(究竟頂)は(禅宗様の仏堂風)

・金閣を映す(鏡湖池)は西から大きく(出島)が突出し、池内に(九山八海石)など
 の名石を配する

・境内には(金森宗和)好みの茶席(夕佳亭)がある。

・庭園は国の(特別史跡)および(特別名勝)


●正伝寺

・臨済宗(南禅寺派)

・正しくは(正伝護国禅寺)

・本尊は(釈迦牟尼仏)

・(▲東厳慧安)が師の(▲兀庵普寧)を開山として(烏丸今出川)に創建。

・(後醍醐天皇)の勅願所となった後、(十刹)に加えられ、(足利義満)の祈願所
 ともされた。

・桃山時代建立の(本堂)は重文。

・庭園は刈り込みを(七五三調)に配植し、(築山風)に表現しているのが特徴。

正伝寺.jpg


・ここも含め、次のような寺院に血天井がある
 (養源院)(宝泉院)(興聖寺)(源光庵)


●等持院

・臨済宗(天龍寺派)

・本尊は(釈迦牟尼仏)

・(足利義満)が(▲夢窓疎石)を勧請開山として(衣笠山南麓)に創建。

・(足利氏)の菩提寺である(等持寺)の別院として建立され、
 (等持寺)を(南寺・南等持寺)といい、(等持院)を(北寺・北等持寺)と
 呼んだ。

・後に(尊氏)の塔所が(▲北等持寺)に定められると、(尊氏)の法名、
 (等持院▲仁山妙義)に伴って寺号を(等持院)と改め、応仁の乱後、本寺である
 (▲南等持寺)も(等持院)に合併された。

・歴代(足利将軍)の廟所にふさわしく、(十刹)の第一位となり隆盛した。

・(霊光殿)には(尊氏)の念持仏とされる(伝空海作)の地蔵尊を中心に、
 (達磨大師)と(夢窓疎石)の像が両脇に祀られ、歴代(足利将軍)の木像
 (13体)が安置されている。

・書院に面した池の北岸には(足利義政)好みと伝える茶室(清蓮亭)がある。

・方丈の北庭は(芙蓉池)と呼ばれる名園。東の苑池は(心字池)とも呼ばれ、
 (▲三神仙島)をかたどった池庭で室町時代の手法が見られる。

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31


logo.png



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2018/12/07 06:39:51 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.