4284985 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2015/12/11
XML
テーマ:京都。(5819)
京の俗諺・伝説の解答です。

 問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●京の俗諺(ポイントピックアップ)

・(東男に京女)
   男性は気前のいい江戸の男がいい、女性は美しくて優しい京都の女がよい

・(伊勢)へ(七たび)(熊野)へ(三たび)(愛宕様)へは(月参り)
   愛宕神社への信仰の深さを表す

・(一見さん)、お断り

・(稲荷詣)に(愛宕詣)
   雲が(お稲荷さん)の方向に行くと晴れ、(愛宕さん)の方に行くと雨

・(鰻)の寝床

・(お水取り)がすむと春がくる

・(鴨川の水)(双六の賽)(山法師)
   (白河院)でさえ思うようにならなかったもの。

・(鴨川)の水で顔を洗うと(きれいに)なる
 (鴨川)の水を産湯に使うと(美人)になる

・京では(右)と(左)が逆になる    

・京に多きものは(寺)と(女)

・京の(底冷え)
  冬の寒さ

・京の(茶漬け)
  口先だけで実がない
  他家を訪問する客の心得

・京は(お口)の(べっぴん)
  うわべだけ

・清水の舞台から飛び降りる

・(弘法さん)が晴れやったら(天神さん)は雨や
   東寺の弘法市が(21日)、北野天満宮の天神市が(25日)
   5日程度で天気が変わる

・(白川夜船)  
   知ったかぶり。ぐっすり寝ることもさす。

・(比良の八講荒れ終い)
   滋賀県高島市の(白鬚神社)で延暦寺の宗徒が行う法要があり、この法要
   が行われる(3月20日)過ぎは寒さがぶり返し、琵琶湖周辺では冷たい
   風が吹き荒れる。これが終わると京都にも本格的に春が訪れる。


●京都の伝説(ポイントピックアップ)

・蜘蛛塚
  上品蓮台寺

・宗旦狐
  宗旦狐の掛軸があるのは、相国寺塔頭の(慈照院)

・撞かずの鐘 
  報恩寺
  (八半)という織屋の丁稚と織子の話。
  鐘を撞く回数を、丁稚は(八つ)、織子は(九つ)と主張云々。

・鬼門の猿
  京都御苑

・道真の登天石
  水火天満宮
  菅原道真は(藤原時平)の讒言で大宰府に左遷。
  都で雷が起こると道真の祟りと恐れられ、(醍醐天皇)まで不安をいだいた。
  道真が師と仰いだ延暦寺の(法正坊尊意僧正)に祈祷させることになった。
  御所に向かう僧正の前で、(鴨川)の水が溢れ出したので、数珠をひと揉み
  すると水流が分かれ、石の上に道真が現れたがすぐに消えた。
  僧正はこの石を持ち帰り、道真の霊を供養した。

・太閤の石仏
  北白川

  白川石仏.jpg

・革堂の幽霊絵馬
  革堂の近所の(質屋)に(おふみ)という子守娘がいた。
  (御詠歌)を子守歌のように歌った。
  質屋の主人が快く思わず、彼女をなぐると死んでしまった。
  父親は彼女が行方不明と聞かされたが、合点がいかず、革堂の観音様にすがる
  と彼女が現れ、殺された告げる。父親はその亡霊を絵馬に描かせ、鏡といっ
  しょに革堂に奉納した。

・へそ石
  六角堂
  (聖徳太子)が(四天王寺建立)の用材探し。
  沐浴後、(多良の木)に架けていた(念持仏(如意輪観音))が木から離れない。
  霊域と悟り、六角堂を建立。
  平安京造営で、お堂が道筋にあたるので、勅使が祈ると、六角堂が自ら北に
  退いた。その跡に残ったのが「へそ石」

・こぬか薬師
  (薬師院)
  本尊の薬師如来が(織田信長)の勧請で(美濃)の国から(薬師院)に移された。
  疫病がはやった。住職の夢枕に立った如来の「一切の衆生よ わが前に参ぜよ
  こぬか こぬか」とのお告げ。人々が祈ると難病が消えた。

・弁慶石
  弁慶は三条京極に住んでいた。遺愛の石があった。弁慶は(義経)とともに
  奥州(高館)で最期をとげ、石がその地に移された。石が「三条京極」に戻りた
  いとわめきだし、熱病も流行った。弁慶の祟りと恐れ、石を京都に送り返した。
  男の子が触れば(力持ち)になるとか、(病魔)や(火災)から逃れられると
  という。

・忠盛燈籠
  八坂神社
  (白河院)が(祇園女御)に会うために平忠盛を伴って、祇園社を通っていると、
  北の森に明かりがついて怪しげな姿。忠盛がよく調べると、燈籠に火を入れる
  社僧であった。

・蹴上の石仏
  (牛若丸)が(金売吉次)に伴われて(奥州)へ下るために(九条山)の坂に
  差しかかったとき、坂を降りてくる平家の武士(関原与一重治)ら一行(9人)
  と出くわした、そのとき(与一)が(水溜りの水)を(牛若丸)に蹴りかけた
  ことから(牛若丸)は9人を斬り倒した。この9人を弔うため、9体の地蔵を
  安置した。

・六道の辻
  六道とは(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)
  

・相槌稲荷
  (三条小鍛冶宗近)が(後一条天皇)から鎮護の刀をうつことを命ぜられた。
  云々・・・・名刀(小狐丸)を打ち上げた。
  童子の正体は稲荷のキツネの化身だった。

・百夜通い 
  隨心院

・すすき塚 
  了徳寺

・業平の塩竃跡
  十輪寺

・明智藪
  伏見区小栗栖

・長明方丈石
  日野
  方丈石は(千人(ちびき)石)とも呼ばれる

・橋姫
  橋姫神社
  夫が外に女を囲い、女房が(貴船神社に丑の刻参り)を続けた。
  水神が(宇治川)で(21日間つかり続ける)と(鬼になれる)と告げた。
  女房は鬼になり、男女を殺した。この女房を橋姫と呼んだ。

・宇治の亀石
  (豊臣秀吉)が(伏見城)を築いたとき、(宇治川)の水を城内に引くため、
  地下水道を引かせた。取り込み口にカモフラージュのために、亀の石を置いた。

・一文橋
  長岡京市
  日本最初の有料橋 (小畑川)にかかる。


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:10:09 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

パリ散歩♪ パリ,ロ… New! ほしのきらり。さん

早岐瀬戸潮さゐクラ… ローズコーンさん

一級河川、木津川堤… ケイサン9574さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん
今を生きる LIV… アメキヨさん

サイド自由欄

2015/05/03 
 届いた離職票の離職コードは「2D」 14683
2015/05/30 
 ボーリング場の数の推移がすごい!!!!  2653
2015年/07/12 
 卵巣がん 麻美ゆまの再出発3 1421
2015/06/03 
 パナ蛍光灯 生産終了?     1316
2014/12/12 
 京都検定勉強 みたらし団子の名の由来は? 4996

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.