4421853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2016/02/03
XML
テーマ:闘病日記(3907)
カテゴリ:癌闘病記
 後腹膜脂肪肉腫に罹り、抗がん剤治療に続き粒子線治療を受けました。現在、経過観察中です。ちょうど1年前の今頃は、6クールの抗がん剤治療後の次の治療にいて方針を決める時期でした。

 M病院での診察で、次の治療のステップとして、透析をしたうえでの残った腎臓ごとの切除手術が提案されました。色々考え、大阪府立成人病センターと東京国立がん研究センターでセカンドオピニオンを受けることにしました。

 まず、東京の国立がん研究センターでのセカンドオピニオンを受けましたが、「根治を狙わず、抗がん剤治療を続けて、延命治療をするのがベストでしょう。」という思わぬ結果でショックを受けて帰ってきました。

 しかしその後、内部で再検討してもらった結果について、国立がん研究センターから連絡があり、「透析をしたうでの残った腎臓ごとの切除手術が、第一の選択肢です。」とのこと。これにより、透析+切除手術に、気持ちがほぼ固まりました。

2015年2月3日の日記からです。

================================================
【2015年2月3日】

■では、どこで手術をするのか?????

 昨日の、東京国立がん研究センター(以下KGKC)のHM先生からの電話により、再発のリスクが高くかつ透析でQOLは落ちますが、残った腎臓ごと切除するという決心はほぼつきました。ギャンブルですが。それでも、気持ちは落ち込んだままで、ついつい家内に助けを求めてしまいます。どこまで気持ちが弱いんでしょうね。

 家内といっしょに8時半に起床。それでは、どこで手術するのがいいのかという話を家内や、次女としました。

 セカンドオピニオンに行った国立がん研究センターは、症例も多いし、評判も高いし、私への対応も迅速・丁寧だったし、理想的だと思います。でも東京なので、遠方であることが難です。次女は、東京の知人宅に泊まらせてもらったりして、見舞いは可能といいます。でも家内のケアを名古屋の長女に長期間来てもらわないといけません。手術後の経過観察を、近くの病院で診てもらう調整も必要です。

 透析の病院決定も必要です。経過観察~M病院、透析~近くの病院なのか、経過観察・透析~近くの病院なのか。まだまだ道のりは長いです。

 やはり、M病院でKFI大学の先生を招へいしての手術、経過観察をし、近くの病院で透析というのが現実的な解だと思います。ネットで調べるとKFI大学も手術件数はそこそこありそうです。それに、M病院でずっと診てきてもらっているので、私をよく知ってくださっているし、責任をもって診てくださるだろうということもあります。さらに、看護師さんとも仲良しになっているので、私も心理的に安心です。

 一時、近くの私立病院で、手術も透析もということを考えましたが、手術の症例が少ないことや、今まで診てきてもらっていないということも含めると、考えから外したほうがいいかなと思います。

 企業年金の第2年金の申し込みを郵送しました。5年前厚の保証期間20年です。これで65歳の厚生年金フルになったときに、前後で年金合計がほぼフラットになります。私に万が一(いや十に五以上)のことがあっても、家内にもらってもらえますし。

 メールで送ってもらった会社データで、データ入力をしました。Tp値の入力はしましたが、PM企画の入力は、先週で終わりにします。というのは、PM企画は後任さんの企画の商品が投入されたので、今までと同じ分析をしても意味がないからです。PM企画のほうは、これで一旦私の分析をまとめてしまおうと思います。

 6000歩のウォーキング。帰りに、スーパーに寄って、節分の「恵方巻き」を買いました。昔は、単純な太巻きしかなかったですが、今は、色んな種類がありますね。ハーフにカットしたものもありますし。3種類のハーフカットが入ったものを買ってきました。本当は、そのままでかぶりつくんでしょうけど、せっかくなので3つに切って、3人とも3つの味を楽しみました。今年の恵方は南南西(スーパーの店内放送でそう言っていたと記憶)だそうなので、一応南南西に向かって食しました。

 去年は、平穏無事に生活していて、法輪寺(嵐山の法輪寺よりもっとマイナー。でも、京都検定のテキストには出てきます)の節分会に家内といっしょに出かけました。それが1年後にこういうことになろうとは。来年の節分には、また家内と法輪寺に行けるように頑張りたいと思います。


 写真は、名古屋の長女が写メールで送ってくれたビーズ手芸のコレクションです。

愛ビーズ2.jpg


以上 2015年2月3日(火)の日記でした。

================================================


 透析+切除手術、手術はKFI大学の先生を招へいしてしてもらってM病院で、透析は自宅近くの病院で。気持ち的には、この線で方向付けをしました。


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ
にほんブログ村


_________________________________

過去の治療履歴は下記を参考にしてください。

がん治療日記:http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=10
がん治療振り返り:http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=11






最終更新日  2019/02/19 10:13:06 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.