4262846 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2016/03/19
XML
カテゴリ:美術・博物館
2016年3月19日(土)】

 昨日は次女のアメリカ旅行出発の日で、スーツケースを京都駅まで持って行ってあげたのですが、次女がネットで頼んだ品物が着くのを待って、それもいっしょに持っていかなければならなかったので、行こうと思っていた「モネ展」に時間的に行けなくなってしまいました。

 モネ展は5月8日までやっているので、本当は混雑の少ない平日に行きたいところなのですが、印象派の由来になった「印象・日の出」は3月21日までしか展示していなので、混雑覚悟で、今日家内と行ってきました。

 場所はいつもの京都市左京区・岡崎の京都市美術館。やはり3連休で道が混んでいて、着くのに1時間かかってしまいました。いつもはすっと停められる岡崎の地下駐車場も、ガードマンが出て案内するくらいの混雑。

 美術館もさぞかし混んでいるだろうなと思いましたが、案の定、列ができていました。でも、チケットを買うのに15分くらい並ぶくらいで大した混雑ではありませんでした。ルノワール展も昨日からやっていて、これも後日観に来たいので、ルノワール展とセットで2,900円(別に買うより200円安い)のチケットを買って入りました。家内だけ音声ガイドを借りました。

 中も混雑はしていましたが、思ったほどではなく、あまりストレスなく観れました。一通り観た後、家内の音声ガイドを借りて、音声ガイド付きの作品だけもう一度観直しました。2時間くらい美術館にいたと思います。

 よかったです。やはりモネの絵は優しい。ルーブル展、フェルメール・レンブラント展と、重い作品の多い美術展が続いたのですが、今日は軽やかな気持ちで観ることができました。

 知らなかったこともいくつかありました。10代でカリカチュア(風刺画)を書いて人気を博したこと。それを見たブーダンという画家が才能を見出し、風景画家になることを勧めたこと。晩年は白内障を患ったためか、よく描いた「睡蓮」の絵が抽象画のような作風になっていったことなど。


写真:ルノワール展と併行開催

P1160361(モネ展).jpg


写真:入口のポスター

P1160357(モネ展).jpg


P1160358(モネ展).jpg

P1160359(モネ展).jpg


 美術館を出て駐車場に戻りましたが、駐車場が満車になって、車が空きを待っていました。やはり3連休だからでしょうね。

 
 その後、「京の冬の旅」の相国寺の塔頭を拝観しようと、相国寺の駐車場に停めたのですが、「京の冬の旅」の拝観案内の看板がどこにもありません。おかしいなあと思って、パンフレットを見たら、3月18日(金)(昨日)で終わってました。そりゃそうですよね。もともと観光シーズンではないタイミングの客寄せですから、お彼岸の3連休までしないですよね。折角スタンプラリーで5箇所以上回って、お抹茶や和菓子接待サービスが受けることができたのに、ふいにしてしまいました。

 帰りに、新福菜館というラーメン屋さん(天神川店)に寄って遅い昼食。昔は京都駅近くの店しかなかったのですが、有名になって今では関東にも出店しているようです。家内は初めて入ったようです。ここはラーメンは濃い色のスープが、なかなか美味しい。焼き飯も美味しいです。

写真を撮らなかったので、ネットからの借用です。

201602319-新福菜館.jpg


次女から無事アメリカに着いたとのメールが入りました。


よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/08/23 07:27:35 AM
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

ピサロ Camille Pis… New! ほしのきらり。さん

街が動き出したが・… ケイサン9574さん

浮いている橋、どこ… ローズコーンさん

新陳代謝 デコちゃん6902さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

サイド自由欄

2015/05/03 
 届いた離職票の離職コードは「2D」 14683
2015/05/30 
 ボーリング場の数の推移がすごい!!!!  2653
2015年/07/12 
 卵巣がん 麻美ゆまの再出発3 1421
2015/06/03 
 パナ蛍光灯 生産終了?     1316
2014/12/12 
 京都検定勉強 みたらし団子の名の由来は? 4996

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.