4255293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2016/05/29
XML
テーマ:京都。(5812)
 「京都市内全寺社巡り」2016年5月7日(土)山科区8日目の第1回です。

 
【この日の行程】

*11:10バス
*JR桂川駅
*JR山科駅
*地下鉄椥辻駅

+歩きスタート12:10
・中臣遺跡説明板
・朝日神社
・左京みち道標(民家に移設?)
・折上稲荷神社
・中臣群集墳蹟碑
・實勝院
・イワイ・コーポレーション(ストライキ中)
・専正寺
・増福寺
・王将フードサービス本社
・来来亭山科新十条店(昼食)
・岩屋寺義士大石良雄寓居碑道標
・大石やしき道標
・岩屋寺道標
・大石太夫閑居址道標
・岩屋寺道標
・大石良雄山科閑居址道標
・大石良雄君隠棲旧址碑
・大石良雄遺髪塚
・岩屋寺
・山科神社
・大石神社
・大石神社創立記念碑
・福王寺
・極楽寺
・大徳寺
・大石乃瀧道標(今回発見)
・愛宕神社(前回発見できず)
・今熊野観音道十八町道標
・万因寺
・八幡神社
・山科本願寺土塁跡南西角碑
・山科本願寺跡碑
+17:50地下鉄東野駅

*地下鉄四条駅
*阪急烏丸駅
*阪急桂駅 
*バス
*自宅18:30



◆ルート地図

20160507-山科区#8Map.jpg


◆訪問スポットのプロット
 https://drive.google.com/open?id=1SGrnwgoP7rixTRJqtGOjDEo2oaE&usp=sharing


◆歩行距離

  山科区の歩き部分(約11.2km)


◆歩数

  自宅往復 19,000歩。


===============================

それでは山科区第8日の第1回です。

地下鉄椥辻駅から歩き始めます。以前歩いた付近ですが、帰ってきてから中臣遺跡の説明板が、勧修寺第二市営住宅の敷地内にあることが分かりましたので、まずはそこからスタートです。

すぐに発見できました。

中臣遺跡説明板

P1070374.JPG

P1070375.JPG

中臣(なかとみ)遺跡は、後期旧石器時代(約20,000年前)から室町時代に及ぶ、山科盆地の中心的な集落遺跡です。検出遺構の主なものには、古墳時代後期から平安時代にかけての古墳や土壙墓(どこうぼ)などの墓跡と、竪穴建物や掘立柱建物などの集落を構成する建物跡があります。中臣鎌足らを出した中臣氏(後の藤原氏)の本拠地でもあります。

 

 

北に向かい、新十条通を北に入ったところの朝日神社があります。

●朝日神社

P1070378.JPG

P1070380.JPG

P1070381.JPG

この地は徳川家光の息女、千代姫が収得し、乙訓郡大山崎妙音山観音寺に寄進され、享保年代に多くの移民によって栗栖野新田が生まれたと伝えられています。その鎮守の神として、この朝日神社が創建されたと伝わります。

 

民家前に道標発見。「左 京ミち」 この近辺のどこからか移築されたのでしょう。

●「左 京ミち」道標
P1070382.JPG

P1070383.JPG

 

 

朝日神社のすぐ近くに「折上(おりがみ)稲荷神社」があります。

北側の鳥居から入りました。

●折上稲荷神社
P1070384.JPG

P1070385.JPG

 

三九郎稲荷神社
 三大苦労(人間関係・健康・お金)を除いてくださる稲荷様
P1070387.JPG


伏見稲荷の大神が和銅4年(712)に降臨した際、稲荷山の三ヶ峯の次に降りたのが、この境内の稲荷塚と云われています。

幕末、孝明天皇は大嘗祭(だいしょうさい)に際し、長橋局(ながはしのつぼね)など女官の病気平癒を祈願し、長命箸を奉納しました。以来、女性守護のお稲荷さんともいわれ、アメリカの大富豪モルガンと結婚して異国で数奇な運命をたどり、日本の女性、とりわけ京の女性の名前を世界に広めた祇園の芸妓・モルガンお雪など、働く女性の守り神として信仰されています。


稲荷塚(京都市史跡)

 いただいたパンフレット。たくさんのスポットがあります。
20160529-折上稲荷.jpg

P1070397.JPG


モルガンお雪の姉、ウタが奉納した鳥居。
 お雪の世間の批判を避けるため、四女のお雪の名前の代わりに、
 「加藤楼稲吉」という名前で彫られている。
 姉ウタが経営していた置屋「加藤楼」に「折上稲荷様」が吉を
 くだされたという意味。
P1070389.JPG

P1070395.JPG

 

この鳥居の傍らに「中臣群集遺跡」の石碑があります。

「中臣群集遺跡」石碑

P1070388.JPG

 

五社大明神
P1070390.JPG



稲荷様の授け脳

 このコブを撫でると健康な脳が授かるとのこと
P1070391.JPG



ひょうたん大神

 モルガンお雪が特に熱心に参拝した神様
P1070393.JPG



稲荷大明神石碑

P1070398.JPG



正面鳥居
P1070401.JPG



ご朱

6-折上神社(web).jpg


 

折上稲荷神社の北北西に花山稲荷神社があります。

●花山稲荷神社

東の正面の鳥居から入ります。
P1070402.JPG

 

延喜3年(903)醍醐天皇の勅命により創建されたといわれます。拝殿の右側には、「稲荷塚」と呼ばれる古墳があり、この塚は、平安時代の後期に、三条小鍛冶宗近が、稲荷大神の神徳により、名刀「小狐丸」を鍛えたところとも伝えられています。

P1070408.JPG

P1070404.JPG


『赤穂浪士討ち入り事件』で有名な大石内蔵助良雄(おおいしくらのすけよしお)は山科近辺に隠れ棲み、花山稲荷神社を崇敬し大願成就を祈願したと言われています。

いくつか謂れのあるものが残っています。

断食をしてまでも討ち入りの策を考えたと言われている石です。
 もともとは藪(神社背面)の中にあった巨岩(10畳程)で古くは
 岩座(いわくら)だったと言われています
 農地開発で耕作の邪魔になり爆破されたそうですが、内蔵助の話が失われるのを
 惜しんだ当時の神主が破片の中でも1番大きかった物を境内に置いたそうです。
P1070403.JPG



大石内蔵助が寄進したという、本殿裏の鳥居、同志の心底を試したと言う『血判石』もありますが、両方とも見逃しました。



壊れてしまった鳥居

P1070405.JPG


社務所のおじゃましてご朱印をいただきました。
年老いた神主さん(だと思います)と、少しお話させていただきました。
7-花山稲荷神社(web).jpg

 

 

寶勝院(真言宗)
 花山稲荷神社の南の小さな工場などの集まる地域の中にありました。
 一般の住宅風です。安い土地を求めて引っ越してきたのでしょうか。
P1070409.JPG

 

 

西に向かう道で、物騒な張り紙を発見。さらに「ストライキ決行中」の横断幕も。

帰宅後調べて分かったことを、当日の「京都歩き」に書きましたので、興味のある方は覗いてください。

こちら

 ●物騒な張り紙、横断幕

P1070410.JPG

P1070411.JPG

 

(続きます)

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村







最終更新日  2019/08/26 10:31:27 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

reizinn@ Re:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) >市民からの寄付金でつくられたとのこ…
ワルディー・ヨーリョ@ Re[1]:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) ケイサン9574さんへ  ラオスからの象…
ケイサン9574@ Re:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) 開園のニュース有りましたね。上野につい…

お気に入りブログ

カミーユ・ピサロ 2… New! ほしのきらり。さん

季節は確実に前へ。… New! ローズコーンさん

さつま芋のレシピに… ケイサン9574さん

新陳代謝 デコちゃん6902さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

サイド自由欄

2015/05/03 
 届いた離職票の離職コードは「2D」 14683
2015/05/30 
 ボーリング場の数の推移がすごい!!!!  2653
2015年/07/12 
 卵巣がん 麻美ゆまの再出発3 1421
2015/06/03 
 パナ蛍光灯 生産終了?     1316
2014/12/12 
 京都検定勉強 みたらし団子の名の由来は? 4996

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.