4259341 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2017/03/12
XML
テーマ:京都。(5813)
カテゴリ:美術・博物館
2017年3月12日(日)】

 今日は家内といっしょに、京都文化博物館での「戦国時代展」と先斗町歌舞練場での「邦楽舞踏名流会」に行ってきました。

 車を京都文化博物館近くの立体駐車場に停めようとしたところ、係員の人から高さが入らないと言われて(プリウスαなので、そんなに車高が高いわけではないんですが)、駐車場をグルグル探し、結局河原町御池の市営地下駐車場へ。料金がよく分からないまま入りました。コインパークより高いかもしれませんが、地下街ゼストで買い物すれば割引きがあるので、買い物すればそれほどではないでしょう。

 まず、京都文化博物館「戦国時代展」へ。先日の講演会で「洛中洛外図屏風」のことを聴いて(こちら)、色々調べているうちに、上杉本の原本がこの展覧会で展示されていることを知りました。家内もその講演会を聴きに行きました。それで興味があるのか、喜んで同伴してくれるようでしたので、二人で行くことになっていました。しかし、途中で展示替えがあり、お目当ての上杉本洛中洛外図屏風の展示は今日までとのこと。二人とも都合がよいのが、今日くらいしかなく、ギリギリ間に合いました。お値段は一人1300円也。











 上杉本洛中洛外図屏風(国宝)は米沢市上杉博物館蔵ですが、多くの上杉家文書もいっしょに展示されており、「織田信長書状」、「徳川家康書状」、「豊臣秀吉直書」など多くの国宝を観ることができました。


国宝「上杉本洛中洛外図屏風」 織田信長から上杉謙信に贈られた狩野永徳の作品とされています。
右隻

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9B%E4%B8%AD%E6%B4%9B%E5%A4%96%E5%9B%B3

左隻

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%9B%E4%B8%AD%E6%B4%9B%E5%A4%96%E5%9B%B3



「織田信長書状」

http://ameblo.jp/hiibon33/


「徳川家康書状」
 
http://ameblo.jp/hiibon33/


「豊臣秀吉直書」

http://ameblo.jp/hiibon33/


 京都関係の重要文化財では、妙心寺蔵「達磨・豊干・布袋図」北野天満宮「北野天神縁起絵巻」陽明文庫「後法興院政家記」などが展示されていました。


妙心寺蔵「達磨・豊干・布袋図」(南宋時代)達磨図:伝門無関画、豊干・布袋図:李確

https://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?PageId=2&ctgy=31


北野天満宮「北野天神縁起絵巻」土佐光信画、三条西実隆詞書

http://sengoku-period.jp/highlight.html


 その他主な所蔵元博物館・美術館や寺社は、東京都江戸東京博物館、陽明文庫、真田宝物館、毛利博物館、国立歴史民族博物館、山口県立山口博物館、九州国立博物館、厳島神社、真正極楽寺などです。


 内容、展示品数とも大満足の展覧会でした。日曜日でしたが、滅茶苦茶混雑しているわけではなかったのもよかったです。

 江戸東京博物館→京都文化博物館→米沢市上杉博物館と巡回中です。


 総合展示も「戦国時代展」のチケットで入場でき、ユネスコの記憶遺産に登録された「東寺百合文書」の展示も観覧できたのですが、次に観る踊りの会の開始時間が過ぎていたので、素通りに近いかたちで観て、三条通を先斗町歌舞練場に急ぎました。


 観覧したのは「邦楽舞踏名流会」という踊りの会です。私の所属するシニアガイド会の同期の方が、私が三味線をやっているということで、わざわざ送ってくださいました。この方の従妹さんと姪っ子さんが踊りで、お兄さんが三味線で出演されているとのこと。


先斗町歌舞練場





 詳しくは分かりませんが、プログラムを見ると、藤間流、花柳流、若柳流などの流派の方々の踊りの会のようです。タダでいただいたのですが、送っていただいたチケットには5000円と書いてあってマジックで塗りつぶしてあります。5000円ですので、発表会というのではなく、プロの方の踊りの会のようですが、チャリティー事業とあります。踊り手の方にノルマが何枚かあって、実際には踊り手の方がそれを買い取ってチャリティーとし、友達、知人に売るなりタダであげているのだと思います。








 入場すると、席はいっぱいのようです。立ち見を覚悟しましたが、2階もあるので行ってみました。横の桟敷席に入ったところ、空いている席があったので、そこに座りました。会場を眺めると、1階も、2階の普通席も空いているところがたくさんあるようでしたが、面倒でしたので、そこで観続けました。

 すでに3つめの長唄「松の羽衣」までプログラムは進んでいましたが、送っていただいた方の親戚の方が出られるのは、次の長唄とその次の常磐津でしたので、タイミングよくそこは観ることができました。

 なお常磐津の演題「猩々(しょうじょう)」とは、古典書物に記された架空の動物で、各種芸能で題材にもなっており、特に能の演目である五番目物の曲名『猩猩』が有名です。真っ赤な能装束で飾った猩々が、酒に浮かれながら舞い謡い、能の印象から転じて大酒家や赤色のものを指すこともあります。

その「猩々」



 駐車場に5時間強停めました。30分250円(平日なら最大1500円。土日祝日は上限なし)でしたが、ゼストで3000円以上買い物をして1500円の駐車場場割引きしてもらって、結果的に1000円強の駐車料金でした。あとから調べたら、コインパークは、20分300円とか30分300円とかするようなので、市営駐車場に停めて正解でした。義父にもらった商品券が残っていたので、阪急オアシスで買い物して帰りました。


 戦国時代の文化財、そして古典芸能と、いにしえの文化を堪能した一日でした。


-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/05/27 05:17:31 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

ピサロ Camille Pis… New! ほしのきらり。さん

浮いている橋、どこ… New! ローズコーンさん

さつま芋のレシピに… ケイサン9574さん

新陳代謝 デコちゃん6902さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

サイド自由欄

2015/05/03 
 届いた離職票の離職コードは「2D」 14683
2015/05/30 
 ボーリング場の数の推移がすごい!!!!  2653
2015年/07/12 
 卵巣がん 麻美ゆまの再出発3 1421
2015/06/03 
 パナ蛍光灯 生産終了?     1316
2014/12/12 
 京都検定勉強 みたらし団子の名の由来は? 4996

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.