6771583 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

ワルディーの京都案内

2018/03/26
XML
テーマ:京都。(5872)
カテゴリ:京都研究
2018年3月26日(月)】

 研究員研究の11回目のフィールドワークで稲荷山南谷に出かけました。

 前回フィールドワーク(3月22日)(こちら)の後、「七面滝」でアトリエを待たれている大岩さんとメールでやり取りをするうち、七面の滝での日蓮宗のお寺さんの滝行が今後3月26日(今日)と4月16日にあることが分かりました。4月16日はゴルフがありますが、3月26日(今日)はフリーなので、大岩さんに繋いでいただいて、今日、滝行を見学させていただくことになりました。滝行を実際に見るのは初めてです。

 JR桂川駅からJRで行こうとしたのですが、桂川駅に着いたら、京都駅での乗客との接触事故があって運転が止まっており、再開の目途も不明とのことでしたので、急きょ、阪急洛西口駅まで歩いて、阪急・京阪を乗りついで伏見稲荷に向かいました。

 滝行は11時半から12時半頃だそうですので、その前に、この前お会いした「白菊の滝」の奥様にお会いして、聞き洩らしたことを確認させていただきました。今のところ、ご朱印はどこの「お塚」「お滝」ともやってないそうで、滝行は危険が伴うので、観光化は躊躇するが、ご朱印くらいはやってもいいのかも知れないとのことでした。また、「お塚」「お滝」の管理者の組合的なものは存在せず、南谷は同じ町内会としての交流はあるが、北側の「お塚」の管理者の方々とは交流がないそうです。何か観光化を企てるとすると、組織作りから取り組まないといけないようです。

 この前「命婦滝」の管理者の方とお話をさせていただいたとき、たまたま「白菊滝」の奥様がいらしゃってお知り合いになることができました。今日は、「白菊滝」になんと「弘法滝」の奥様が偶然来られていて、「弘法滝」についても同時にお聞きすることができました。以前、管理棟を訪れて、身分を明かさずにお話をさせていただいたことがありますが、こういう形でインタビューできると、打ち解けた雰囲気でインタビューできるので幸運です。2回連続で、このようなことが起こるのに、不思議を感じるのを禁じ得ません。

 「弘法滝」は奥様で3代目。やはり記録がなく正確なところは分からないが、奥様で3代目で、「お塚」「お滝」ができたのは、120年くらい前、明治時代の中頃ではないかとのこと。お塚で一番古い字彫が明治31年だそうです。


 色々お話をお伺いするうち「七面滝」で滝行が始まる11時30分になったので、おいとまさせていただいて「七面滝」に向かいました。大岩さんに、来られていた大阪柏原市にある日蓮宗欣心寺のお聖人に繋いでいただき、快く見学をお許しいただきました。すでに滝行の準備が始まっていて、祠ではお参りが始まっていました。お聖人とお弟子さん、男性の信者さんが2人、女性の信者さんが3人、総勢7人です。信者さんはいずれも私よりお歳を召した方々とお見受けしました。都度メンバーの増減はあるそうですが、毎月、滝行に来られているそうです。

 しばらく法華経の読経が続き、やがてお聖人さんが滝に入られ、続いてお弟子さん、男性信者さん、女性信者さんの順で滝に打たれておられました。途中で、お聖人さんが、信者の方の滝行のときに、「気」を入られている作法も見ることができました。





 許可を得られたので、お聖人さんの滝行だけ写真を撮らせていただきました。





 滝行後、読経がさらに続き、それも終わると、更衣所に全員が輪になってお食事をとられました。といってもカップ麺と皆さんが持ち寄ったおにぎりとか、そんな質素なものです。私も、いっしょにいただきながら、お聖人や信者の方々に色々お話をお伺いしました。

 お聖人曰く、昔はたくさんの人が滝行をしたが、今は滝行をする人が減っている。昔は流行みたいなところがあったが、やがて自然淘汰されて、今は真剣に滝行をする人しか滝行をしなくなった。生駒にも「お滝」が複数あるが、稲荷山ほど数はない。星田の妙見にも「お滝」がある。外国人がよくこの滝を訪れるのは、ネットで紹介されたから。


こんなノートも置いてあります




 男性信者さんのお一人から興味ある情報を聞くことができました。この方が、このお滝に父親に連れられてきたのは約70年前。当時は、少し下流の今自動販売機が置いてあるところに「真心滝」があり、その茶店にたくさん人が休んでいた。水の流れはないところなので、鳴滝からポンプで水をあげて滝を作っていたのではないか。間力教会の方がが今の場所に移る前は、その場所におられた。当時は、この辺りは人通りがすごかった。今日はまず宝塔寺に寄ってから来た。宝塔寺にも「お滝」があったが、立命館高校ができ湧水が少なくなった閉じられた。(立命館高校が深草にできたのは、昭和63年約30年前。宝塔寺でお会いした方が、廃滝は20年くらい前ではないかと言っておられたのと符合する)

 もう一人の男性の信者さんは、大工さん。このお滝で修行をするようになったのは、最近のようで、ここで修行を始めた頃は、着替えをする建物は半ば壊れていた。見るに見かねて自費で修理をさせていただいた。題目石は以前はもっと高いところにあったが、台風で崩れ落ちた。それを今のところに建て直した。このような奉仕をさせていただいた後、良いことが起こるようのなった。これもご利益か。


昔は茶店だったことをうかがい知ることができる建てつけ




 この前のフィールドワークで管理者の方が不在だった末広滝を訪問したかったのですが、修学旅行の下見で太秦映画村にも行かねばならないので、山を下りました。途中、信者の方がおっしゃていた自動販売機のあるところに立ち寄りました。そこは、以前、「真心滝」跡ではないかと思って探索した石材置き場でした。社務所跡のようなところがあったのですが、滝場跡は見つかりませんでした。今日は、咎められるのを承知で、社務所跡のような建物の裏に回り込んでみましたが、やはり滝場の跡は発見できませんでした。

 道に戻ると、以前「七面滝」の大岩さんが教えてくださった鳥居製作所の方が表に出ておられたので、お話をお伺いしました。ここに住んで60年になるそうですが、「真心滝」はご存知ありませんでした。「真心滝」がさきほどの石材置き場にあったと仮定したうえで、滝行の信者さんのお話も含めて考えると、「真心滝」は60年強前に廃滝になったことになります。すなわち昭和30年頃です。「不動滝」もご存知ありませんでした。

 お山巡りの鳥居を製作されているのですが、鳥居を作るところは現在5社あるとのこと。一番有名で時々テレビにも登場するのが、伏見街道にある「長谷川工務店」。千本鳥居に向かう入口の鳥居列の最大サイズの鳥居(電通の名が入ったものなど)は、家が一軒建つくらいの値段がする。昔の鳥居用の木(杉だったか?)は、時間をかけて成長させていたので、もっと年輪が込んでいた。乾燥させてから加工していた。今の木は早く成長させるので、年輪が込んでいない。また、山の奥に入らないと太い木が採れないので、緊急用に近くにヘリポートを作ったうえで、ヘリポートで吊って採ってくる。乾燥させないので水分も多く含んでいる。水分を抜く装置を使っている。根元の腐りやすい部分は、表面を焼く。他にも色々興味深いことを教えていただきましたが、「お塚」「お滝」と直接関係がないので、メモもとっておらず、詳しいことまで記憶に残っていません。また時を改めて訪ねたいと思います。





 太秦映画村に向かいました。→こちら



-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/06/22 09:12:46 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

ワルディー・ヨーリョ

ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.