4248095 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2019/07/28
XML
テーマ:京都。(5810)
カテゴリ:美術・博物館
【2019年7月28日(日)】

 家内といっしょに四条烏丸の京都京経済センターで徳山弦泉先生の津軽三味線演奏を聴かせていただいた後(こちら)、「横山崋山展」を観に三条通高倉の京都文化博物館に向かいました。加入しているシニア会の機関誌の抽選で招待券が当たりました。この抽選、結構な確率で当たるので、観たいものでかつ場所が近ければ申し込んでいます。






横山崋山について (京都文化博物館HPから)

横山華山(1781/4〜1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆遣いで人気を博しました。

曾我蕭白に傾倒し、岸駒に入門した後、呉春に私淑して絵の幅を広げた華山は、多くの流派の画法を身につけ、作品の画題に合わせて自由自在に筆を操りました。

江戸の絵師たちにも大きな影響を与え、その名声は当時日本中に広がっていました。また、海外の研究者やコレクターからも評価され、欧米の美術館に優品が所蔵されています。

本展は、華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。曾我蕭白や弟子たちの作品も含め会期中あわせて約120点の展示で、かつて有名であったにも関わらず、忘れ去られてしまった画家の全貌を掘り起こし、その魅力に光を当てます。ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りします。


展覧会は6つのパートで構成されていました。文章は展覧会の説明板から。

【第1章 蕭白を学ぶ ー崋山の出発点ー】

横山家は曾我蕭白と交流があり、華山は幼少の頃から蕭白の作品に直接触れる機会を得、彼に傾倒しました。こうした「蕭白経験」の日々は、奇想の画家と呼ばれる蕭白の自由で斬新な画風を華山へと受け継がせ、それがのちの彼の画業の軸ともなりました。展覧会のプロローグでは、華山の原点となった蕭白風の作品をはじめ、初期の作品を紹介します。


左)横山華山 ≪蝦蟇仙人図≫ 個人蔵 / 右)曾我蕭白≪蝦蟇仙人図≫ ボストン美術館(ウィリアム・ビゲローコレクション)

https://souda-kyoto.jp/blog/00744.html


寒山拾得図 ボストン美術館(ウィリアム・ビゲローコレクション) 

https://souda-kyoto.jp/blog/00744.html


【第2章 人物 –ユーモラスな表現−】

華山は人物表現を得意としており、じつに多くの作品が残されています。たとえば中国の故事を題材に取り上げつつ、そこに同時代の人々の日常生活を巧みに写し出しています。人目を驚かせる趣向や、ユーモアに満ちた人物の描き方など、華山ならではの多彩な人物表現にご注目ください。

唐子図屛風左隻部分 文政9(1826)年 個人蔵

https://spice.eplus.jp/articles/200480/images



【第3章 花鳥 -多彩なアニマルランド-】

龍や鶴をはじめ多くの動物や花々を描いた作品群。どれも巧みに描かれ、華山の多才ぶりが窺えます。特に、虎の絵を得意とする岸駒の弟子だったこともあり、華山も虎を題材に多くの絵を手掛けています。花鳥画にみる迫真性に満ちた描写や、機知に富んだ表現は見逃せません。】

桃錦雉・蕣花猫図 泉涌寺

https://www.walkerplus.com/event/ar0204e342871/



【第4章 山水 ‐華山と旅する名所‐】

華山は、富士山や天橋立、二見浦といった日本の風景だけでなく、西湖や蘭亭曲水など中国の景色も描いています。山水の画題には、見ごたえのある大作が多いのが特徴です。また、華山の名を一躍世に知らしめたのが、《花洛一覧図》です。京都の町並みを俯瞰的に描いた摺物で、当時の知識人として知られる斎藤月岑(さいとうげっしん)が『武江年表(ぶこうねんぴょう)』で伝えているように、江戸の絵師たちにも大きな影響を与えました


富士山図 京都府(京都文化博物館管理)

https://spice.eplus.jp/articles/200480/images/540214



【第5章 風俗 ‐人々の共感‐】

華山がその真骨頂を発揮していたのが風俗画です。伝統的な画題に独自の視点と表現で新たな息吹をもたらし、身近な場所や文化、行事をつぶさに描いて、人々の共感を得ました。とりわけ祭礼図は華山の独断場で、祇園祭、やすらい祭、賀茂の競馬などを画題に数多くの大作を残しています。


夕顔棚納涼図 大英博物館

https://spice.eplus.jp/articles/200480/images/540210


【第6章 描かれた祇園祭 –《祇園祭礼図巻》の世界–】

《祇園祭礼図巻》は、江戸時代後期の祇園祭の全貌を、上下巻約30メートルに渡って克明に描いた華山の集大成ともいえる壮大な絵巻です。祇園祭のハイライトである山鉾巡行を描く絵は他に多くありますが、巡行以外の行事や祭りで賑わう人々の姿まで事細かに正確に描いた唯一の作品です。
近年発見された下絵とあわせて展示することで、華山がいかに丹念な取材と観察を重ねたかがわかります。


祇園祭礼図巻 上巻部分 天保6-8(1835-37)年 個人蔵

https://spice.eplus.jp/articles/200480/images/540216


 色んな画風があり随分器用な絵師だなと思いました。観ていて面白い絵が多かったです。実に見ごたえのある展覧会でした。

 2階の総合展示室では、「京都府蔵池大雅美術館コレクション 池大雅」「洛陽三十三所4 ―信仰のかたち― 」が開催されていましたので、こちらの方も観させていただきました。


 家内も結構熱心に観ていました。予定の行動ですが、夕食を近くで食べて帰りました。→こちら

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/30 03:13:47 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

ワルディー・ヨーリョ@ Re[1]:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) New! reizinnさんへ  コメントありがとうござ…
reizinn@ Re:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) >市民からの寄付金でつくられたとのこ…
ワルディー・ヨーリョ@ Re[1]:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) ケイサン9574さんへ  ラオスからの象…
ケイサン9574@ Re:【京都歩き】§京都市動物園へ。(05/22) 開園のニュース有りましたね。上野につい…

お気に入りブログ

ピサロ 農村風景画… New! ほしのきらり。さん

ハウステンボスへ薔… New! ローズコーンさん

鶯の鳴き声を聞く♬ ケイサン9574さん

新陳代謝 デコちゃん6902さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

サイド自由欄

2015/05/03 
 届いた離職票の離職コードは「2D」 14683
2015/05/30 
 ボーリング場の数の推移がすごい!!!!  2653
2015年/07/12 
 卵巣がん 麻美ゆまの再出発3 1421
2015/06/03 
 パナ蛍光灯 生産終了?     1316
2014/12/12 
 京都検定勉強 みたらし団子の名の由来は? 4996

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.