4005675 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2019/08/21
XML
【2019年8月21日(水)】

 今日は1日だけの公私OFF日。孫#1を預って3日目。日中は家内がテニスなので、その間は私が孫#1の遊び相手。雨の天気予報でしたが、午前中雨が降っていなかったので、今日も庭でプールに入れてあげました。楽しそうに遊んでいました。お風呂も私の役目ですが(といっても夏場なのでシャワーですが)、嫌がらないで楽しんで入ってくれるので助かります。すでに東京に戻った孫#2ならそうはいきません。


 8月11日、読売朝刊の「オリンピアン」の挑戦というコラム記事がスタートしました。過去大会に出場した選手たちの、その後と今の姿から、五輪の重圧、メダルの重みを探るという記事です。

 1回目は、1964東京五輪の重量挙げバンタム級で銅メダルを獲得した一ノ関史郎さん(現在75歳)。開会式の翌日で「日本人メダル第1号」でした。私はそのとき小学校4年生。一ノ関選手の出る試合を見たかどうかまでは憶えていませんが、一ノ関選手のことは「日本人メダル第1号」としてよく憶えています。重量挙げという競技も、そのとき初めて知りました。シーンと静まりかえった会場の中で行われる競技が印象的で、観ていてとても怖かったです。

 私はご本人は銅メダルを喜んだものとばっかり思っていたのですが、記事によると、金メダルを期待されていたが極度の緊張で銅メダル止まりだったということのようです。次のメキシコ五輪でも腰の故障で5位に終わり、競技を退きました。秋田県職員として勤めましたが、小学生のとき書道展で入賞したことがあったことから、重量挙げに替わるも打ち込めるのとして書道を選択します。有名な書家にも教えを受け、継続と向上に励み、60歳を過ぎ、国内有数の書道展に入選するようになりました。定年後は民生・児童委員を続け、15年前から子供向けの書道教室を開き、35人の生徒さんたちを教えているそうです。

 一ノ関さんの言葉がグッときます。「100歳になったとき、自分に『人生の金メダル』を掛けてあげられるように生きたい。自分はまだまだ未熟なので、今も日々学んでいる。」


1964東京五輪での一ノ関さん




子供たちの前で「挑戦」の文字を書く一ノ関さん




コラムの記事の題字は一ノ関さん筆




よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/08/21 10:27:24 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:【ニュース】1964東京五輪メダル1号一ノ関選手のその後。§OFF日。孫#1を庭プール。(08/21)   ケイサン さん
 私は、成人になっていても、この方の事は、何も知りません。今度は、一応野次馬根性で、チケットも申し込んでますが、あの時は、それも考えた事もなかったです。周りでも、チケット、話題になってなかったのです。時代の変遷を感じてます。 (2019/08/22 10:24:10 AM)

Re:【ニュース】1964東京五輪メダル1号一ノ関選手のその後。§OFF日。孫#1を庭プール。(08/21)   ワルディー・ヨーリョ さん
小学生の私は始まるまでは全く興味がなく、開会式の日も野球をしていたと思います。しかし開会式の録画や、競技の実況を見だして、虜になってしまいました。すでに成人であったケイサンさんのほうが、あり意味覚めて見られていたのだと思います。 (2019/08/22 07:10:14 PM)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

薬が無い病気で国も… New! デコちゃん6902さん

今頃の、スマホデビ… New! ケイサン9574さん

グルーニング美術館… New! ほしのきらり。さん

植物の成長。 New! ローズコーンさん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

購入履歴

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.