3983217 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2019/10/04
XML
テーマ:京都。(5705)
カテゴリ:私的ガイド
【2019年10月4日(金)】

 M社事業部時代のOBの歩き好きの会「西京会」3回目の集まりでした。今回はlさんが伏見の十石船に乗ってみたいとのことで、伏見の街歩きをプランしました。もともとは6月28日に予定していたのですが、悪天候が予想されたため延期し、季節がよくなってからということで今日になったものです。今回も台風の影響で一時は再延期も考えましたが、昨日の予報で降水確率が50%を下回ったため決行しました。正解でした。雨に降られず、気温もそれほど上がらず、ちょうどよい日よりとなりました。

参加者はNGさん、Y?さん,IUさん、BBさん、TMさん、私の6人でした。次のコースを歩きました。

京阪墨染駅(AM10:00)⇒墨染寺⇒欣浄寺⇒撞木町⇒墨染インクライン⇒海宝寺⇒勝念寺
⇒キンシ正宗常盤水⇒玄忠寺(伏見義民小林勘次碑)⇒大黒寺⇒金札宮
⇒黄桜カッパカントリー(昼食)⇒西岸寺⇒下油掛町電気鉄道事業発祥の碑⇒伏見駿河屋本店
⇒十石舟⇒三栖閘門⇒建長寺⇒寺田屋⇒高山右近ゆかりの“伏見教会”への小道⇒月桂冠大倉記念館⇒伏見夢百景(喫茶)⇒総本家駿河屋⇒魚三楼 鳥羽伏見の戦い弾痕⇒御香宮神社
⇒近鉄桃山御陵前(PM716:15)

総歩行距離約8km、全行程時間6時間強の旅でした。当初プランしたところで、行けなかったのは栄春寺(入口を見逃した)、伏見奉行所跡、伏見銀座跡くらいで、皆さんしっかり、元気に歩いてくださいました。京都の最高気温28.3度と真夏日に至らなかったことも助かりました。


今日のルート




 全行程皆さん喜んでくださいましたが、特に十石舟、黄桜カッパカントリーでの昼食、そこと大倉記念館、夢百景での利き酒、駿河屋本店さんでのお店の方の案内付きのお土産買い物、御香宮神社の豪華絢爛の建築など気にってくださいました。

 一石はお米2俵半など、市電を通すために駿河屋本店さんは店の西側の地を供与したということなど、私も色々新しく知ることがありました。ただ駿河屋本店で練羊羹「夜の梅」を使えるのは、本家筋の「岡本姓」を名乗る分家だとか説明してくださったのですが、記憶が不確かです。また近くに行く機会があれば、訪ねて色々お聞きしたいと思います。

 お米の単位は興味があるので、あとでネットで調べてみました。

1石=10斗=100升=1000合。
戦国時代に、土地の価値を表すのに「石」を使った。「百万石」とは「百万石の量の米が生産できる土地」という意味。
1石は一人の人間が一年間で消費するお米の量だと言われる。一食につき一合、それを一日三食で、365日分とすると、1095合。だいたい1000合。「百万石」であれば、すべてを米生産のい充てれば百万人分の米がとれるという計算になる。
1俵=4斗=400合=60kg

 私自身も楽しんだ一日でした。


黄桜カッパカントリー 龍馬御膳と利き酒






十石舟





十石舟からの月桂冠酒蔵の眺め



十石舟で一旦下船して見学する三栖閘門と資料館
資料館は閘門が稼働してた頃の操作室。以前は閘門の上に上がって景色を楽しめたが、中の螺旋階段が危険なので中止したとのこと。




月桂冠大倉記念館






 次回は11月29日に「もみじ狩り」ということになりました。場所は私に一任ということになりました。楽しい旅を企画したいと思います。今回いただいたガイド料も、私がお世話になっている「がん」患者支援NPO法人に寄付させていただきます。


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/10/05 11:08:00 AM
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

NHKプロフェショナル… New! デコちゃん6902さん

メムリンク モーレ… New! ほしのきらり。さん

驚き桃ノ木山椒の木… ローズコーンさん

冬枯れの通学路を、… ケイサン9574さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

購入履歴

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.