3999122 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2019/12/13
XML
テーマ:京都。(5711)
カテゴリ:研修会
【2019年12月13日(金)】

 今日は午前中にガイド会全体の研修会があり出席しました。昨年度のシニア講座の題材を使っての座学からピックアップして、これから行われていきますが、今日がその一回目でした。私の「若冲と応挙」も声がかかるかもしれません。

 今日の講師は、女性のTHさん。とても分かりやすい講義でした。ところどころに手書きの図やイラストがあるのも、手作り感があって良かったです。受講者のアンケートでも好評だったのも納得です。

 新たに知ったこと、再認識したことをピックアプします。

・大堰川は行政的には桂川。通称は上流から、上桂川⇒桂川⇒大堰川⇒保津川⇒大堰川⇒桂川

・大堰川に通した船も高瀬舟という。
 了以が、作州美作の国(岡山県)の和計川(わけがわ)の高瀬舟を見て、
 大堰川開削を決意した。

・千光寺はもともと清涼寺の西にあったが、了以が開削で亡くなった人を供養するために、
 大堰川を上から眺めることのできる現在地に移した。

・船頭と船大工を備前国(岡山)の瀬戸内水軍配下から呼び寄せ、
 彼らはやがて嵯峨に住み着いた。その地を小屋町と呼び、後に角倉町となった。

・「はなの家」は大堰川の水運管理のために建てられた屋敷。
 後に嵯峨角倉家の屋敷となった。

・高瀬川上流では鴨川支流を利用、下流では農業用水路を利用。
(ワルディコメント:七条以南がぐにゃぐにゃしているのは、農業用水利用のためか)

・高瀬川の用地買収のとき、竹田村では耕地の損失や灌漑用水の欠乏を恐れ、
 反対するものもいた。了以は説明し、誓約書をいれた。
 了以の企業家としての誠実な姿勢を示している。

・素庵は朱印船貿易で、船中規約を作った。今にいう企業倫理にあたるもの。先進的な手法。

・素庵は老年期、籟病を患って亡くなった。

・素庵の子である吉田光由(みつよし)は数学者。数学の知識を使って、菖蒲谷隧道を作り、
 北嵯峨の人々に貢献した。今も水が流れる。北垣国道が明治23年、功績をたたえ、
 石碑を建てている。

・吉田光由は和算入門書「塵劫記」を書き、和算の発展をに寄与した。

・常寂光寺の無料拝観エリアに塵劫記の記念碑がある。

・由光の墓は大分の豊後高田市にあるが、平成24年に算盤関係のお仕事をされている
 女性の方が二尊院でも発見した。この方が、算盤玉で作った多宝塔を千光寺に奉納された。

・祇園祭の鶏鉾の胴掛には、了以が清水寺に奉納した朱印船の絵馬を下絵にしたみものがある。

・ホテルオークラの2階に新しく作られた了以像がある。

・清水寺西門前に、了以の奉納した一対の灯籠がある。彫られた家紋で分かる。

・常寂光寺の料金所近くの休憩所?の天井に大堰川で使われていた高瀬舟がある。


下記は高瀬川沿いの写真。2013年4月1日撮影。古いです。


高瀬川と角倉了以邸跡碑




角倉了以建立の瑞泉寺




角倉了以顕彰碑 旧立誠小学校前





 まっすぐ帰宅し、明日のオーイ会京都案内の準備を本格的にスタートしました。明日の京都歩きは午後からなので、明日の午前中も準備継続です。todoのその日暮らしつが続きます。



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2020/02/01 02:30:07 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

聖母子と聖カタリナ… New! ほしのきらり。さん

金持ち・老人・豪華… New! デコちゃん6902さん

模様替え。縦のもの… ローズコーンさん

三連休後の株価は・… ケイサン9574さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

購入履歴

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.