3979111 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2020/01/27
XML
テーマ:京都。(5703)
カテゴリ:常駐ガイド
【2020年1月27日(月)】

 25回目の事務所勤務でした。12月、1月は繁忙期ではないので、1人勤務ですが、週はじめは色々やらなければならないことがあるので、2人勤務です。私はまだ駆け出しなので、二人勤務のときに担当させてもらって、指導を受けながら業務をしています。

今日は終日来年度の修学旅行関係を担当しました。年サイクルの作業です。特に修学旅行は年サイクルの作業が多くあり、それらもマスターしていかなければなりません。事務所所員は凡そ2年交替ですので、年サイクルの仕事の伝承が一番むつかしいところです。

 終わってから事務所、会計勤務者の月例会議でした。会議終了後、いつもの4人で「おおたや会」でした。ガイドのこと、健康のことでひとしきり盛り上がりました。特にお一人、私同様高尿酸の方がおられ、薬を飲んでも尿酸値9と高く、アルコールを控えておられます。痛風の話で盛り上がりました。私は一番最近のひどい痛風発作は、ドイツからの帰任直後だったと記憶しています。もう20年くらい前です。

 通勤途上、三条東洞院北西角に「教諭所跡」という駒札と、「京都・電信・電話発祥の地」という石碑があります。今日は、「教諭所跡」をご紹介します。

 幕末、京都の庶民教育機関であった教諭所(宣教館)は、もと、皆川淇園門下の北小路梅荘が計画し、天保4年(1833)に室町丸太町下ルの町家に開校しましたが、一度中絶します。その後、天保8年(1837)の飢饉の際、救済活動(駒札では経済活動となっていますが、救済活動のほうがしっくりきます)に従事した心学講社の援助を得て、翌9年7月に東洞院三条下ルの往心院地内に新築、開校されました。

 元治元年(1864)の蛤御門の変で焼失しましたが、翌2年に東洞院三条西北角に再建されました。明治2年(1869)、下京四番小学校となり教諭所は消滅し、現在この地はNTT西日本京都支店の地となっています。


東洞院三条北西角 NTT西日本京都支店




教諭所(宣教館)跡 駒札(交差点少し西入ル北側)




よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2020/02/04 10:48:01 AM
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

グルーニング美術館… New! ほしのきらり。さん

驚き桃ノ木山椒の木… New! ローズコーンさん

車中生活のいろいろ デコちゃん6902さん

冬枯れの通学路を、… ケイサン9574さん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

購入履歴

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.