4424616 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2020/05/16
XML
テーマ:京都。(5823)
カテゴリ:この本読みました
【2020年5月16日(土)】

 今日もOFF日。今日はもともとは「京カレッジ」で「伏見稲荷大社周辺のお滝」について講義をする予定の日でした。しかし、コロナ禍で4月6日に中止が決まり、少しだけ進めていた準備も中断しました。コロナ禍がなければ、この1ヶ月は忙しいガイド関係の仕事の間を縫ってでの準備で大変な時間となったでしょうし、今日は恐らく今年一番の緊張の一日になっていたと思います。

 今日は雨で散歩もできず終日在宅。昨日微々資産推移確認の2016年分統計を終え、今日2017年分の統計を開始しました。それが終わったら、2018年、2019年と統計を進めて、2020年の現時点までデータ入力したら一旦この作業は終わりです。来週中には完了できると思うので、次に何をするかです。ガイド資料の整理、ホームページの勉強など色々やりたいことがあります。



 全国が緊急事態宣言対象になって(京都は特別区域)、図書館は完全クローズになりましたが、幸いにもその前に本を借りており、そのときに借りた本4冊を順次「1万歩散歩」で二宮金次郎読みしています。緊急事態宣言下、6月8日まで借りたままでいいことになっています。

 以前角倉了以についての座学研修がガイド会であったときに、最後の質問タイムで「高瀬川と鴨川の交差はどのように船が横切っていたのか。」と質問しました。講師の方はご存知なかったのですが、聴講者の一人が後で調べてくださって、「鴨川に杭を並べて立てて、それを使って船が横切ったそうだ。」と教えてくだいました。その情報の出展が、「老人が子等に語る 伏見風土記」とのことなので、京都市図書館の図書検索で「伏見風土記」で検索し、それに引っ掛かって借りたのが前述の4冊です。そのうち「老人が子等に語る 伏見風土記」と同左「第二集」は読み終え、紹介を投稿済みです。(こちらこちら)。今日のそのシリーズの3冊目である総集編を読み終えました。



題名  :子等につたえる 伏見風土記 総集
発行者  :伏見区老人クラブ連合会 
発行日 :平成13年(2001)5月
ページ数:106ページ B5版
価格  :??? 非売品?
私の読書期間:~2020年5月8日頃








 第1集が昭和63年(1988)発行、第2集がその9年後の平成9年(1997)、そしてこの総集が、さらにその4年後の平成13年(2001)に発行です。3つ目の「総集」は私がドイツに赴任で最後の年のタイミングということになります。「京都歩き」を始めたのは、アメリカから帰任直後の2006年ですから、その5年前ということになります。

 第1集、第2集同様、伏見区の地元の老人クラブの会員の方が原稿を寄せたものを編集した本ですが、その名の通り、第1集、第2集の転載が大部分です。約9割が同じ記事の転載で、うち3割が第一集から、7割が第二集からとなっています。新しい記事にしようとされたのだが、高齢化も進んで原稿が集まらなかったので、「総集」という形をとったのかもしれません。ほとんどが読むのが2回目の記事ですが、繰り返し読むと、よく頭に入るので、それはそれでよかったです。それから今これを書いていて気付いたのですが、第一集、第二集とも「老人が子等に語る・・・」という前置きだったのに対して、この「総集」は「子等につたえる」という前置きになっています。「老人」という言葉があまり印象がよくないからでしょうね。これも時代の流れでしょうか。

 

 新しく記載された内容から新たに知ったこと、印象に残ったことを箇条書きにします。

・明治天皇の桃山御陵への階段は23段×10階。
 明治23年10月に教育勅語が発せられたのに因むという。

・乃木神社は明治天皇崩御の後、天皇を追って殉死した乃木希典大将を祀る。
 西南戦争のとき軍旗を失って、自決しようとしたが諌められた。
 日露戦争の旅順攻撃で多大の犠牲者を出した責任を痛感して、死をもって
 謝罪しようとしたが、明治天皇に慰撫された。明治天皇は乃木に昭和天皇
 (当時皇太子)の教育を頼むと、乃木を学習院院長に任命した。
 天皇を追っての殉死は「三度目の正直」

・宇治川鉄橋(澱川橋梁、近鉄桃山御陵前・向島間)は、昭和3年昭和天皇御大典のため、
 奈良電鉄(現在の近鉄)が計画し、橋脚6基で建設しようとした。
 しかし、橋を架ける地点に陸軍工兵大隊があって、川の中に橋脚を設置すると、
 工兵隊の夜間架橋演習の障害になるとのことで、計画の変更が強要された。
 それで橋脚のないワンスパン橋になった。現在も日本最大のスパン。
 また京町通東裏、観音寺裏、約800メートルを地下線にする計画もあったが、
 酒造組合の反対もあって高架になった。

・仏国寺には小堀遠州の墓がある。





よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






最終更新日  2020/05/22 12:26:42 AM
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.