4436664 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

2020/05/26
XML
カテゴリ:私の十大ニュース
【2020年5月26日(火)】
 
 今日はもともとOFF日。午前中最寄りの公園で孫#2と遊びました。孫#2は、私が単独で遊びに連れだすとき、母親(私の次女)と離れるのを嫌がりますが、連れ出したら連れ出したで、しばし母親のことを忘れて楽しそうに遊んでいます。でも何かのときに「ママは?」と思い出して家に帰ろうとすることが時々あります。今日も他の子供が母親と2人で遊びに来たのを見て、それまで楽しそうに遊んでいたのに、急に家に帰ると言い出しました。私も家内も、母親には勝てません。

 午後から雨でご近所散歩はお休み。微々資産推移確認は一昨日2015年版が完了し、その後、昨日と今日で、2016年~2019年分の追加加工を終え、年度推移もまとめることができました。あとは今年の現在までの分のデータを入力するのみです。


 というわけで微々資産の去年までの推移確認ができました。我が家の財政を大括りでみるのは、自然の流れで私の担当となっていたのですが、2017年からガイドが忙しくなってできておらず、我が家のなけなしの資産が増えているのか減っているのか感覚的には掴めていたものの、具体的な数字では把握できていませんでした。今回コロナ禍下の巣篭り生活の時間を利用して、過去に遡って把握することができました。「2019年出来事」の一項目として、2015年分からの経過を記しておきます。

 収入からです。臨時の収入(例えば土地売却や、保険の満期返戻金)などを除いた定常収入です。






 2012年12月にM社を早期退職し、2013年4月にN社に再就職しました。しかし再就職2年目の2014年7月に2回目の「がん」に罹病し、傷病手当給付(給与の3分の2)の受給を受けながら治療に専念しました。粒子線治療のおかげで職場復帰できる見込みはあったのですが、大病を経験して、退職後の夢としていた、京都での観光ガイド関連の活動を早く始めたいと思い、再就職後2年目の2015年4月にN社を退職しました。傷病手当ては退職後も全期間1年半に達するまで続いて受けることができるので、目いっぱいいただき、その後、給付開始を延期していた失業給付を2016年にいただき、これも目いっぱい頂戴しました。それが切れたとき、すでに61歳になっていたので、厚生年金給付を受けました。正規給与⇒傷病手当て⇒失業給付⇒厚生年金とどんどん受給額は下がっていきましたが、切れ目なく企業年金、個人年金、賃貸収入以外の収入が繋がったのはありがたかったです。でもこれは転がり込んできたものではなく、治療と併行してネット情報を色々調べた努力の賜物です。

 2017年は土地を賃貸していた中古車ディーラーさんに懇願されて土地を譲渡したので(その分臨時収入ですが)、賃貸料がガクっと下がっています。しかし、前年にガイド会に入り、この年からガイド料が本格的にいただけるようになり、補ってくれています。その後、2018年、2019年は大きな変化はありません。あとで書きますが、定常収入と定常支出が、この3年間はほぼトントンです。日常の収支は、今の定常収入で成り立っていることになり、ガイド料と賃貸料がなければ、目減りするばかりです。京都ではシニアでも観光ガイドである程度の収入が得られるということ、両親の遺してくれた土地からの収入があるということは本当にありがたいことです。


 次に支出です。家計簿のような細かは分け方はしていません。臨時の高額支出と日常の支出(定常支出)に分ける程度です。






 2015年は「がん」の治療・経過観察初期で、家内も含めほとんど外に出ることがなかったのですが、2016年に徐々に活動が回復し、2017年になってフルに活動するようになりました。これに伴って定常支出も増えています。2018年が多くなっていますが、その理由は、ぱっと見ではよく分かりませんでした。臨時支出は2015年は「がん」の粒子線治療代(健康保険適用外で医療保険給付外の半額は自己負担)、2016年から2018年にかけては、娘たちの結婚祝いが主な内容です。


 資産全体と内訳の増減です。






 増減については後で述べるとして、ここではポートフォリオについて書いておきます。2019年時点で、評価損リスクがほぼゼロの円預金・円債券(国債)が約80%、評価損リスクのある円投信・株式が約10%、為替リスクのある外貨預金・債券が約10%となっています。母が亡くなったとき、複数の証券会社に債券、投信があり、それを妹と手分けして相続し、今も大部分がそのまま残っているので、予期せずリスク資産の比率が高くなってしまっています。相続するとき、複数の証券会社との手続きが大変でした。また価値が時間とともに大きく変化するので、実際の相続時に不公平にならないよう気を遣いました。相続した後も、配当や再投資のメカニズムを理解するのに苦労しました。私が相続するときまでには整理して、半分は現預金化し、証券会社も1社にして、家内や娘たちが困らないようにしてあげたいと思っています。ただ損切りは避けたいので、しばらく様子見です。


 上記述べてきた、資産全体、収支に加え、リスク資産の評価損益も含めてその変化をグラフにしました。






 定常収支は5年間累計でプラスですが、行動形態がほぼ固定したここ3年間でみれば、僅かにマイナス程度です。65歳になり公的年金が今年からフルになるので、これからはプラマイゼロ程度になるのではと思います。リスク資産の評価損益は凸凹がありますが、累計ではマイナスです。資産全体は、累計では大きくプラスですが、これは2017年の田舎の土地半分を売却したことによるものです。2019年には定常収支はバランスし、大きな臨時収入や出費もなく、リスク資産の評価損益もほとんどゼロで、資産増減はほとんどありません。今年から公的年金がフルになり、定常収支が少しプラスになる期待がありますが、ごくわずかでしょう。大きな臨時収入は今後ないので、車や大型の旅行など、臨時支出は蓄えから賄っていくということになりそうです。あとはリスク資産の評価損益次第です。そんな中、今年はコロナ禍で特別な環境下です。ガイド収入が減る、リスク資産の評価損は膨らんでいる、一方で巣篭り生活で定常支出は減っている。そのプラスマイナスは果たしてどうなるでしょうか。



よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

_________________________________

私の十大ニュースカテゴリー

http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=12






最終更新日  2020/05/28 11:54:20 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.