3792013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

気になったニュース・CM

2019/10/16
XML
【2019年10月16日(水)】

 昨日の読売夕刊です。台風で新幹線車両が浸かってしまった長野新幹線車両センターの写真です。


長野新幹線車両センター




 ようやく水が引いたようです。驚いたのは、これら新幹線が高い位置にあったということ。回りは水が残っているのに新幹線のところは引いています。被害にあった直後は、きっと回りと同じ高さの土地にセンターを造ったから浸かってしまったのだと思っていました。そうではなかったようです。

 そして今日の読売朝刊。その場所の浸水深さを示したマップが掲載されていました。5メートルくらいの水深です。5メートルなら新幹線全部浸かってしまうはすですが、浸かったのは下半分くらいだったので、やはり相当高い位置に新幹線はあったようです。それでも浸かってしまったということですね。


千曲川での浸水深さ




 さらに別のマップ。那珂川での浸水深さです。なんと一番深いところで7.3メートルです。幅広い河岸段丘下の平地ですが、それが下流で急に狭まって谷になっているので、水が溜まってしまったようです。

那珂川での浸水深さ




 今回100年に一度の災害といわれました。治水は進んでいるはずすが、治水が温暖化の影響による気候の変化に追いついていないのでしょうか。森林の保全ができていないということも影響しているのでしょうか。100年に一度と言っていますが、こういう光景を毎年見るようになりました。


 今日は一日だけのOFF日。11月の勤務表が来たので、その間違い(私のミスによるもの)への対応、予定表への記入、社会見学の返信文書とルーティーンで手いっぱいで、シニア講座のレジュメはほとんど進めることができませんでした。
 


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/10/17 07:03:52 PM
コメント(4) | コメントを書く
2019/10/03
【2019年10月3日(木)】

 昨今の新聞を賑わしている関西電力の醜聞ニュース。実は八木誠会長は私の大学時代の研究室の先輩です。私がその研究室に配属になったのは、昭和51年(1976)かその前年です。ネットによると関電入社は1972年となっていますので、私とはダブってないことになりますが、担当の助手だった先生(後に教授)が「八木君は・・・」とよく話しておられました。やはり研究室誇りの卒業生だったようです。OB会などでお会いしたことがあるのか、お顔に見覚えがあって、関電の社長に就任されたとき、「あっ、あの八木さんだ。」と思った記憶があります。研究室一、二を争う出世頭で尊敬もしていましたので、東北大震災の影響で関電が苦境に立たされたとき、「えらいときに社長になりはったなぁ。気の毒だなぁ。」と同情もしていました。

 ところが今回の醜聞。額が半端じゃない。コンプライアンスに厳しく対応するようになった純粋の民間企業では、もはや起こり得ないお話しです。しかも退任をしない。残念です。せめて潔さを示して欲しいものです。ここは八木会長、潔く退任してください。


今朝の読売新聞から





 ルーティーン以外では、明日「西京会」の3回目の京都歩き(伏見の街)があるので、その準備と、来年5月に京都産業大学日本文化研究所コーディネートの「京カレッジ・京都力養成コース」の講師を上席特別客員研究員として担当することになったので、そのやりとりを担当の先生としました。また忙しくなるネタを作ってしまいました。



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/10/03 11:50:07 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/08/21
【2019年8月21日(水)】

 今日は1日だけの公私OFF日。孫#1を預って3日目。日中は家内がテニスなので、その間は私が孫#1の遊び相手。雨の天気予報でしたが、午前中雨が降っていなかったので、今日も庭でプールに入れてあげました。楽しそうに遊んでいました。お風呂も私の役目ですが(といっても夏場なのでシャワーですが)、嫌がらないで楽しんで入ってくれるので助かります。すでに東京に戻った孫#2ならそうはいきません。


 8月11日、読売朝刊の「オリンピアン」の挑戦というコラム記事がスタートしました。過去大会に出場した選手たちの、その後と今の姿から、五輪の重圧、メダルの重みを探るという記事です。

 1回目は、1964東京五輪の重量挙げバンタム級で銅メダルを獲得した一ノ関史郎さん(現在75歳)。開会式の翌日で「日本人メダル第1号」でした。私はそのとき小学校4年生。一ノ関選手の出る試合を見たかどうかまでは憶えていませんが、一ノ関選手のことは「日本人メダル第1号」としてよく憶えています。重量挙げという競技も、そのとき初めて知りました。シーンと静まりかえった会場の中で行われる競技が印象的で、観ていてとても怖かったです。

 私はご本人は銅メダルを喜んだものとばっかり思っていたのですが、記事によると、金メダルを期待されていたが極度の緊張で銅メダル止まりだったということのようです。次のメキシコ五輪でも腰の故障で5位に終わり、競技を退きました。秋田県職員として勤めましたが、小学生のとき書道展で入賞したことがあったことから、重量挙げに替わるも打ち込めるのとして書道を選択します。有名な書家にも教えを受け、継続と向上に励み、60歳を過ぎ、国内有数の書道展に入選するようになりました。定年後は民生・児童委員を続け、15年前から子供向けの書道教室を開き、35人の生徒さんたちを教えているそうです。

 一ノ関さんの言葉がグッときます。「100歳になったとき、自分に『人生の金メダル』を掛けてあげられるように生きたい。自分はまだまだ未熟なので、今も日々学んでいる。」


1964東京五輪での一ノ関さん




子供たちの前で「挑戦」の文字を書く一ノ関さん




コラムの記事の題字は一ノ関さん筆




よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/08/21 10:27:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
2019/08/09
テーマ:ニュース(79002)
【2019年8月9日(金)】

 4日連続ガイド関係OFF日の初日です。でも明日は、三重へお盆のお墓参りで、夕刻には東京の次女が孫を連れて来ます。家内は家の掃除やら、買い出しやらで大忙しで、私はちょこっと手伝っただけで肩身が狭かったです。

 
1月16日の某講座フィールドワークの予行演習を兼ねた地区組の研修会の日が、先日の打ち合わせで、12月10日に設定されたので、詳しく見学させていただく「お滝」の教祖様に電話してご都合を確認しました。ご都合OKとのことで、午前中か午後かを選択していただき、午前中に設定しました。その結果を関係者に連絡しました。

 今日の京都の最高気温は38.2度。7月29日から8月6日を除き連続の猛暑日です。


 今朝の読売新聞に、侍ジャパンの稲葉監督のインタビュー記事があり、「他競技から采配学ぶ」というタイトルで、ちょっと面白いことが載っていました。






 普段のプロ野球のリーグ戦や高校野球のトーナメント方式では起こり得ませんが、予選リーグを設けるオリンピックでは、サッカーポーランド戦と同じような「わざと1点差負け」というようなことが起こり得るのだなということを知りました。ここでは「わざと押し出し」となってますが、9回表が終わった時点で同点で、1点差での負けならOKということが分かっていれば(野球は試合時間が固定ではないので、同時に2つの試合を初めても、一つがかなり早く終わることは大いにあり得る)、わざとソロホームランを打たせる、わざとエラーにしてランニングホームランというのもありです。



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/08/10 08:56:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/06
【2019年5月6日(月・祝)】

 いよいよ10連休最終日です。某講義本番の主資料を何とか最終化しました。明日午前中に、補助資料を含めプリントアウトし、午後から京都市中のコピー屋さんで担当世話役の方といっしょに、必要部数を印刷します。明日、明後日と話す内容をもう一度精査したうえで、いよいよ5月9日が本番です。

 平熱で、鼻グジュグジュもなくなりましたが、まだ鼻声で、身体がふわっとした感じです。風邪は5月2日からかかりました。私の場合、やはり完治までは1週間を要するようです。



 4月30日の読売新聞朝刊記事、ECONOトリビアからです。

 何故、「飛行機の乗り降りは左側のみか」です。

 船に由来していて、昔船の舵板が右舷に付いていて、それを傷つけないように、左舷側から接岸していたので、飛行機もそれに倣ったとのこと。小さな船の時代、後ろに座った船頭さんが手で操作するとき、利き手の右手で操作しやすいよう右舷側に舵板があったのでしょうね。

 色んな呼称も船に倣っているとのこと。なりほどなぁと改めて思いました。




よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/05/07 09:15:46 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/04/23
【2019年4月23日(火)】

 某講義の本番5月9日の前に、その予行を兼ねたガイド会地区組の研修会がこの25日にあります。今日23日、資料を最終化したうえで、夕刻ガイド会事務所近くのコピー店でコピーをする予定にしていましたが、そのために京都の町なかに出るのは大変だし、その時間を明日の研修の最終準備に充てたほうがいいので、一昨日印刷資料は思いきって最終化したうえで、昨日修学旅行の帰りにコピーを終えました。

 印刷版が固定されました。これは参加者に配布されるので、表示版もそこから外れることはできません。今日の表示版最終化はあれこれ考える必要がなくなり、かえって気が楽になりました。今日、アニメーションに手を加え、スライドを行ったり来たりしながらの話しになるので、その順番でスライドが表示できるようにしました。関係者にも配信しました。あとは、明日の修学旅行から帰宅後、「しゃべり」の内容をできるだけ詰めます。結局、「しゃべり」を全部書きだすことはできませんでした。不足部分はアドリブでやるだけです。



 3月16日の読売新聞記事、ECONOトリビアからです。

「モータープール」は、関西でしか通じないというお話しです。






よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/04/28 10:36:23 AM
コメント(4) | コメントを書く
2019/04/18
【2019年4月18日(木)】

 2月26日の読売新聞夕刊「はじまり考」から。

 スリッパは日本発祥で、明治初期、外国人が靴のまま部屋に上がれるように考案されたのが、最初だとか。そして、語源は福沢諭吉が紹介した「スリップルス」だとか。







 そういえば海外のホテルにはスリッパがなくて、スリッパは海外旅行の必携品ですね。

 下記のサイトにも詳しいです。(ちょっと記事と違う内容があるかもしれませんが。)

 http://www.futabakogyo.com/rekisi.htm


 某講座講義本番は5月9日にありますが、その前に予行を兼ねたガイド会地区組での研修会が4月25日にあります。それまで1週間の今日、昨日書いたようにハプニングがあったこともあって、「しゃべり」原稿は4分の1くらいしかできていませんが、今夜、発表用兼配布主資料と補助配布資料の案を関係者の皆さんに配信しました。間違いなどあれば訂正をいただくためです。

4月25日までは、下記で進める予定です。修学旅行が直前に2件入っているのはつらいです。

19日:随求堂勤務
20日:串本・無量寺訪問
21日:「しゃべり」原稿作成。
22日:修学旅行ガイド
23日:21日の継続。最終準備。
24日:修学旅行
25日:地区組内研修発表

睡眠不足気味でもあります。もう少し頑張らねばなりません。


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/04/19 02:43:31 AM
コメント(4) | コメントを書く
2019/04/02
【2019年4月2日(火)】

 今日は、もともとゴルフの予定でしたが、某講座講師準備で忙しい時期なのでキャンセルしましたので、公私OFF日でした。明後日の串本無量寺の拝観可否問い合わせ、7日の同行ガイドの旅行社とのやり取り、講師資料のコピーについて関係者とのやり取りや、コピー店のGW冲の営業時間の確認など、細々と午前中処理し、午後から明日の私的ガイドの準備を継続しました。


 新元号発表翌日です。昨日投稿にも書きましたが、テレビに登場している所功先生の元号についての講演を以前聴講したことがあります。今読み返すと、面白いので、その部分を再掲して、赤字でコメントを加えました。


【2018年5月9日(水)】(所功先生講演部分のみ抜粋)

(略)

 今日は、京都産業大学日本文化研究所の研究会があるので、京都産業大学まで車で行って、家内一人で帰ってもらいました。午後4時過ぎに到着。研究会は午後7時からですので、図書館で伏見稲荷の「お滝」関係の文献検索。今日は「むすびわざサーチ」で検索してみました。

(略)

 学食のカフェテリアで早い目の夕食をがっつりとって、研究会に参加しました。

 講師は所功先生。テーマは「平成改元の真相と今後の課題」





 先生は京都産業大学日本文化研究所の初代所長で、現在、公益財団法人モラロジー研究所教授(研究主幹)を務められています。京都産業大学のホームページで歴代所長を確認したところ、現京都市歴史資料館長井上満郎氏が第2代、私の研究の指導教官、宮川康子先生(教授)が第4代所長を務められ、現在の小林一彦教授が第5代です。 
 
 改元のお話しなので、少々退屈かなと最初は思っていたのですが、さにあらず、最初から最後まで興味をもって聴かせていただきました。

 聴講メモから(?は私の記述が不確かなことを示しています)

・中国では辛酉(しんゆう・干支の一つ)の年は天命が改まる年とされた。日本において辛酉の年に改元する習わしは、政治的変革が起るのを防ぐ目的で、三善清行の提唱により平安時代の昌泰4年(901年)の辛酉の年に元号を「延喜」と改めたことから始まった。論拠を持った改元の初?の改元。これは明治になるまで続けられた。

・昭和21年に元号法が考案されたが、元号を続けること自体が天皇を権威づけることになるので、独立したからにしろということで、GHQから却下された。

・昭和40年頃から再び元号法の議論が活発になり、昭和54年に制定された。

・元号法そのものは2項のみの簡素なもの。
  第1項:元号は、政令で定める。
  第2項:元号は、皇位の継承があつた場合に限り改める。
 これは昭和21年の初案と同じ。

・大正改元は新聞の時代、昭和改元はラジオの時代、平成改元はテレビの時代。最近の各改元は、それぞれ全く経験のない時代背景下の改元だった。

→今回はインターネット・スマホ時代の改元、東アジアとの間の政情不安定下での改元といういのが、平成のときと世情としては違う点ですね。有識者までも携帯を預かったりとか、初めて国書が典拠になったりとか。

・1975年(昭和50年)には文部省初等中等教育局教科書調査官に就任した。教科書調査官となったので、全時代のことを勉強した。それで『年号の歴史』(雄山閣、1988)などを書き、報道機関から「年号のスペシャリスト」とのレッテルを貼られ、NHK記者から頼まれ、改元後の解説を頼まれた。昭和天皇が危うくなられた昭和63年9月から100日間あまりヒルトンホテルで缶詰めになった。

・元東京都知事猪瀬さんがまだジャーナリストだった頃、アポなしで取材に来た。ぽろっと「 踰年改元(ゆねん改元=即位後ただちに改元せず、新年より改元すること)も、方法かも知れない」と語ったところ、それが記事になってしまった。「天皇が御存命なのに、何ということを言うのか」と、身の危険を感じるほどのバッシングを受けた。
 まだマスコミとのつきあい方も知らなかったので、まさか記事されるとは思っていなかった。大学の先生方は、記事にしてほしくない場合、「絶対記事にしないでください。」という確約をとっておく必要がある。

・平成改元の発表は当時の竹下首相がやりたかったらしいが、小渕官房長官がすることになった。

・小渕さんが発表で見せた「平成」の原本は???にある。独立行政法人になり、この原本のコピーが300円で購入できる(先生も持っておられ、皆さんに見せられた)。内閣の書家が書いたものだが、ちょっと字の調子が軽いのではという評価もある。

→今回はどうなのでしょう。字は平成のときより恰好よかったです。やはり内閣内の書家なのでしょうか。

・平成改元の際に、候補を選んだ学者は3人。昭和54年頃から、すでに候補選定が進んでいた。


所功氏レジュメから


 宇野氏は3つ候補をあげ、そこから「正化」が第一候補となった。目加田氏は7つ候補をあげ、そこから「修文」が第一候補になった。山本氏があげたのが「平成」。(ワルディーコメント:正化も修文も「S」がイニシャル。当時はイニシャルにはあまり拘ってなかったということか)

→今回も、ここまで明らかになるのでしょうか。名前はともかく、どんな候補があって、どんな意見があってというプロセスは知りたいところ。でも、そこに「東アジアの古典を典拠にはしたくない」という意見があったとしたら、それはやはり公表を差し控えるでしょうね。


・昭和54年に元号法に合わせて定められた要領には下記のようにある。

 1.国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
 2・漢字2字であること(3文字以上は不可。但し、749年から770年にかけては、
   漢字4文字の元号が使用されている)
 3.書きやすいこと。
 4.読みやすいこと。
 5.これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと
   (過去の元号の再使用は不可)。
 6.俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。

・過去の元号は中国や周辺国で使われたものもダメ。「大正」はよく調べると中国の非正統王朝?にある。人名もダメだが、中国の明史に「昭和王」という地方の王様名がでてくる。地名もダメだが、「平成」と書いて小字ヘナリという村が岐阜県にあることが分かった。道の駅を「日本平成(へいせい)村」と名付けている。

・過去の年号はすっと菅原道真の家系が選定していた。室町時代から幕府が口出しするようになる。慶応の改元のときに、「平成」が候補になっていた。「明治」は、その前に10回も候補に上っていた。


所功氏レジュメから


・天皇陛下の即位30年を祝う来年2月24日の記念式典直後に新年号の発表だと思われるが、すでに有識者8名による候補選定が始まっているはず。

→所先生もやはり、新元号発表のタイミングはもっと早いと考えられておられたようです。以前、書いたように、統一地方選のタイミングを狙ったということでしょうか。

・坂本太郎氏(現東京大学名誉教授)は昭和30年に日本の古典からとってもいいのではということも言っておあれるので、そういうこともありうる。

・典拠があり、過去年号になっておらず、上記の条件に当てはまり、次の年号になる候補を著書にまとめた。当然過去の候補になったものも含まれ、最初の「安延」は過去5回候補になっている。アルファベットの重複を避けるだろうから、点線アンダーラインは候補外となる。


所功氏レジュメから
出典は所功氏共著「元号 年号から読みとく日本史」(平成30年、文春新書)

→このリストに「令和」はありません。「令」で始まるのは「令徳」のみです。所氏でも外しました。

・元号は日本にしかない制度。ややこしいという話もあるが、独自の誇れる文化として大切に継承していくのがいいと思う。


 遠路、聴講にいきましたが、色々新しいこと、裏話が聴けて、有意義な聴講となりました。所先生ありがとうございました。

 

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/04/04 09:34:55 AM
コメント(2) | コメントを書く
2019/04/01
【2019年4月1日(月)】

 今日、新元号の発表がありました。新元号は「令和」。



NHK正午のニュースから


 「令」という字は元号として始めて使われる漢字であり、出典がこれも初めて日本の古典文学が使われたとのこと。NHKテレビに出ていた所功氏もびっくり仰天の様子でした。所氏は京都産大学名誉教授ですが、私が所属する同大学日本文化研究所の初代所長も務められたこともあります。その関係もあって、元号についての講演を聴講させていただいたことがありました(こちら)。そのときの資料を見直してみました。次の時代の元号として524の候補をあげておられました。その中に確かに「令和」はありませんでした。「令」を使ったのでは「令徳」があるのみでした。やはり「所さんもびっくり」だったようです。

 「令」という字で最初に思い浮かんだのは「命令」です。厳格な意味を持つ漢字という印象です。また「令嬢」という言葉もあります。いいところのお嬢さんで、厳格な感じなので、「令」という字が使われているのかと思いましたが、「令」には、「よい」「りっぱな」という意味もあるそうなので、「令嬢」はそこから来ているのでしょう。

 ネットでの「漢字ペディア」では「令」の持つ意味は、次のようになっていました。

①いいつける。命じる。いいつけ。「令状」「命令」
②のり。きまり。おきて。「訓令」「法令」
③おさ。長官。「県令」
④よい。りっぱな。「令色」「令名」
⑤他人の親族に対する敬称。「令室」「令嬢」

 昨今の東アジアの国との関係からすると、典拠が国文学からといのもありかなと思いますし、これからも国文学からの典拠を続けて欲しいと思います。

 今回は崩御の直後というタイミングではなく、時間があったので、もっと前の決定・発表でもよかったとは思うのですが、4月1日というタイミングは、学校の新学期、企業の新年度開始、それから桜が咲く時期でお祝いムード満点という点ではよかったのでしょう。さらに穿った見方をすると、統一地方選最中ということもあるかも。改元前後、自民党の方々しかテレビに登場しませんものね。

 それにしても、老若男女、皆がこの発表の日を待ちわび、その発表に驚き、喜び、拍手し、涙する。平和だからこその姿、そして前の時代を振り返り、新しい時代に夢するという日本独特の文化。いいですね。新しい時代が平和で安全な、そして緩やかな成長の時代でありますように。それから雅子様が、これを機会にむしろ体調がよくなられることを期待して止みません。


 今日は公私OFF日。4月3日に私的ガイドで二条城、京都府庁、京都御所などを案内するので、その準備などをしました。


よろしかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






最終更新日  2019/04/02 10:48:42 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/11/26
2018年11月26日(月)】

 今日の読売新聞朝刊から。

 「カーシェアリング」を、仮眠や読書など手軽な個室として利用する人が増えているとのこと。仕事上の電話をするためのオフィスとして利用する人もいるようです。車内は静かで、スマホも充電もできます。





 調査によると移動以外の用途にカーシェアを使っている人は13%。41%の人が移動以外で利用したいと回答。内訳は下の表。





 カーシェアは15~20分という短い利用時間から予約でき、15分間の利用料は約200円。1時間なら800円程度。喫茶店のコーヒー1杯の値段とそんなに変わりません。



 今日は午後から三味線をかついで京都市内へ。12月5日に向けたTさんとの最後の打ち合わせ兼練習です。練習といってもTさんと合奏する訳ではないので、単にそれぞれが勝手に弾くだけなのですが。あと当日の準備についてざっと打ち合わせしました。

 今年ガイド会に入った方で、おやじバンド歴の長いKさんが、わざわざ見学に来てくださいました。今回は残念ながら参加いただけないのですが、次回からアコースティックギターで出演いただけるかも。
 

よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/02 11:01:09 PM
コメント(0) | コメントを書く

全314件 (314件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 32 >

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ワルディー・ヨーリョ

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

お気に入りブログ

ブルージュ 愛の湖… New! ほしのきらり。さん

一人暮らしの楽しみは デコちゃん6902さん

あっ、売れていた! ケイサン9574さん

猫の言葉。イチョウ… ローズコーンさん

もしもし~なんなん… おじ・GGさん

購入履歴

サイド自由欄

設定されていません。

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.