5201809 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

修学旅行昼食処

2019/04/28
XML
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
【2019年4月28日(日)】

 4月24日の修学旅行ガイドの時の昼食場所の紹介です。ガイド本編の投稿はこちらをご覧ください。

 昼食は、渉成園を観覧後と設定しました。昼食後は、地下鉄を使って南禅寺へ移動です。渉成園から京都駅も五条駅もほぼ同じ距離です。京都駅からでもいいのですが、進行方向の五条駅から地下鉄に乗ることができたら少しですが時間短縮できます。しかしう、五条駅の方向の昼食処は全く経験がありません。ネットで調べたうえ、本来なら下見に行くところです。しかし、某講座講義の準備で時間なく、下見には行けませんでした。

 ガイド当日、渉成園見学後、京都駅方向に行くか五条駅方向に行くかは、最終生徒たちの反応を見て決めることにしました。生徒の中に「和食がダメなんです。」という子が一人いました。和食全般がダメかというとそうではないようで、漬け物とか酢の物、煮物などがダメだけのようですが。

 ですので、洋食が食べられるところとして、一つは京都駅近くの「カフェ鴨川」を候補として置きました(こちら)。五条駅方向にはあまり適当な昼食処がありません。そこそこだなと思ったのが、五条駅に向かう途中にある、町の定食屋さん「お食事処まつもと」です。渉成園を出て東洞院通を北上したところにあります。前述のように下見はしていませんので、こちらになれば「ぶっつけ」です。

 洋食がいいか、町の定食屋さんがいいかと生徒に尋ねたところ、「町の定食屋さんがいい。」と言うので、「お食事処まつもと」に決定。ネット情報では、地元の利用客で昼間は混雑するとあるので、席の空き具合をまず電話で確認しようとしたところ、電話番号の携帯への登録が間違っていて電話できませんでした。止むなくそのまま直接お店へ。


お食事処まつもと



 幸いお昼間まえだったためか、席は混んでおらずすぐに座れました。老夫婦お二人で切り盛りされている席数20程度の小さな昔ながらの町の定食屋さんという感じでした。まず、奥さんが「ごめんなさい。うどんがないんです。うどんがよければ、この先のお店に行ってください。うどんを仕入れ忘れたんです。」 特にうどんが食べたいというわけではないので、生徒は「では、丼にします。」と丼を注文。ところが丼もないとのこと。「出汁を作ってないのです。」 ここに来て事情が分かってきました。「うどん」や「丼」は単価が安いです。また昼間は混雑するので、回転を速くしたいところ。それで、できるだけ日替わり定食を頼ませようということのようです。


Yahoo口コ

 この日の日替わり定食は「焼そば定食」。炭水化物の塊です。それでも私の同席の2人の女生徒はこの焼そば定食をオーダー。完食しました。別のテーブルに座った3人は、2人がカツカレーをオーダー。こちらも完食です。ただあと一人が普段から食の細い子で、何もオーダーせずで、一人からカレーをもらった程度でした。何かもっと食べやすい物があれば、オーダーしてくれたかも知れません。

焼そば定食

Yahoo口コ

 お味の方は、不味くはなかったという程度。生徒たちに「美味しかった?」と質問もしませんでした。答えにくいかも知れないので。ただ、お値段は日替わり定食がライス小で、680円(ライス大でも700円)と京都駅に近いこの場所としては安かったです。12時を過ぎて、近くの勤め人のお客さんが多く来て、席があっという間に埋まり、店外で待ちの人がでたくらいです。我々が2テーブル占拠したため、想定以上の混み具合になったということでしょう。多分、勤め人の少ない土日ならメニューにあるもの全部注文できるのでしょう。

メニュー





「食べているところを写真を撮ろうか?」という声掛けもしませんでしたし、「美味しかった?」とも聞きませんでした。生徒はそれなりに楽しく食べていたようではありましたが。

 ここは、土日の修学旅行で、安くてボリューム満点がいい、特に味には拘らないというときに留めておくべきでしょう。
 
 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2020/07/23 02:52:51 AM
コメント(6) | コメントを書く


2019/03/19
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
【2019年3月19日(火)】

 ガイド会研修後(こちら)、4月3日のNG会私的ガイドの下見で、京都府庁を訪れました(こちら)。そのNG会ガイドのとき、昼食時間が京都府庁近辺になるので、参加者の意向次第ですが、話しのネタに京都府庁の職員食堂で昼食というのもありかなと思い、下見を兼ねて昼食をとりました。修学旅行の昼食処としても考えられるので、「修学旅行昼食処」カテゴリーで投稿します。

 職員食堂は一般の人も利用できます。京都府庁の域内の北西の職員福利厚生会館の地下1階にあります。「グリーンスポット」という名が付けられています。


職員福利厚生会館




定食・ランチは日替わり




メニュー




食堂入り口




 セルフサービスです。入ったときは12時前だったので、列もなく席も空いていましたが、12時を過ぎると列ができ、席も混雑してきました。しかし、それほど街時間は長くないように思いました。

食堂内 すでにかなり混んだ状態




 価格は下の私のメニューで639円ですので、同じ内容で外で食べるよりははるかに安いです。味も悪くはなかったです。

私の頼んだメニュー 税込639円




 果たして、NG会のメンバーにここを提案したとき、どんな反応をされるでしょうか。営業時間は公式には12時から13時30分となっているので、あまり早く行っても、あまり遅く行ってもいけないようです。土・日・祝・年末年始は休みです。

 修学旅行で、御所からも二条城からもちょっと遠いので、それぞれのスポットで昼食時間となっても、ここを使うという選択はなかなかないとは思います。歩いて御所から二条城(あるいはその逆)という機会に昼食時間になったときくらいでしょうか。
 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/05 06:33:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
2019/01/28
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2019年1月28日(月)】

 今日の修学旅行(こちら)で利用した「京そば処 ぎおん石」というお店です。今日は、昼食時間が祇園付近の予定で、朝の打ち合わせで「麺類が食べたい」とのリクエストがあったので、以前、外からの下見はしたことがあって(こちら)メニューや値段は知っていたこのお店を選択しました。

 ビルの3階にあります。最初どこから入るのか分からなかったのですが、1階は、石を加工した工芸品を売るお店で、宝石店のような趣です。その中を通って、エレベーターか階段で3階に上がります。ちょっと入りにくくはあります。





左のビルが「ぎおん石」ビル

Google Map

 3階の店内は石造りのモダンな造りで、天井の照明もモダンです。カウンター席が木材の一枚板で、こちらも凝っています。テーブル席は、独立ソファーの4人掛けで、ゆったりした感じで、修学旅行生が気後れしてしまいそうな雰囲気です。テーブル席が4人掛けなので、5人以上のグループは分かれて座ってもらわざるを得ません。今日は6人でしたので、男子3人、女子3人に分かれて座ってもらいました。





 テーブル椅子席が4人×3、座敷席が4人×1、カウンターが8席程度だったと記憶しています。合計24席程度です。「食べログ」には35席とあるので、隣にあった和室らしきところに、もう10席ほどあるのだと思います。

 メニューは、蕎麦、うどん、丼物などがあります。例えば、「きつねうどん」は700円と、祇園にある食事処としては高くはありません。私は「きつねうどん」をオーダーしましたが、しっかりとしたお味の美味しい出汁で、うどんの食感もよかったです。あとで生徒たちに聞いたら「美味しかった」と好評でした。しかし、「一人一人別々の会計でいいですか?」とお店の方に聞いたとき、「いいですよ。」という答えを期待したのですが、「できればまとめてお願いします。」と返ってきたのは、少しマイナスポイントです。









 祇園付近で昼食となり、麺類と希望があれば、また使ってもいいお店です。

 
 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/05 01:47:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/20
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年12月20日(木)】

 午前中、若冲・応挙ゆかりの地の宝蔵寺などを訪れた後(こちら)、午後のシニア講座のフィールドワーク案内で妙顕寺に赴く前に、修学旅行昼食処の下見を兼ねて、同志社大学の寒梅館の「アマークド・パラディー」で昼食をとりました。ここは以前訪れていてこのブログにもアップしたので(こちら)、再度の投稿です。

 前回は遅い時間に行ったのですが、今日は11時過ぎに入りました。この時間は、ほとんど席は埋まっておらず、待たずに食券も買え、前回売り切れていた日替わりランチを食べることもできました。食事も待たずに受けとることができました。混んできたのは11時半過ぎです。食券自販機と食事受取りに列ができていました。

寒梅館




入口




食券自販機とランチメニュー(ピンボケで申し訳ない。ランチメニューは500円~600円)








大人数座れるテーブルもあり




日替わりランチ(550円) ボリューム満点です。




 大学の授業のある日ならば、混雑を考えると、11時半前には入りたいところです。大学の学食の雰囲気を知りたい、あるいは京都らしさに拘らない、安くて、そこそこ美味しくて、ボリュームがあるものという要望の場合は、一大候補です。
 

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/05 12:41:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
2018/12/07
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年12月7日(金)】

 旧三井家下鴨別邸の半日勤務の後(こちら)、午後からの世話役会議までの時間を利用して、修学旅行昼食処の下見のために、同志社大学今出川キャンパスの明徳館学食で昼食をとりました。

 以前、烏丸今出川上ルの烏丸通沿いにある寒梅館のカフェテリア「アマークド・パラディー」に入り、その投稿をしたことがありますが(こちら)、今出川キャンパス内の学食に入るのは初めてです。


今出川キャンパスの地図

 「現在位置」と書かれた左が明徳館。寒梅館は右下ですので、地下鉄駅や御所からは明徳館のほうが近いです。お洒落なのは寒梅館のほうですが。





明徳館






明徳館生協食堂の看板





学食入口

 明徳館東北隅の階段を下りて地下に入ります。





メニュー










受け取りエリア






レジへ

 3箇所ありますが、現金が使えるのは左の2列のみ





テーブルエリア

 ちょうどお昼時で、学生でいっぱいでした。ここは立命館大学の学食のように、「お昼時は学生・職員以外の方はお断り」という表示はありませんが、授業がある時期のお昼時に修学旅行生が纏まって座るのは困難と思われます。






 メインのテーブルエリアの奥にもテーブルエリアがあり、さらにその奥にコンビニがあり、そこにもテーブルがありました。







私のいただいた昼食

 味噌カツとサラダ、豚汁を一品ずつとりました。





そのレシート

 588円ですが、生協会員ではないので、5%プラスされて617円。このボリューム、品数でこの価格はやはり学食ならではです。味はあまり期待できませんが、決して不味くはありません。





 昼食時間が烏丸今出川付近だったり、御所見学の時間帯になったりし、かつ京都の大学の学食の雰囲気を味わってみたいとか、安くお腹いっぱい食べたいという希望があれば、ここも候補です。

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/04 05:53:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/10/29
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年10月29日(月)】

 旧三井家下鴨別邸・秋特別公開の説明会(こちら)の後、11月3日の「伏見稲荷不思議ツアー」の下見のため、伏見稲荷に向かいました。

 ちょうど昼食時間になったので、以前、ブログでも修学旅行昼食処として紹介したことのある、京阪伏見稲荷駅近くの「道八」で、隠れ人気メニューの「中華そば」を食べたいと思い「道八」に立ち寄りました。しかし、残念ながら臨時休業でした。

 それならばということで、昼食処レパートリーを広げるため、入ったことない店に行くことに。師団街道沿いの稲荷大社前バス停の前にラーメン屋さんがあったのを記憶していましたので行ってみました。店の名前は「陽はまた昇る」。変わった名前です。 

 もともと近鉄伏見駅前にあったのが2015年に今の場所に引っ越して来たようです。同じ「伏見」でも近鉄伏見駅は純粋な住宅地です。恐らく外国人観光客目当てで引っ越して来たのでしょう。

 新しく出来た店ということもあって、店の中はモダンな感じです。「食べログ」によると、カウンター 11席、テーブル席 2人×3卓・4人×2卓となっていますが、テーブル席は、1卓は5人はいけそうですし、もう1卓は6人はいけそうでした。予約は不可ですが、電話で確認して大人数用のテーブル席が空いていれば、修学旅行の生徒さんがまとまって座ることも可能です。

 入ったところの自動販売機で食券を買いますが、1台しかないので、生徒さんが迷ったり、財布からお金を出すのに手間取るとここで時間がかかりそうです。ここはマイナスポイントです。定番は「とりとんこつラーメン」と「魚とりとんこつラーメン」(いずれも750円)のようです。私は「魚とりとんこつラーメン」をオーダーしましたが、たまたま客が集中したためかもしれませんが、ラーメンの割には出てくるまでに時間がかかりました。これもマイナスポイントです。

 太麺のこってり味で、スープはドロドロ濃厚で、塩辛かったです。美味とはいえませんでした。これもマイナスポイント。

 進んでここに連れて来たいとは思いませんが、伏見稲荷で昼食時間となって、「京都のラーメンが食べたい。こってり味がいい。」となれば、ここに連れて来てもいい。そんな程度でしょうか。
 
 ネットで調べると東京・綾瀬にも、同じ名前のラーメン店があります。変わった名前なので、兄弟店の可能性もありますが、メニューが違うので関係ないかもしれません。少なくともチェーン店にはなっていないようなので、「京都のラーメン屋さん」といっても間違いではないでしょう。


外観




店前の立て看板メニュー




大人数用テーブル席




魚とりとんこつラーメン 750円





 11月3日(土)の「オーイ会」懇親会前の「伏見稲荷不思議ツアー」の下見のため、伏見稲荷大社に向かいました。→こちら
 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/02 06:12:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/10/24
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年10月24日(水)】

 今日の修学旅行ガイド(こちら)で指定のあった昼食処です。龍安寺の南の「あいおい」さん。

 昼食時間が龍安寺近くのタイミングになり、1000円以内とのことで選んだようです。龍安寺近くには安価な昼食処はありません。立命館大学の学食という手もあるのですが、通常の昼食時間帯は「学外者はご遠慮ください。」となっています。生徒さんたちは、さほどこだわりはないようでしたが、せっかくの指定だし、私も行ったことがないので、レパートリーを増やすためにも行ってみました。以前だと入ったことない昼食処は下見もしていたのですが、この頃忙しさにかまけてブッツケ本番が多くなっています。

 場所は竜安寺前バス停を嵐電竜安寺前方向に約500メートルですので、歩いて7、8分というところでしょう。龍安寺参道商店街にあります。



http://kyoto-syoutengai.com/area/randen/outline/ryoanji-sando/


我々が入ったときは、お客様はまばらだったのですが、やがて満員になりました。外国人観光客が大半を占めていました。嵐電を使って龍安寺に往き来する観光客や地元の人に人気のようです。いかにも街の食堂という感じも、レトロ感があっていい雰囲気です。



https://retty.me/area/PRE26/ARE114/SUB11402/100000295224/


 安さが魅力です。スタンダードなうどんや丼物であれば、500円~700円です。私は生徒さんたちに、京都らしいうどんの一つとして見せるのと、久しぶりに食べてみたかったので「たぬきうどん」(きざみ揚げと生姜のトッピングが入ったあんかけ)をオーダーしました。美味しかったです。安くて美味しくて、いかにも町の食堂というレトロな感じも楽しめて生徒さんたちも喜んでくれました。



https://loco.yahoo.co.jp/place/g-GTK6Xgek6ZA/


 龍安寺近くで、お洒落じゃなくていいけど、安くて美味しい店という希望で、そして暑くなく雨も降っていなくて歩きが苦にならない日であればここは一押しですね、嵐電を使う場合は、さらに一押しです。


-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/02 06:03:25 AM
コメント(4) | コメントを書く
2018/10/13
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年10月13日(土)】

 今日、「お歩きやす京都」のウォーキングに参加しましたが(こちら)、初めての参加で要領を得ず、お弁当を持っていかなかったので、他の皆さんが法然院近くで昼食をとられた際に、先回りして銀閣寺参道で、修学旅行の食事処下見を兼ねて昼食をとることにしました。

 「哲学の道」から銀閣寺に向かう参道に入ってすぐ左の「一休」というお店に入りました。麺・丼物の昔ながらの典型的な観光地の食堂という感じです。





 参道にありながら価格は安価です。お味は濃いめですが、味・サービとも可もなく不可もなくでした。候補場所の一つに加えます。








私のオーダーした衣笠丼



 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/01 11:52:53 PM
コメント(4) | コメントを書く
2018/10/04
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年10月4日(木)】

 今日の修学旅行(こちら)で入ったお店「ひな野」です。生徒さんの指定でした。忙しくて下見に行けてなくて、ぶっつけでの利用でした。

 場所は、岡崎公園内の京都市動物園のエントランス建物の2階です。70種類の料理やデザートが味わえるビュッフェレストランです。どの料理も、保存料などの化学調味料を使わずに調理されているそうです。草津にもお店があるようです。







 このような調理方法、豊富な品数、ビュッフェの割には手の込んだ料理などなどで、修学旅行にはちょっと高い、1,570円+税というお値段です。男子の中には、あまり知らなかったのか、「ひぇー、こんな高いんかよー。」と悲鳴を上げる生徒もいましたが・・・・・。









 しかし期待にたがわず、メニューの豊富さ、味とも良かったです。

 席からは動物園や東山が見渡せます。





 精算も個別でOKでした。唯一残念だったのが、店の方の対応がちょっと事務的だっだことです。

 1500円を越える価格なので、こちらからは推薦することはありませんが、指定があれば、「いいね」と言える食事処です。いつぞやの金閣寺近くのビュッフェスタイルの店は1800円(+税)もして料理もよくないので(こちら)、指定があっても「やめとき」と言いますが、そことは大違いです。


-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/01 11:39:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/09/14
テーマ:京都。(5428)
カテゴリ:修学旅行昼食処
2018年9月14日(金)】

 今日の修学旅行(こちら)で入ったお店「稲福」さんです。京阪電車伏見稲荷駅から参道を歩いて、伏見街道を横断して鳥居をくぐり、しばらく行った左側にあります。

 生徒さんの希望でこの「稲福」さんに入りました。「うずらの丸焼き」が食べたいという生徒さんがいて、この場所の指定となりました。いつもなら、入ったことがないお店は下見に行くのですが、超多忙で行けなかったので、私自身も初めての利用でした。


稲福







 関空閉鎖の影響で、外国人観光客が少なかったということがあるかも知れませんが、席が空いていてすぐ座ることができました。中は昔ながらの落ち着いた雰囲気です。

 二人の生徒さんが「うずら焼き」をオーダーしました。一人はグロテスクな見てくれを嫌ったのか「骨抜き」をオーダー。姿焼きなら780円ですが、骨抜きは手がかかるので900円と割高です。姿焼きは骨もそれほど硬くなくて、頭の骨も含め骨ごと食べられるようです。私はいただきませんでしたが、生徒さんたちは、普通の鶏のような味だと、問題なく食べていました。


うずらの丸焼き(姿焼き)






 普通のメニューは、いわゆる麺類・丼物で、値段も有名な「祢ざめ家/ねざめや」(こちら)ほど高くはなく、リーズナブルでした。一応「お勘定はまとめてお願いします。」となっていましたが、「一人一人別々でもいいですよ。」とのこと。お店の方も対応は親切で、この点も「祢ざめ家/ねざめや」さんと比べてグッドポイントです。「祢ざめ家/ねざめや」さんに行くぐらいなら、この「稲福」さんです。


メニュー















 私がオーダーしたのは、「きつね丼」(税込み720円)です。二人の生徒さんが、同じものをオーダーしましたが、甘めのお出汁で好評でした。以前掲載した「道八」さん同様(こちら)伏見稲荷近くでの昼食をとるなら、入ってもいいお店のの一つです。


きつね丼




 
-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/07/01 10:16:25 AM
コメント(0) | コメントを書く

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.