5529372 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワルディーの京都案内

全239件 (239件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

京都検定1級受検勉強

2016/12/11
XML
2016年12月11日(日)】

 今日は、1年に1回の年中行事になってしまった京都検定1級の受験の日でした。

 2006年10月にアメリカから帰任して、3級を受検。勉強期間1ヵ月しかなくあえなくアウト。2007年12月、3級、2級ダブル受検。ダブル合格。それから、1級を受け続けていますが、2008年から2015年まで7回連続アウト(2010年は受検せず)。今回、8回目のチャレンジ。正直、まともに勉強できたのは、受検1週間前だけ。全く自信ないまま試験に臨みました。

 試験は3級が午前中にあり、2級、1級は午後から。私の会場は同志社大学の新町キャンパスでした。


同志社大学新町校舎
P1170168 - コピー.JPG

P1170169 - コピー.JPG

P1170170 - コピー.JPG


受験票
IMG_0001.jpg


 ガイド会新入りメンバー有志で、団体で受検申し込みしていたので、近くにTSさん、MSさん、NJさんが座っておられました。個人で申し込まれたのでしょう、JSさんも同じ会場にいらっしゃいました。あと我が会の多くのメンバーが2級、3級の会場で受検しているはずです。

 ここ3年、1級は合格率5%未満が続いているので、今年もむつかしいだろうと覚悟していました。それに加え、勉強ができていなかったので、全く歯がたたないだろうと半ばあきらめの気持ちを持ちながら試験に臨みました。

 ところが今年は易しかったのです。試験が終わって、ガイド会のメンバーもそう言っていました。今までは試験の途中で、不合格だと思わざるを得なかったのですが、今年は可能性あるかもという感じです。答え合わせはしてみないといけませんが。

 ガイド業が忙しくて、ここ1ヵ月全く勉強できませんでしたが、固定ガイドや個別ガイドが終わって、ここ1週間は本当に集中して勉強できました。合格かどうか別にして、自分自身でも本当によくやったと自画自賛です。

 今日は、まずのんびりと、フィギュアスケートでも観て、ゆっくり寝ます。


 家内は一日在宅でした。

-------------------------------------------------------------------
よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/05/16 11:27:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


2015/12/12
テーマ:京都。(5493)
京都の観光編の解答です。

問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を記入して投稿します。


・祇園祭の神輿
 ・祭神
   中御座 (素戔嗚尊)
   東御座 (櫛稲田姫命)
   西御座 (八柱御子神)
 ・神幸祭 (鴨川以東、河原町)の氏子地域を巡回
  還幸祭 (寺町通以西)の氏子地域を巡回

 ・御旅所の変遷
   天延2年(974) (高辻東洞院) 円融天皇の時
   のちに (烏丸五条北)の(大政所)
   長和2年(1013) (二条烏丸)の(冷泉の井)(一般に(少将井))
   天文5年(1536) (法華宗徒の乱)で焼失
   天正19年(1591) (豊臣秀吉)の(町割整備)で(四条寺町)

・(鴻臚館)
   中国使節を宿泊・接遇する施設が2ヶ所あった。
   (羅城門)の北、(朱雀大路)の左右。
   (東寺)(西寺)を造営するにあたり、(七条)の北に移転

・平成17年 (京都迎賓館)オープン

・西国三十三所観音霊場 (花山天皇)が再興したといわれる
 
・京の名所案内
  ・(中川喜雲) 京童
  ・(浅井了以) 京雀
  ・(水雲堂孤松子) 京羽二重
  ・(秋里籬島) 都名所図会 都名勝林泉図会
  ・(二鐘亭半山) 見た京物語
  ・(滝沢馬琴・曲亭馬琴) 羇旅漫録
  ・(黒川道祐) 雍州府志 (日次紀事(ひなみきじ))
  ・(林吉永) 京大絵図
  ・(十返舎一九) 東海道中膝栗毛

・京の七口 定まっていないが次のようなものがある。
 ・(鞍馬口)鞍馬街道
 ・(大原口)若狭街道
 ・(荒神口)山中越
 ・(粟田口、三条口)東海道・中山道
 ・(伏見口、五条口)伏見街道
 ・(竹田口)伏見港へとつながる竹田街道
 ・(東寺口、鳥羽口)西国街道、鳥羽街道
 ・(丹波口)山陰街道
 ・(長坂口、清蔵口)京見峠を越え杉坂に至る長坂越

・粟田口
  三条大橋は、天正18年(1590)(豊臣秀吉)の命で奉行(増田長盛)が大改造
  三条大橋東詰めには(高山彦九郎)の銅像

・京都駅
  明治9年、大阪・京都のおか蒸気開通で、(大宮仮停車場)
  初代は明治10年(七条停車場)に
  二代目は(大正天皇即位大典)を前に大正3年(檜造り)日本一の規模
  三代目昭和27年
  四代目平成9年
   (171段)の階段
   (空中径路)(大空広場)(朱甲舞※)が目印の(室町小路広場)
   ※(清水九兵衛)作
   美術館(「えき」KYOTO)

・市内観光と市電
 ・日本初の路面電車 明治28年 (伏見下油掛)(七条停車場)間
  会社名(京都電気鉄道(京電))の(伏見線)
 ・明治45年 市電
   (烏丸)(千本大宮)(丸太町)(四条)の4路線
  大正に(今出川)(大宮)(七条)
 ・大正7年 市電が京電を買収
   北野線を走った電車は(チンチン電車)または(N電)と呼ばれた
   これが最後まで走った北野線は昭和36年に廃止。
 ・市電 昭和53年全線廃止
 ・昭和56年 地下鉄烏丸線((北大路~京都))開業
  平成9年 東西線 ((醍醐~二条))開業

・観光タクシー
  ガイド嬢が同乗した(うぐいすタクシー)が昭和29年に登場  

・美術館
  ・京都府京都文化博物館  
    この別館はもとは(日本銀行京都支店)
    設計は、設計は(辰野金吾)とその弟子(長野宇平治)

  ・京都国立博物館 
    本館は(明治古都館) 設計は(片山東熊)
    新館は(平成知新館) 設計は(谷口吉夫)

  ・京都市美術館
    (昭和天皇即位御大典記念)で全国(2番目)の(公立博物館)として開館
     設計は(前田健二郎)

  ・京都国立近代美術館
     設計は(槇文彦)

  ・京都府立陶板名画の庭
     設計は(安藤忠雄)

  ・アサヒビール大山崎山荘美術館
    (加賀正太郎)氏の「大山崎山荘」
    (安藤忠雄)氏設計の新棟

  ・京都市考古資料館 設計 (本野精吾)

・公共施設

  ・京都会館 設計(前川國男)

  ・京都コンサートホール 設計(磯崎新)

  ・京都府立図書館 設計(武田五一)

  ・京都国際会館 設計(大谷幸夫)

  ・京都市勧業館(みやこめっせ)設計(川崎清)

・公共庁舎

  ・京都府庁旧本館 設計(松室重光) 

   京都府庁舎.jpg



  ・京都市庁舎 本庁舎 設計 (武田五一、中野進一)

・その他

  ・平安神宮 設計 (伊藤忠太)

  ・祇園閣(元大倉喜八郎別邸)の一部、現(大雲院) 設計(伊藤忠太)

  ・真宗信徒生命保険(現伝道院) 設計(伊藤忠太)

  ・京都駅 設計(原広司)

  ・京都タワー 設計管理(山田守)
         構造設計(棚橋諒)

  ・京都大学 時計台 設計(武田五一)
 
  ・円山公園 設計(武田五一)

  ・京都高等工芸学校本館(現 京都工芸繊維大学3号館) 設計(本野精吾)

  ・弥生会館 設計 (木村得三郎)

  ・先斗町歌舞練場 設計 (木村得三郎)

・姉妹都市 9市
  ・(パリ、ボストン、ケルン、フィレンツェ、キエフ(ウクライナ)、西安
    グアダラハラ(メキシコ)、ザグレブ(クロアチア)、プラハ(チェコ))

・観光行政
  ・昭和25年 (京都国際文化観光都市建設法)適用
  ・昭和31年 (京都市市民憲章)制定
  ・昭和47年 (京都コンベンションビューロー)開設
  ・昭和53年 (世界文化自由都市宣言)
  ・平成6年  (第4回世界歴史都市会議)
         (世界歴史都市連盟)設立  
  ・昭和62年 (国立日本文化研究センター)開所
  ・平成元年  (京都市国際交流会館)開館
  ・平成9年  (地球環境温暖化防止京都会議・COP3)京都市で開催
  ・平成17年 (京都議定書)発効
  ・平成11年 (京都市基本構想(グランドビジョン))策定
  ・平成13年 (京都市基本計画)策定
         (京都市観光振興推進計画-おこしやすプラン)策定

・コンベンション施設
  ・(京都リサーチパーク)
  ・(京都市勧業館(みやこめっせ))
  ・(京都府総合見本市会館(パルスプラザ))
  ・(ぱ・る・るプラザ京都)
  ・(けいはんなプラザ)
  ・(京都テルサ)
  ・(京都市国際交流会館)
  ・(国立京都国際会館)


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/17 12:49:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京の町並み・京の自然編の解答です。

問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を記入して投稿します。


●京の町並み

・昭和41年 国(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法)
        =(古都保存法)
  (歴史的風土保存区域※)を国土交通大臣が指定
  その区域内で(歴史的風土特別保存地区*)を指定
  現在の※14区域。*24地区
   (醍醐、桃山、東山、山科、上高野、大原、鞍馬、
    岩倉、上賀茂松ケ崎、西賀茂、御室・衣笠、高雄・愛宕、嵯峨嵐山、桂)

・昭和47年 京都市(特別保全修景地区)
       外観デザインの伝統的様式を継承
       (産寧坂地区)が最初

・昭和50年 国(文化財保護法)
       ・(伝統的建造物群保存地区)制度
       ・京都市の4ヶ所はすべて(重要伝統的建造物群保存地区)
         (上賀茂)(産寧坂)(祇園新橋)(嵯峨鳥居本)
        京都府も含めると
     (南丹市美山町北)(伊根町伊根浦)(与謝野町加悦)

・1980年代後半以降、マンション建設の進んだ地域を(田の字地域)という。
 (御池通)(五条通)(河原町通)(堀川通)に囲まれた地域

・平成7年 京都市(市街地景観整備条例)
       制度 ・(歴史的景観保全修景地区)
            (祇園縄手・新門前)(祇園町南)(上京小川)
          ・(界わい景観整備地区)
            (上賀茂郷)(上京北野)(三条通)(千両ヶ辻)
            (西京樫原)(伏見南浜)(本願寺・東寺)

・平成9年 (京都市屋外広告物等に関する条例)


・上賀茂 伝統的建造物群保全地区
  (明神川)沿いの(社家町)一帯。
   屋根に(懸魚) 武家住宅同様(ハレ)の座敷と(ケ)の部分に分かれる。
   入口も(式台)と普段用の(大戸)の2つがある

・西陣 奥に織機を数台置く形式の町家を(織屋造り)と呼んだ



●京都の散歩道

・半木の道
  現在植物園の鎮座する神社は(半木神社)。(流れ木)から転訛した。

・きぬかけの道
  (宇多天皇)が夏に雪を見たい云々から

・せせらぎの道
  陶工(青木木米)旧宅付近から川端通と縄手通の間を三条通まで

・哲学の道
  (若王子橋)から(銀閣寺橋)まで
  (西田幾多郎*)(河上肇¥)(田辺元※)らが散策

   *代表著作(善の研究)
   ¥(マルクス主義)の研究と紹介 著書(貧乏物語)
   ※代表著作(科学概論)

   石碑は(西田幾多郎)「人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行くなり」   

   関雪桜は画家橋本関雪の妻(米子)が植えた

・ねねの道
  (高台寺道)とも呼ばれる

・維新の道
  南側には(霊山歴史館)がある。
  途中から急な坂道を登ると(正法寺)がある

・千代の古道

・鳥と遊ぶ道

・あじろぎの道
  あじろぎ=(網代木)で、(網代漁)の(網代)を繋ぐ杭 

・さわらび
  さわらび=(早蕨) 
  (朝霧橋)の手前から宇治神社の方へ曲がる
  宇治川に沿った通りを(朝霧通)と呼ぶ


●京都の自然

・京都の美しさを表現することば 山紫水明 (山河襟帯)

・東山三十六峰を(松尾芭蕉)門下の(服部嵐雪)は
 (「布団着て 寝たる姿や 東山」)と詠んだ。
  
・深泥池標高(75メートル)、東寺近辺標高(24メートル)

・山の斜面からの冷たい風 (比叡おろし(愛宕おろし)

・京都全体が自然の博物館 (京都丸ごとエコミュージアム)

・生物生息空間 (ビオトープ)

・自然環境と共生する観光 (エコツーリズム)

・鞍馬・貴船
  貴船渓谷の昆虫 (ムカシトンボ)(スギタニルリシジミ)

・深泥池 天然記念物(深泥池生物群集)
  生きている化石 (ミツガシワ)(ホロムイソウ)

・糺の森

・半木の森

・京都御苑

・京都盆地三山
  (京都一周トレイルコース)が作られた。
  全長(約70キロ) (江文峠)(京見峠)を通る。

・平成9年開催の(地球温暖化防止京都会議(COP3))を記念して
 (京エコロジーセンター=京都市環境保全活動センター)が開設された。
 場所は伏見区深草
 
・天然記念物(京都市)
  久多(大杉) 市登録
  花背(ダイスギ)市登録
  花背(天然伏条台杉)市指定
  貴船神社(カツラ)市指定
  由岐神社(スギおよびカノゴキ)市指定
  岩屋山志明院(岩峰植生)市指定
  古知谷(カエデ)市指定
  宝泉院(ゴヨウマツ)市登録
  比叡山(鳥類繁殖地)◆国指定
  霊鑑寺(日光椿)市指定
  哲学の道(ゲンジボタルおよびその生息地)市登録
  青蓮院(クスノキ)市登録
  知恩院(ムクロジ)市登録
  東山(洪積世植物遺体包含層)◆国指定
  新熊野神社(オオクスノキ)市指定
  東福寺(イブキ)市登録  
  柊野(チリツバキ)市指定
  大田ノ沢(カキツバタ群落)◆国指定
  深泥池(生物群集)◆国指定
  天寧寺(カヤ)市登録
  大徳寺(イブキ)市指定
  総見院(ワビスケ)市指定
  鹿苑寺(イチイガシ)市指定
  白峯神宮(オガタマノキ)市指定
  旧府知事公舎(エノキ)■府指定
  武信稲荷神社(エノキ)市指定
  西本願寺(イチョウ)市指定
  清滝川(ゲンジボタル及びその生息地)◆国指定
  月輪寺(ホンシャクナゲ)市登録
  松尾大社(カギカズラ野生地)市指定
  吉峯寺(遊龍松)◆国指定
  金剛王院(ヤマモモ)市登録
  金札宮(クロガネモチ)市指定
  御香宮神社(ソテツ)市登録

  御香宮神社 ソテツ
  御香宮神社ソテツ.jpg

追加
(常照寺)の(九重ザクラ) 国指定 右京区京北
下黒田の伏条台杉群 府指定 右京区京北
白山神社のカシ  市指定 右京区京北
福徳寺のサクラ  市指定 右京区京北
慈眼寺のイチョウ 市指定 右京区京北
八幡宮のスギ  市指定 右京区京北
正法寺のカヤ  市指定 右京区京北
日吉神社のケヤキ 市指定 右京区京北
片波西谷のトチ  市指定 右京区京北

<府の天然記念物で地学的なもの>
(質志)鍾乳洞  府指定 船井郡京丹波町
(夜久野玄武岩柱状節理)府指定 福知山市

<京都市以外の国の天然記念物>
(オオミズナギドリ繁殖地) 舞鶴市(冠島)
(郷村断層)京丹後市網野町
(琴引浜)京丹後市
(稗田野の菫青石仮晶(きんせいせきかしょう)) 亀岡市


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/17 12:49:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/12/11
テーマ:京都。(5493)
京都の地名の解答です。

問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●通り名・数え歌

・戯れ歌
 (坊さん頭は)丸太町 (つるっとすべって)竹屋町 (水の流れは)夷川
二条で買うた(生薬を)(ただでやるのは)押小路
(御池)で出会った(姉三)に (六銭)もろて(蛸)買うて 
錦で(落して)(四かられて) (綾まった)けど(仏々と)
(高が)しれてる(松(ま)ど)したろ

・五条通り以南
(雪駄ちゃらちゃら)(魚棚) (六条)(三哲)通りすぎ
(七条)こえれば(八、九条)、(十条)(東寺)でとどめさす

・南北の通り
 (近松門左衛門)の(浄瑠璃)(堀川波鼓(なみのつづみ))に登場
 (高倉通)が抜けている。

  寺、御幸、麩屋、富、柳、堺町、相(間)の東は(玉敷の)
  (御垣(みがき)に囲ふ五つ緒の)、車、烏丸、両替、室
  衣、新、釜、西、小川、油、醒ヶ井、堀川の
  (岸の平砂(へいさ)を白波に、照らせば今も夏の夜の・・・)

・江戸中期の雑俳集(口よせ草)に
 「(九重)(都の意味)は上がる下がるでむずかしい)」


●路地と辻子

・辻子の数
 (京羽二重) 47ヵ所
 (京(花洛)羽津根) 91ヵ所

・了頓図子
  桃山時代の茶人(広野了頓)の屋敷があった。

・革堂図子

・だいうすの図子
  キリスト教の建物があって(デウス)が訛ったとの説
  (大休寺)が転訛したという説

・膏薬図子
 (空也上人)が一宇を建て、悲運の武将(平将門)の霊を弔い、
 (空也供養の道場)と呼ばれた。それが訛ったという。

・団栗図子
  (天明の大火)の火元はここの民家といわれ、この火事を(団栗焼け)ともいう。


●難解、ユニーク地名

<難読地名>

・不明門通(あけず)
  因幡平等寺の正門が閉まっていた

・化野
  (雍州府志)では「化」は(阿太)

・一口(いもあらい)
  巨椋池西岸。三方が沼地で(入口)が一方にしかなかった。
  もともとの(芋洗)に一口の文字があてられた。

・太秦
  この地を領した(秦氏)が、朝廷に絹を献上するとき(うずたかく積み上げた)から
  という説
  (絹糸)が(巴渦)の形をしていたからという説

・御室
  (光孝天皇)が(仁和寺)を造営。完成は(宇多天皇)のとき。
  (宇多天皇)は法皇となって、仁和寺内に(御室(御座所))を営んだ

・鶏冠井(かいで)
  何らかの(井戸)や(名水)が存在したと推定。
  明治10年代編纂の(京都府地誌)では、(継体天皇)の時代、この地に(三井)が
  あり、(井戸)の傍らに(老楓)があった。その(楓)が(鶏冠)に似ていたこと
  からこの地名になったという。

・帷子の辻(かたびら)
  (上嵯峨・下嵯峨・太秦・常盤)への別れ道。
  その道が北側のみに分岐していたからという説。
  (嵯峨天皇)の皇后(檀林皇后)の(嵯峨深山谷)への葬送の際、棺を覆った
  (帷子の衣)が風で落ちたという説。

・釜座通(かまんざ)
  正応2年(1289)に「(三条まちかまのざの弥藤三(やとうざ))なる者」の
  活動が書かれている。

・雲母坂(きららざか)
  (修学院)から延暦寺(根本中堂)に至る山道。
  江戸時代の(山州名跡志)(白慧(坂内直頼))撰)によると、この坂道は
 (夕雲が覆い)都から見ると雲が生ずるようなので、この名になった。

・神足(こうたり)(長岡京市)
  地名としてはカンタリ、神社名としてはカウダニ、カムタリなどの読みが伝えられて
  いる。

・御幸町(ごこまち)
  (豊臣秀吉)が(御所)に参内するとき必ずここを通ったからとする説。
   ~(京羽二重)による
  (山州名跡志)ではこれを否定し、御幸とは(仙洞(上皇)・天子)の御行

・鹿ヶ谷
  (智証大師・円珍)がこの地を訪れた際に、一頭の鹿が現れて(円珍)を案内した
  というエピソードが(京都府地誌)にある。
  (平家打倒)の陰謀を企てた(僧俊寛)の山荘があった。

・直違橋(すじかい)
  (伏見街道)に対し(七瀬川)が斜めに流れて交差したので、橋が斜めにかけられた。

・糺の森
  「糺」は(只洲)から生まれた名称。
  平安時代は(潔斎(みそぎ))の場所
  (新古今和歌集)には(平貞文)の
  「偽りを糺の森の木綿襷(ゆうだすき)かけつつ誓へ我を思わば」の歌。

・天使突抜通

・椥辻(なぎつじ)
  古来神聖な樹木であるナギがあったことから。
  応仁2年(1468)の記録には、京都公家山科家の知行地として(南木辻)の文字も見え
  る。

・納所(のうそ)
  物資の荷揚げ場として重視された(淀津)があった。
  倉庫などが設置されこの地名になった。

・先斗町
  ポルトガル語でポントは(先)という意味。
  この付近は(御崎)と呼ばれていて、今も(岬神社)がある。

  先斗町.jpg



・御陵(みささぎ)
  (天智天皇山科陵)が所在のため

・壬生
  

<ユニークな町名>

・閻魔前町
  (定覚上人)が引接寺(千本閻魔堂)を創建

・柏清盛町
  (柏野町・清玄町・盛下町)が合併

・丁字風呂町

・百々町
  元禄3年(1690)刊行の(名所都鳥)には百々氏が住んだことによると記されている。

・堀出シ町
  (室町幕府)の堀が周囲にあった。

・悪王子町
  (スサノオの荒神)を祀る悪王子社があった

・匂天神町
  

・二帖半敷町
  (五条寺)があり、住職が二人の弟子に寺を二つに分けて与えた

・墨染町
  (薄墨桜)で知られる墨染寺がある

・髭茶屋町

・(東海道)と(伏見街道)の分岐点で、髭をたくわえた老人が茶屋を営んでいた。

・骨屋町
 (扇の骨)を作る職人が住んでいた

・正面町
  (方広寺大仏殿)の正面


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:20:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京の俗諺・伝説の解答です。

 問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●京の俗諺(ポイントピックアップ)

・(東男に京女)
   男性は気前のいい江戸の男がいい、女性は美しくて優しい京都の女がよい

・(伊勢)へ(七たび)(熊野)へ(三たび)(愛宕様)へは(月参り)
   愛宕神社への信仰の深さを表す

・(一見さん)、お断り

・(稲荷詣)に(愛宕詣)
   雲が(お稲荷さん)の方向に行くと晴れ、(愛宕さん)の方に行くと雨

・(鰻)の寝床

・(お水取り)がすむと春がくる

・(鴨川の水)(双六の賽)(山法師)
   (白河院)でさえ思うようにならなかったもの。

・(鴨川)の水で顔を洗うと(きれいに)なる
 (鴨川)の水を産湯に使うと(美人)になる

・京では(右)と(左)が逆になる    

・京に多きものは(寺)と(女)

・京の(底冷え)
  冬の寒さ

・京の(茶漬け)
  口先だけで実がない
  他家を訪問する客の心得

・京は(お口)の(べっぴん)
  うわべだけ

・清水の舞台から飛び降りる

・(弘法さん)が晴れやったら(天神さん)は雨や
   東寺の弘法市が(21日)、北野天満宮の天神市が(25日)
   5日程度で天気が変わる

・(白川夜船)  
   知ったかぶり。ぐっすり寝ることもさす。

・(比良の八講荒れ終い)
   滋賀県高島市の(白鬚神社)で延暦寺の宗徒が行う法要があり、この法要
   が行われる(3月20日)過ぎは寒さがぶり返し、琵琶湖周辺では冷たい
   風が吹き荒れる。これが終わると京都にも本格的に春が訪れる。


●京都の伝説(ポイントピックアップ)

・蜘蛛塚
  上品蓮台寺

・宗旦狐
  宗旦狐の掛軸があるのは、相国寺塔頭の(慈照院)

・撞かずの鐘 
  報恩寺
  (八半)という織屋の丁稚と織子の話。
  鐘を撞く回数を、丁稚は(八つ)、織子は(九つ)と主張云々。

・鬼門の猿
  京都御苑

・道真の登天石
  水火天満宮
  菅原道真は(藤原時平)の讒言で大宰府に左遷。
  都で雷が起こると道真の祟りと恐れられ、(醍醐天皇)まで不安をいだいた。
  道真が師と仰いだ延暦寺の(法正坊尊意僧正)に祈祷させることになった。
  御所に向かう僧正の前で、(鴨川)の水が溢れ出したので、数珠をひと揉み
  すると水流が分かれ、石の上に道真が現れたがすぐに消えた。
  僧正はこの石を持ち帰り、道真の霊を供養した。

・太閤の石仏
  北白川

  白川石仏.jpg

・革堂の幽霊絵馬
  革堂の近所の(質屋)に(おふみ)という子守娘がいた。
  (御詠歌)を子守歌のように歌った。
  質屋の主人が快く思わず、彼女をなぐると死んでしまった。
  父親は彼女が行方不明と聞かされたが、合点がいかず、革堂の観音様にすがる
  と彼女が現れ、殺された告げる。父親はその亡霊を絵馬に描かせ、鏡といっ
  しょに革堂に奉納した。

・へそ石
  六角堂
  (聖徳太子)が(四天王寺建立)の用材探し。
  沐浴後、(多良の木)に架けていた(念持仏(如意輪観音))が木から離れない。
  霊域と悟り、六角堂を建立。
  平安京造営で、お堂が道筋にあたるので、勅使が祈ると、六角堂が自ら北に
  退いた。その跡に残ったのが「へそ石」

・こぬか薬師
  (薬師院)
  本尊の薬師如来が(織田信長)の勧請で(美濃)の国から(薬師院)に移された。
  疫病がはやった。住職の夢枕に立った如来の「一切の衆生よ わが前に参ぜよ
  こぬか こぬか」とのお告げ。人々が祈ると難病が消えた。

・弁慶石
  弁慶は三条京極に住んでいた。遺愛の石があった。弁慶は(義経)とともに
  奥州(高館)で最期をとげ、石がその地に移された。石が「三条京極」に戻りた
  いとわめきだし、熱病も流行った。弁慶の祟りと恐れ、石を京都に送り返した。
  男の子が触れば(力持ち)になるとか、(病魔)や(火災)から逃れられると
  という。

・忠盛燈籠
  八坂神社
  (白河院)が(祇園女御)に会うために平忠盛を伴って、祇園社を通っていると、
  北の森に明かりがついて怪しげな姿。忠盛がよく調べると、燈籠に火を入れる
  社僧であった。

・蹴上の石仏
  (牛若丸)が(金売吉次)に伴われて(奥州)へ下るために(九条山)の坂に
  差しかかったとき、坂を降りてくる平家の武士(関原与一重治)ら一行(9人)
  と出くわした、そのとき(与一)が(水溜りの水)を(牛若丸)に蹴りかけた
  ことから(牛若丸)は9人を斬り倒した。この9人を弔うため、9体の地蔵を
  安置した。

・六道の辻
  六道とは(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)
  

・相槌稲荷
  (三条小鍛冶宗近)が(後一条天皇)から鎮護の刀をうつことを命ぜられた。
  云々・・・・名刀(小狐丸)を打ち上げた。
  童子の正体は稲荷のキツネの化身だった。

・百夜通い 
  隨心院

・すすき塚 
  了徳寺

・業平の塩竃跡
  十輪寺

・明智藪
  伏見区小栗栖

・長明方丈石
  日野
  方丈石は(千人(ちびき)石)とも呼ばれる

・橋姫
  橋姫神社
  夫が外に女を囲い、女房が(貴船神社に丑の刻参り)を続けた。
  水神が(宇治川)で(21日間つかり続ける)と(鬼になれる)と告げた。
  女房は鬼になり、男女を殺した。この女房を橋姫と呼んだ。

・宇治の亀石
  (豊臣秀吉)が(伏見城)を築いたとき、(宇治川)の水を城内に引くため、
  地下水道を引かせた。取り込み口にカモフラージュのために、亀の石を置いた。

・一文橋
  長岡京市
  日本最初の有料橋 (小畑川)にかかる。


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:10:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京ことばについての解答です。問題は作ったものの12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●京ことば(難解なもののみ)

・アイサニ (まれに、時々)

・アイフサギ (性が合わない)

・アカル (雨が止む)

・アンスル (お辞儀する(幼児語)。もてあますの意も)

・イカキ (ざる)

・イタオミキ (酒粕)

・イチハナダッテ (最初に)

・エンバント (あいにく。折り悪しく)

・オブー (お茶・飲みごろの熱さ)

・オヤカマッサン (お邪魔しました)

・カニココ (ぎりぎり)

・キズイ (きまま)

・シカツイ (しかつめらしい。大人らしい)

・セツロシイ (気ぜわしい)

・セングリ (次から次へと)

・ダイジナイ (さしつかえない)

・ダンナイ (さしつかえない)

・ダンバシゴ (家の中の階段)

・チョコチョコバル(しゃがみこむ)

・ドクショーナ (残酷な)

・ナガタン (包丁)

・ニチリンサン (太陽)

・ノジ (口の中での食物の持ちこたえ)

・ノツコツ (もてあますさま)

・ハバカリサン (ご苦労さん。ありがとう。)

・ハンナリ 
  (上品で明るく晴れやかなさま。主として色合いについていうことが多い)

・ヒマセ (作ってから日数の経た食べ物)

・ブブ (お茶・熱いお茶)

・ブンブン (黄金虫)

・ホッコリスル (ほっとする。疲れがでる。)

・ホドライ (適当)

・ヤクタイ (迷惑)

・ヤスケナイ (品がない)

・ヨサリ (夜)

・ヨダチ (夕立)


京ことばかるた
京ことばかるた.jpg




logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:10:47 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京都にならわしについての解答です。

 問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●京都のならわし(ポイントピックアップ)

・赤ちゃんの額に大小の文字 

・家の鬼門に(南天)や(柊)を植える
  節分には(柊)に(鰯の頭)をさして門口に立てる

・家の敷居を踏んではいけない 
  敷居は(人の頭)を表すともいう
  表、裏、中の座敷の敷居はそれぞれ(父・母・子供)という

・亥の日の(火入れ)
  (11月)最初の亥の日に(火入れ)をする。亥は(火を鎮める)ことから
  茶をたしなむ人は(風呂)から(炉)に代え、(炉開き)をする

・岩田帯
  長さは(末広がり)の縁起をかついで(八尺)
  (五か月目)の(戌の日)を選ぶ
  (わら天神)(矢田寺)の帯や、祇園祭の巡行後に船鉾町で授与される(神功皇后)
  の像に巻かれた帯など

・お祝い
  大安を中心に(先勝)(友引)の(午前中)

・おくどさんの布袋
  おくどさんの(荒神棚)に布袋さんを並べる。
  (初午)に(伏見稲荷)を参拝し、毎年、小さいものから大きいものへ買い足す。
  (7年間)続けると(七福神)に通じる。

・送り火のから消し
  (半紙)にくるみ(水引)をかけて、家の門口に吊るすと、(厄除け)、
  (盗難除け)になる。煎じて飲むと(腹痛)に効く

・をけら詣り
  
・お正月のほうき

・おため
  お祝いへの返礼。(おうつり)ともいう。
  (1割)を(一帖の半紙)とともに返す。
  返礼が整わない場合は、(白紙)を(2枚重ねて、四つ折り)にして返す。
  これを(うつりがみ)(おためがみ)という。
  弔事には「重なる」といけないので紙を入れずに返す。

・おばさんが笑うたはるエ!

・万年青(おもと)
  (転居)の際、これを植えて(入居)する。

・お宮詣り
  産着の肩に白紙で包んだ(扇)などを(麻糸)でくくる。
  お祓いが済むと、(菱格子)などにくくりつける

・お嫁入りの時、戻り橋を渡らない
  戻り橋は(堀川一条)にある。
  文章博士(三善清行)が没したことを聞いた子の(浄蔵貴所)の逸話による。

・家庭料理は出さない

・門掃き
 
・祇園祭には胡瓜を食べない

・祇園祭の粽
  (蘇民将来之子孫也)と書いた護符がついている。
  (牛頭天王※)が旅の途中で云々の逸話に基づく。
  ※は八坂神社摂社(疫神社)の祭神

・黄白の水引
  (御所)で使う紅白の水引きが、黒白の水引に近い色だったので、(仏事)用
   水引は黄白を使った。(浄土)を表す、(黄泉の国)も黄であることからも。
  
・(キズ)
  (木酢)(生酢)と書く。梅干をつけるとき、塩漬けにした青梅から最初に出て
  くる酸味の強い薄茶色の溜まり水をいう。これをお腹が痛いときに飲ませたり、
  食当たりや水当たりの予防として飲んだりする。二日酔いにも。

・許可が出るまで(嫁隠し)を越えない
  京町家の(通り庭)(走り庭)の中間にある板や衝立を(嫁隠し)と呼ぶ。

・事始め
  (12月13日)(鏡餅)を持ってあいさつ。
  この日以降(オコトーサンドス)と挨拶。

・十三まいりの後、渡月橋を渡りきるまで振り向かない

・鍾馗さん
 (玄宗皇帝)が病に伏したとき、鍾馗が鬼を退治する夢を見て、病気がたちまち
  治った。
 京都では(三条の薬屋)が家を新築して(鬼瓦)をのせた云々の逸話がある。

・葬礼
  お葬式や霊柩車に出会うと、(握りこぶしの中に親指を入れて隠す)
  (親)を死から遠ざけるため

・大文字の「大」を飲む

・出されたものは少し残す

・食べ初め
  生後(百十日め)または(百二十日め)
  (お食い初め)(箸ぞろえ)(箸はじめ)ともいう。
  (お頭付き)(赤飯)(吸い物)(なます)のほかに(石)が添えられる。
  (石)は(歯)が丈夫になるように。(吸い物)は(吸う力)がつくように。
  (タコの足)を吸わせるところもある。

・(脱いだ)
  外出の直後に服のほころびがあったり、ボタンが取れていたとき、これを
  3回唱え、服を着たまま直す。呼吸を置くことで、体に針を刺さずに裁縫を
  することができる。

・履物をはいたままおろさない
  (棺桶)を運び出すのに、(藁ぞうり)を履いたまま家の中から降りたから。
  (死んだ人)にも(藁そうり)を履かせるが、そのまま家の中から外におろした。

・果ての二十日
  (12月20日)のこと。
  江戸時代、(粟田口)では、その午後最後の(刑の執行)が行わるので、この
  日を忌んで、(お歳暮)や(正月)の準備を差し控えた。
  罪人は最後の願いを一つだけ聞いてもらえるので、外に出た罪人に目をつけら
  れるのを避けるため、とりわけ(女の子)を外に出さなかった。

・火廼要慎の護符
  多くの家では(阿多古祀符火廼要慎)と書かれた護符が台所に貼られている。
  
  京都ならわし愛宕護符.jpg
  

・無言詣り
   一心に願うことで成就につながる。
  (祇園祭)の(花街)のこれが有名。
  (7月14日)から(7月24日)まで、(四条寺町)の(御旅所)に神輿が鎮座する、
  (鴨川)を渡り、(御旅所)まで無言で詣でる。
  (深夜)に詣でる人が多い。

・(柳箸)
  正月は両端が削られた(柳箸)で、お雑煮やお煮しめをいただく。
  (歳神様)とともにお正月を祝うため。 


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:13:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京都の観光についての問題です。


・祇園祭の神輿
 ・祭神
   中御座 (   )
   東御座 (     )
   西御座 (     )
 ・神幸祭 (   、  )の氏子地域を巡回
  還幸祭 (    )の氏子地域を巡回

 ・御旅所の変遷
   天延2年(974) (   ) 円融天皇の時
   のちに (    北)の(  )
   長和2年(1013) (   )の(   )(一般に(   ))
   天文5年(1536) (   の乱)で焼失
   天正19年(1591) (   )の(   整備)で(   )

・(   )
   中国使節を宿泊・接遇する施設が2ヶ所あった。
   (   )の北、(  )の左右。
   (  寺)(  寺)を造営するにあたり、(  )の北に移転

・平成17年 (    )オープン

・西国三十三所観音霊場 (  天皇)が再興したといわれる
 
・京の名所案内
  ・(    ) 京童
  ・(    ) 京雀
  ・(    ) 京羽二重
  ・(    ) 都名所図会 都名勝林泉図会
  ・(    ) 見た京物語
  ・(   ・   ) 羇旅漫録
  ・(    ) 雍州府志 (    )
  ・(    ) 京大絵図
  ・(    ) 東海道中膝栗毛

・京の七口 定まっていないが次のようなものがある。
 ・(  口)鞍馬街道
 ・(  口)若狭街道
 ・(  口)山中越
 ・(  口、  口)東海道・中山道
 ・(  口、  口)伏見街道
 ・(  口)伏見港へとつながる竹田街道
 ・(  口、  口)西国街道、鳥羽街道
 ・(  口)山陰街道
 ・(  口、  口)京見峠を越え杉坂に至る長坂越

・粟田口
  三条大橋は、天正18年(1590)(   )の命で奉行(   )が大改造
  三条大橋東詰めには(    )の銅像

・京都駅
  明治9年、大阪・京都のおか蒸気開通で、(   停車場)
  初代は明治10年(  停車場)に
  二代目は(     )を前に大正3年( 造り)日本一の規模
  三代目昭和27年
  四代目平成9年
   (  段)の階段
   (   )(   広場)(  ※)が目印の(   広場)
   ※(   )作

  京都駅朱甲部.jpg 

   美術館(    )

 
・市内観光と市電

 ・日本初の路面電車 明治28年 (   )(   )間
  会社名(   (  ))の(  線)
 ・明治45年 市電
   (  )(   )(  )(  )の4路線
  大正に(  )(  )(  )
 ・大正7年 市電が京電を買収
   北野線を走った電車は(    )または(  )と呼ばれた
   これが最後まで走った北野線は昭和36年に廃止。
 ・市電 昭和53年全線廃止
 ・昭和56年 地下鉄烏丸線(  ~  )開業
  平成9年 東西線 (  ~  )開業


・観光タクシー
  ガイド嬢が同乗した(    タクシー)が昭和29年に登場  


・美術館
  ・京都府京都文化博物館  
    この別館はもとは(    支店)
    設計は、設計は(   )とその弟子(  )

  ・京都国立博物館 
    本館は(   館) 設計は(    )
    新館は(   館) 設計は(    )

  ・京都市美術館
    (    記念)で全国(  番目)の(  博物館)として開館
     設計は(   )

  ・京都国立近代美術館
     設計は(   )

  ・京都府立陶板名画の庭
     設計は(   )

  ・アサヒビール大山崎山荘美術館
    (    )氏の「大山崎山荘」
    (    )氏設計の新棟

  ・京都市考古資料館 設計 (   )


・公共施設

  ・京都会館 設計(   )

  ・京都コンサートホール 設計(  )

  ・京都府立図書館 設計(   )

  ・京都国際会館 設計(   )

  ・京都市勧業館(みやこめっせ)設計(   )

・公共庁舎

  ・京都府庁旧本館 設計(   ) 

  ・京都市庁舎 本庁舎 設計 (   、   )

・その他

  ・平安神宮 設計 (   )

  ・祇園閣(元   別邸)の一部、現(  ) 設計(   )

  ・真宗信徒生命保険(現   ) 設計(  )

  ・京都駅 設計(   )

  ・京都タワー 設計管理(   )
         構造設計(   )

  ・京都大学 時計台 設計(   )
 
  ・円山公園 設計(   )

  ・京都高等工芸学校本館(現 京都工芸繊維大学3号館) 設計(   )

  ・弥生会館 設計 (    )

  ・先斗町歌舞練場 設計 (    )

・姉妹都市 9市
  ・(・・・・・・・・・・・・・・)

・観光行政
  ・昭和25年 (       建設法)適用
  ・昭和31年 (     )制定
  ・昭和47年 (京都       )開設
  ・昭和53年 (        宣言)
  ・平成6年  (        会議)京都開催
         (     連盟)設立  
  ・昭和62年 (      センター)開所
  ・平成元年  (       会館)開館
  ・平成9年  (      会議・  )京都市で開催
  ・平成17年 (    )発効
  ・平成11年 (京都市    (    ))策定
  ・平成13年 (京都市    )策定
         (京都市     -    プラン)策定

・コンベンション施設
  ・(      )
  ・(     (     ))
  ・(    会館(    ))
  ・(       京都)
  ・(     プラザ)
  ・(京都   )
  ・(京都市    会館)
  ・(国立     会館)


__________________________________


「京都検定1級過去問トライアル」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定1級過去問出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定1級受検直前勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村






最終更新日  2019/01/14 10:41:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:京都。(5493)
京の町並み、京都の散歩道、京都の自然についての問題です。


●京の町並み

・昭和41年 国(  における   の  に関する特別措置法)
        =(   法)
  (    区域※)を国土交通大臣が指定
  その区域内で(      地区*)を指定
  現在の※14区域。*24地区
   (・・・・・・・・・・・・・・)

・昭和47年 京都市(     地区)
       外観デザインの伝統的様式を継承
       (   地区)が最初

・昭和50年 国(    法)
       ・(     地区)制度
       ・京都市の4ヶ所はすべて(       地区)
         (   )(  )(   )(    )
        京都府も含めると
     (  市  町  )(  町  )(   町 )

・1980年代後半以降、マンション建設の進んだ地域を(  地域)という。
 (  通)(  通)(  通)(  通)に囲まれた地域

・平成7年 京都市(    条例)
       制度 ・(       地区)
            (    )(   )(   )
          ・(界わい景観整備地区)
            (   )(   )(   )(   )
            (   )(    )(    )

・平成9年 (京都市     等に関する条例)


・上賀茂 伝統的建造物群保全地区
  (  )沿いの(  )一帯。
   屋根に(  ) 武家住宅同様(  )の座敷と(  )の部分に分かれる。
   入口も(  )と普段用の(  )の2つがある

・西陣 奥に織機を数台置く形式の町家を(   )と呼んだ



●京都の散歩道

・半木の道
  現在植物園の鎮座する神社は(  神社)。(  )から転訛した。

・きぬかけの道
  (  天皇)が夏に雪を見たい云々から

・せせらぎの道
  陶工(  )旧宅付近から川端通と縄手通の間を三条通まで

・哲学の道
  (   橋)から(  橋)まで
  (   *)(   ¥)(   ※)らが散策

   *代表著作(   )
   ¥(   )の研究と紹介 著書(  )
   ※代表著作(   )

   石碑は(   )「人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行くなり」   

   関雪桜は画家橋本関雪の妻(  )が植えた

・ねねの道
  (   )とも呼ばれる

・維新の道
  南側には(   )がある。
  途中から急な坂道を登ると(  寺)がある

・千代の古道

・鳥と遊ぶ道

・あじろぎの道
  あじろぎ=(  )で、(  )の(  )を繋ぐ杭 

・さわらび
  さわらび=(  ) 
  (  )の手前から宇治神社の方へ曲がる
  宇治川に沿った通りを(  通)と呼ぶ


●京都の自然

・京都の美しさを表現することば 山紫水明 (  )

・東山三十六峰を(  )門下の(  )は
 (「         」)と詠んだ。
  
・深泥池標高(  メートル)、東寺近辺標高(  メートル)

・山の斜面からの冷たい風 (  おろし)(  おろし)

・京都全体が自然の博物館 (       )

・生物生息空間 (    )

・自然環境と共生する観光 (    )

・鞍馬・貴船
  貴船渓谷の昆虫 (    )(   )

・深泥池 天然記念物(深泥池生物群集)
  生きている化石 (   )(   )

・糺の森

・半木の森

・京都御苑

・京都盆地三山
  (     )が作られた。
  全長(約  キロ) (  峠)(   峠)を通る。

・平成9年開催の(      会議(  ))を記念して
 (      =京都市       )が開設された。
 場所は伏見区深草
 
・天然記念物(京都市)
  久多(  ) 市登録
  花背(   )市登録
  花背(   )市指定
 
   花背天然伏条台杉.jpg



  貴船神社(  )市指定
  由岐神社(  および  )市指定
  岩屋山志明院(   )市指定
  古知谷(  )市指定
  宝泉院(   )市登録
  比叡山(    )◆国指定
  霊鑑寺(   )市指定
  哲学の道(   および   )市登録
  青蓮院(    )市登録
  知恩院(    )市登録
  東山(        )◆国指定
  新熊野神社(     )市指定
  東福寺(   )市登録  
  柊野(    )市指定
  大田ノ沢(    )◆国指定
  深泥池(    )◆国指定
  天寧寺(   )市登録
  大徳寺(   )市指定
  総見院(    )市指定
  鹿苑寺(    )市指定
  白峯神宮(    )市指定
  旧府知事公舎(   )■府指定
  武信稲荷神社(   )市指定
  西本願寺(   )市指定
  清滝川(   及び   )◆国指定
  月輪寺(     )市登録
  松尾大社(     )市指定
  吉峯寺(   )◆国指定
  金剛王院(   )市登録
  金札宮(    )市指定
  御香宮神社(   )市登録

追加
(  寺)の(   ) 国指定 右京区京北
下黒田の伏条台杉群 府指定 右京区京北
白山神社のカシ  市指定 右京区京北
福徳寺のサクラ  市指定 右京区京北
慈眼寺のイチョウ 市指定 右京区京北
八幡宮のスギ  市指定 右京区京北
正法寺のカヤ  市指定 右京区京北
日吉神社のケヤキ 市指定 右京区京北
片波西谷のトチ  市指定 右京区京北

<府の天然記念物で地学的なもの>
(  )鍾乳洞  府指定 船井郡京丹波町
(    )府指定 福知山市

<京都市以外の国の天然記念物>
(         ) 舞鶴市(  )
(   )京丹後市網野町
(   )京丹後市
(    ) 亀岡市


logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/14 10:34:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/12/10
テーマ:京都。(5493)
京菓子#1(歴史、季節の行事の京菓子、寺社・街道・関所ゆかりの菓子)の解答です。

問題は作ったものの、12月12日 試験前日です。解答する時間もなくなってしまいました。問題に直接正解を入れて投稿します。


●京菓子の歴史

・京菓子は、京都では(朝廷への献上菓子)に由来し、(上菓子)と呼ばれた。

・京菓子が影響を受けた菓子
  中国から伝来・・・(唐菓子)(遣唐使)が持ち帰った
  喫茶とともに広がった・・・(点心)
  16世紀にヨーロッパから伝わった・・・(南蛮菓子)

・唐菓子・・・(八種唐菓子)
  (梅枝)(桃枝)(団喜※)など
   ※は(清浄歓喜団)として伝えられる

  清浄歓喜団
  京菓子清浄歓喜団.jpg


・点心・・・(栄西禅師)が(禅)とともに(茶)を持ち帰り、広まった。
  (饅頭)(羊羹)(水繊※)(水晶包子(パオズ)*)、(索麺)など
   ※は(葛切り)に*は(葛饅頭)に変化

・南蛮菓子
 (カステラ・ボーロ、金平糖、有平糖、鶏卵素麺)など

・江戸時代
  ・安永4年(1775) 菓子屋を248軒に制限する(上菓子屋仲間)ができる
  ・有職故実にちなんだ(有職菓子)が作られた
  ・茶の湯の菓子
    濃茶用(主菓子)・・・(蒸・生菓子)
    薄茶用(干菓子)・・・(落雁・煎餅・有平糖など)
    家元の好んだ菓子・・・(好み菓子)

●季節の行事の京菓子(ポイントピックアップ)

・亥の子餅・・旧暦(1O月)の(亥の日)に食べる
  (多産)のイノシシにちなみ(子孫繁栄)の願いも
  茶家では(開炉)の日

・嘉祥(かじょう)菓子
  陰暦(6月16日)、(嘉祥食(ぐい))の儀式にちなみ食べる。
 
・かしわ餅
  ・(端午の節句)に用いられる
  ・(小豆)と(味噌)の二種類の餡
  ・柏の葉は(ゆずり葉)といい、(子孫繁栄)を願う
  ・柏餅を包む手つきが(神前でかしわ手を打つ姿)に似ているので、
   (武運を祈願)する端午の節句にふさわしい

・きつね面
  (伏見稲荷大社)の(初午大祭)や(節分)にちなみ(茶席)でとりあわ
   せる(干菓子)。(白狐)を表現

・行者餅
  ・祇園祭(役行者)山ゆかり
  ・(山椒味噌)が使われる
  ・(柏屋光貞)の当主が(大峰山)修行中に霊夢を受けて作った。
  ・(宵山)に限り販売

・さくら餅
  (道明寺粉)で(こし餡)を包むのが京都風

・真盛豆
  ・香ばしく炒った(黒豆)を(州浜粉)で包み、表面に(青海苔)をまぶした
  ・天台宗(真盛派)の開祖(慈摂大師(真盛上人))が(北野)で辻説法する
   とき、炒った(黒豆)に乾燥させた(大根の葉)をかけ、聴衆にふるまった
   のが始まり
  ・(豊臣秀吉)が(北野大茶湯)で、茶事に合う豆菓子としてほめた。

・洲浜
  ・(大豆)を煎って粉にし、(飴)などを混ぜて練り上げた菓子。
   (きな粉)よりも浅く炒った(州浜粉)を使う
  ・有職の(州浜台)や(島台)に由来し、(蓬莱山)や(秋津島)を表すといわ
   れる。

・ちご餅
  ・(7月13日)、祇園祭の長刀鉾の稚児が位をいただく(「お位」もらい)の式
   が八坂神社本殿で行われる。そのときに供える。
  ・(二軒茶屋 中村楼)が代々氏子として献じてきた
  ・同店で(7月13日)から(7月31日)まで食べることができる。
  ・(二條若狭屋)では、それに由来する(祇園ちご餅)を販売している。

・粽(ちまき)

・はなびら餅
  ・(正月)を代表する伝統菓子の一つ
  ・(味噌餡)(牛蒡)が使われる
  ・宮中の正月行事食の(菱葩(はなびら))が原型
  ・(裏千家)の(初釜)で使われる

・引千切
  ・(菱餅)や(草餅)などと並び(雛祭り)に欠かせない
  ・先端を(ひきちぎる)形状から付いた名で(子だくさん)を意味する。
  ・(ひきちぎり)(あこや)ともいう
  ・平安時代、宮中で祝儀に用いられた(戴餅(いただきもち))がルーツという

・(吹き寄せ)
  楓、銀杏、松葉、松毬(まつぼっくり)、栗、きのこなどが干菓子盆に美しく
  盛られる

・松風
  ・(亀屋陸奥)の当主が、一向一揆制圧のため攻撃された(石山本願寺)に兵糧と
    して献上した。
  ・(顕如)が「わすれては波のおとかとおもうなり枕に近き庭の松風」と詠んだ歌に
   ちなんだ名前

・水無月

・麦代餅
  (中村軒)の名物

・清浄歓喜団
  ・(密教の祈祷)の際に供えられる
  ・(御団)(聖天さん)とも呼ぶ
  ・(ハッカ)(丁字)(肉桂)など、(7種)の香りが混ぜられている。
  ・(亀屋清水)で販売


●寺社・街道・関所ゆかりの菓子

・あぶり餅

・粟餅
  (粟餅所澤屋)の名物菓子

・おせき餅
  (鳥羽街道)の名物菓子

・鎌餅
 ・ (鞍馬口)の茶席で売られた
 ・ 鎌に似た形状から命名され、(豊作)を祈る菓子でもある
 ・(大黒屋鎌餅本舗)が販売

・唐板
  (水田玉雲堂)で販売

・狐煎餅

・幽霊子育飴
 ・(麦芽糖)の風味が特徴
 ・ (みなとや幽霊子育飴本舗)で販売

・長五郎餅
 ・(豊臣秀吉)が(北野大茶湯)で賞賛
 ・(長五郎本舗)で販売

・どら焼
 ・(東寺)の(修行僧)の(おやつ)に考案
 ・(笹屋伊織)で(毎月20日~22日)のみ販売

・走井餅
 ・(走井餅老舗)の菓子
 ・もともと(大津)にあり、(歌川広重)の(東海道五十三次)にも登場

・鳩餅
 ・(三宅八幡茶屋)で販売
 ・(肉桂)と(抹茶)の風味

・法螺貝餅
 ・(白味噌)(牛蒡)が使われる
 ・法螺貝には(悪霊退散)の意味があり、(厄除け)の菓子
 ・もともとは(ふのやき)という菓子に似ているといい、安政の御所炎上
  の際、(孝明天皇)が避難先の(聖護院)で食したという。
 ・(節分護摩供)の供用菓子として(柏屋光貞)で販売される

・やきもち
 ・(神馬堂)販売・・・(葵餅)が正式名称
 ・(葵家やきもち本舗)販売・・・(葵餅)と(双葉餅)の二種

・みたらし団子
 ・下鴨神社の(御手洗池)の(水の泡)を表す
  (人の体)を表すという説もある。
 ・(神饌)として供えられる
 ・(加茂みたらし茶屋)の名で親しまれる(亀屋粟義)で販売
 

logo.png


よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村


__________________________________

「京都検定過去問」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=28

「京都検定出題傾向分析」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=30

「京都検定勉強」カテゴリー一覧表
http://plaza.rakuten.co.jp/saaikuzo/diary/ctgylist/?ctgy=31






最終更新日  2019/01/15 10:11:21 AM
コメント(0) | コメントを書く

全239件 (239件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 24 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.