2020/03/28

【京都のニュース】花山天文台柴田台長退官。§西京会準備継続。

テーマ:京都。(5818)
カテゴリ:京都のニュース
【2020年3月28日(日)】
 
 昨日、今日と連続公私OFF日です。昨日、4月3日の西京会を中止が決まりました。→こちら が、今日は西京会の準備を進めました。ある程度切りのいいところで、西京会準備は中断し、できるだけ早く5月16日の「京カレッジ」のレジュメ作成に軸足を移したいと思います。


 今日の読売朝刊京都版の記事です。花山天文台の柴田台長が定年退官されるというニュースです。






 花山天文台は、この春から、1年間の予定で一般公開されます。記事にも書かれていますが、花山天文台の維持保存活用活動の先頭に立たれてこられたのが柴田台長です。2017年の「京の夏の旅」で公開されたのも、今回の一般公開もその一環です。私も今回の公開でガイドをさせていただくことになっています。公開は4月からの予定がコロナの影響で5月からに延期されましたが、先日説明会があり、柴田台長からお話しを聞くことができました。→こちら そのときに確かに、この3月末で定年退官されるとおっしゃてました。長い間ご苦労さまでした。私は少年時代、天文学者やロケット技師にあこがれました。柴田台長は、退官後も公開時講演のため、花山天文台に足を運ばれますので、機会があれば、言葉を交わすことができたらいいなと思います。そして天文台の維持活用に少しでもお役に立てればいいなと思います。

 なお、2017年の「京の夏の旅」の後、我がガイド会のために観望会を開いてくださり、そのときもお話しを聞くことができました。ガイド会に相応しい藤原定家の「明月記」と天文学の関係をお話しいただきました。とても印象的な講義でした。→こちら



よろしかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村





TWITTER

最終更新日  2020/04/01 12:02:16 PM
コメント(0) | コメントを書く