320395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

ももたろうサブライ@ Re[1]:環境問題(12/25) よくある姓なのかもしれませんね。
石崎徹@ Re:環境問題(12/25)  トゥンベリというスウェーデン人が江戸…
笹本敦史@ Re[1]:消費税の話のつづき(10/12) 石崎徹さんへ 負担するのは消費者ですから…
石崎徹@ Re:消費税の話のつづき(10/12)  この問題ではなくて、所得税は赤字なら…
石崎徹@ Re:消費税とは(10/10)  たいへん分かりやすかった。  ついでに…

お気に入りブログ

今月の映画評「グリ… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2006.09.24
XML
カテゴリ:映画
監督 李相日(り・さんいる)

 昭和40年、エネルギーが石炭からしだいに石油に変わる中、炭鉱の合理化(要するに首切り、今で言うリストラ)が進められていた。
 福島県の炭鉱町で会社が生き残りと雇用の創出をねらってハワイアンセンターを建設することになる。仕事に誇りを持つ労働者・労働組合は反発する。会社はダンスの先生を東京からつれて来るが、この先生実は田舎を軽蔑し、ド素人の娘たちを教える意欲もない。
 ということで物語が始まるが、大まかな展開は読めてしまうし実際その通りに進んでいく。

 でも泣けるんですねぇ。
 先生を演じる松雪泰子、成り行きで入ってしまったダンサーのリーダーに成長する蒼井優、荒っぽさの中に優しさがにじみ出る豊川悦史、その他の脇役もすごく良い。
 南キャンのしずちゃんは「少しジャマ?」と思いながら観てたけど、お父さんの遺影に向かって微笑むカットが抜群に良かった。ラストシーンの蒼井優のソロは大拍手。上手すぎてウソっぽいというねじれた感想もとりあえず吹っ飛んでしまう。

 それにしても今年の邦画は大豊作だね。






最終更新日  2006.09.24 19:29:39
コメント(7) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.