336877 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:風と共に去りぬ(06/27) かなり、厳しいですね。
ももたろうサブライ@ Re[1]:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13) 石崎徹さんへ 実際には発言の中身が気に入…
石崎徹@ Re:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13)  全面的に賛成です。発言内容に対して正…
石崎徹@ Re:新型コロナウィルスの件(03/21)  難しい問題ですね。ここまでになるとは…
笹本敦史@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15) 前川喜平さんと東京新聞の望月衣塑子記者…

お気に入りブログ

来た来た!「きたき… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2007.04.01
XML
カテゴリ:映画
監督 大友克洋

 原作ファンには評判が悪いみたい。原作を知らない私はそこそこ楽しんだ・・・だけどあの終わり方は何?わけがわからなかった。

 村に電灯がつき始めたという会話がある。電気が普及することで本当の闇がなくなって、やがて蟲が人間の周りから姿を消していく、というわかりやすい解釈を示したのだと思うけど、それが物語全体を貫いているわけでもない。(もっと深い意味があるのか?)
 ギンコ(オダギリジョー)が探幽(蒼井優)のことを「好きだ」と虹郎(大森南朋)に打ち明けるシーンがある。でも二人の関係はそれ以上描かれてない。

 何だかエピソードをつまみ食いしているような印象。ぬい(江角マキコ)のドロドロのシーン(グロテスクで哀れなだけで怖くない)なんかをばっさり切って、人間関係をもっと丁寧に描いた方が良いのではないかと思う。

 「そこそこ楽しんだ」と言う割りに悪口ばかりを書いているけど、オダギリジョーと大森南朋の存在感は安心して見ていられるし、蒼井優はルックスだけでなく所作が美しい。映像もなかなか良くできていて、何も考えずに観ている限りは「そこそこ楽し」い作品だと思う。






最終更新日  2007.09.11 22:04:18
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.