324823 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:新型コロナウィルスの件(03/21)  難しい問題ですね。ここまでになるとは…
笹本敦史@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15) 前川喜平さんと東京新聞の望月衣塑子記者…
石崎徹@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15)  いろんな映画があるんだね。全然知らな…
石崎徹@ Re:映画「パラサイト 半地下の家族」(03/07) 観に行きたいねと話しているうちに、コロ…
ももたろうサブライ@ Re[1]:環境問題(12/25) よくある姓なのかもしれませんね。

お気に入りブログ

腸には免疫細胞全体… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2008.02.03
XML
カテゴリ:映画
監督 リドリー・スコット

少しあらすじ
 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボス亡き後、ベトナムに駐留する米軍を使って東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。しだいに力をつけていくフランクだったが旧来麻薬ビジネスを支配してきたイタリア系マフィアなどからは恨まれる。
 一方、横領と賄賂が横行していた警察の中でリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は張り込み中に発見した大金を着服しなかったばかりに孤立する。そんなリッチーが新たに設立される麻薬調査班の責任者に抜擢され、賄賂を受け取らない警察官を集める。

感想
 周囲を身内だけで固め、鉄壁と思えたフランクの組織がしだいにほころんでいく。公私の苦悩を抱えたリッチーがしだいに麻薬ビジネスの核心に迫っていく。この展開が実にスリリングだし、どちらにも少なからず感情移入してしまう。デンゼル・ワシントンもラッセル・クロウも魅力的だ。

 公民権法が成立して、制度上は人種差別がなくなった頃の話だが、大きな経済格差を土壌に犯罪が多発し、取り締まる側の警察も汚職にまみれている。事実をもとに描かれたというこの腐敗の実態に驚く。
 この腐敗した社会の中でしか生きるすべを知らないフランクとそれを変えるために闘うリッチーの対決がクライマックスになるが、実に気持ちよい終わり方。このカタルシスこそがハリウッド映画の魅力なのだとあらためて思う。

 今のアメリカ社会はこういう英雄によって作られてきたのだと同時に、常に英雄を必要としている社会でもあるのかも知れない。
 では日本は・・・うーんと唸ってしまう。






最終更新日  2008.02.04 22:37:21
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.