309097 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

笹本敦史@ Re[1]:消費税の話のつづき(10/12) 石崎徹さんへ 負担するのは消費者ですから…
石崎徹@ Re:消費税の話のつづき(10/12)  この問題ではなくて、所得税は赤字なら…
石崎徹@ Re:消費税とは(10/10)  たいへん分かりやすかった。  ついでに…
石崎徹@ Re:消費税反対の論理(10/06)  かなり複雑ですね。ぼくはT氏が自分の…
ももたろうサブライ@ Re[3]:踏み間違い対策あれこれ(06/11) ATは退屈さんへ 緊張感を保って運転する…

お気に入りブログ

歩いてみなくちゃわ… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2008.05.11
XML
カテゴリ:映画
監督 樋口真嗣

 長澤まさみが出ているという理由だけで鑑賞。

 言わずと知れた黒澤作品のリメイク。

 名作のリメイクはどうしても点数が辛くなりがちで、織田裕二の「椿三十郎」もわりと良い出来だったにもかかわらず、「別にリメイクせんでも」と思ってしまう。

 それで「隠し砦の三悪人」だが、オリジナル版は観ているはずなのだけどあまり記憶がない。ひょっとしたら「スターウォーズ」と他の時代劇とかが記憶の中でごちゃ混ぜになっているのかも知れない。

 それで本作を観れば思い出すかな、と思ったのだけどごく断片的なところしか思い出せなかった。やはりオリジナル版を観たというのは勘違いか(汗)

 もっとも「椿三十郎」がオリジナル脚本をほぼそのまま使ったのに対して、こちらはずいぶん手が加えられているようではある。

 というわけでオリジナルと比較することなく観たのが良かったのかも知れないが楽しめた。

少しあらすじ
 戦国時代、山名家によって攻め落とされた秋月家の家臣は隠し砦に雪姫(長澤まさみ)を匿っていた。
 山名の強制労働に耐えかねて逃げ出した武蔵(松本潤)と新八(宮川大輔)は偶然、秋月の埋蔵金を発見するが、侍大将六郎太(阿部寛)に捕らえられる。まもなく隠し砦にも山名の軍勢が迫り、雪姫と六郎太は武蔵と新八を道案内に秋月と同盟を結んでいる早川をめざして脱出する。

感想
 はじめに状況説明があるのは無粋かも知れないが、今回はわかりやすくて賛成。上映前に「スターウォーズ」のテーマが流されていたのも、まぁ、わかりやすくて良いかも。ダースベーダーそのまんまの椎名桔平はわかりやすすぎ(笑)

 次々に迫る困難をくぐりぬけていく物語は今となっては平凡ではあるけど、スリリングな展開とどんでん返しで楽しめる。六郎太の超人的な強さだけではなく、雪姫が民を思い、民に慕われることが大きな力になる。これには感動しました。

 松本潤と宮川大輔のキャラが良い。現代劇では大げさに感じる阿部寛の役作りも今回は文句なし。

 長澤まさみと戦国の姫というのが合うのかなと若干の不安があったけど、時に凛々しく、民を思う優しさを持った雪姫役はぴったり。久しぶりに安心して(?)観ていられた。素の声は細いのに「雪姫じゃ」って、なかなか堂に入っている。
 
 武蔵と新八が金を発見した時、姫が隠し砦から出ていたのは何故?とか、あんな速度で落ちたら助からんやろとか、山が吹き飛ぶほどのガスって?とか、あの爆発の中から脱出できんやろとか・・・エンターテイメントなので言いません。






最終更新日  2008.05.12 20:45:36
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.