323978 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:新型コロナウィルスの件(03/21)  難しい問題ですね。ここまでになるとは…
笹本敦史@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15) 前川喜平さんと東京新聞の望月衣塑子記者…
石崎徹@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15)  いろんな映画があるんだね。全然知らな…
石崎徹@ Re:映画「パラサイト 半地下の家族」(03/07) 観に行きたいねと話しているうちに、コロ…
ももたろうサブライ@ Re[1]:環境問題(12/25) よくある姓なのかもしれませんね。

お気に入りブログ

今年の漫画大賞受賞… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2008.06.01
XML
カテゴリ:映画
監督 ロブ・ライナー

少しあらすじ
 家族をかえりみず仕事に没頭、貪欲に稼いできた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、思慮深いインテリで、家族を守るために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)が、入院先の病室で知りあう。共に余命は6か月。生活環境も性格もまったく違う二人が意気投合して病院を脱出。死ぬまでにやりたいことをつづった“棺桶リスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。

感想
 多分ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンにあて書きされた脚本なのだろう。もちろん二人の名演があってこそだけど、まるで本人たちの実話のように見える。

 生きていくためにいろいろなことを我慢してきたカーターに、すべてを手に入れるために生きてきたようなエドワードが強い影響を与える。一方、何度も離婚を繰り返し、娘のためを思ってのこととは言え、力ずくで結婚を妨害したために娘からも避けられているエドワードの心に、カーターが変化を与える。良い話です。

 何かを始めるのに、あるいは何かを改めるのに遅すぎるなんてことはないんだよ、というメッセージが心に響く。

 余命6ヵ月で世界中を旅行できるのか、というのはよくわからないけど、気にはならなかった。むしろ予想通りの展開で安心して観ていられる。ただ欲を言えばまとまりすぎていて意外性がないという気はする。






最終更新日  2008.06.01 20:28:07
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.