244196 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

楽天プロフィール

設定されていません

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ パン屋  切れ味鋭い批判ですが、ほんとうにこう…
KUMA0504@ Re:登場人物の名前(01/14) 多分そんなことはしないとは思いますが、…
石崎徹@ たぶん  あなたのブログでぼくのブログに触れて…
石崎徹@ Re:SHARPのこと(04/17)  さすが現代人は家電に詳しい。ちょっと…

お気に入りブログ

驚愕!「ポーの一族… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2008.10.04
XML
カテゴリ:映画
監督 西谷弘

 テレビドラマ「ガリレオ」と合わせて企画された劇場版。
 先に原作を読んで、アリバイのトリックはわかってしまったので、ドラマとしてのおもしろさを期待。

少しあらすじ

 花岡靖子(松雪泰子)はしつこくつきまとう元夫を絞殺してしまう。靖子に恋心を抱く数学教師石神は隠蔽工作を行なう。
 川原で惨殺死体が発見され、警察は靖子を疑う。しかし靖子には完璧なアリバイがあった。内海(柴咲コウ)から相談を受けた湯川(福山雅治)は、大学時代の友人である石神が事件に関係していることに気づく。

感想

 テレビドラマの原作はガリレオシリーズの短編だったけどこちらは長編で、いつもクールな湯川が感情を激しくあらわす場面があり、テイストもかなり違う。

 初めのクルーザー火災で、テレビドラマよりも金かかっているぞーとアピール。

 堤真一はそこまで陰気なキャラにせんでもと思ったけど、これは終盤に生きる。

 タカビーな役の印象が強い松雪泰子が陰のある美人を好演。

 電話シーンの画面分割は安っぽい。
 雪山のシーンはいらない。雪山の空撮を見せたいだけでしょ。(金かかってるぞー)

 柴咲コウと福山雅治はいつも通り。二人とも不器用なんでしょうね。それで良いと思えるか、もの足りないと感じるか、分かれるでしょう。

 福山雅治はもうひとつ殻を破って欲しかったけど、一番の泣かせどころで、堤真一と松雪泰子が魅せてくれる。






最終更新日  2008.10.04 21:57:26
コメント(2) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.