295630 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

ももたろうサブライ@ Re[1]:踏み間違い対策あれこれ(06/11) 木沼駿一郎さんへ 僕が教習所でどう教わっ…
木沼駿一郎@ Re:踏み間違い対策あれこれ(06/11)  友人に聞いた話ですが。 普通、運転手は…
ももたろうサブライ@ Re[1]:踏み間違い(06/09) 木沼駿一郎さんへ ブレーキと思い込んでア…
木沼駿一郎@ Re:踏み間違い(06/09) 【踏み替える】 スキー・ダンスなどで踏…
木沼駿一郎@ Re:高齢者の運転問題(05/03)  教習所では、車を自転車のように乗れと…

お気に入りブログ

映画評「1987、ある… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2009.01.15
XML
カテゴリ:映画
監督 スティーヴン・ソダーバーグ

 チェ・ゲバラの半生を描いた2部作の前編。64年の国連演説とカストロに出会ってキューバ革命に成功するまでが交互に描かれる。

感想
 英語とスペイン語それぞれに字幕がつき、髭を伸ばしている人物の区別がつかなかったりで、ややわかりにくい。

 物語そのものも、端折りすぎで説明不足な感じがする。完全に理解するためには予習が必要だと思う。

 それでも、わずか82人でキューバに乗り込んだ革命軍が、なぜ2万人のバチスタ正規軍に勝つことができたのか、ということがよく描けている。

 優秀なリーダーに統率された革命軍は、略奪を禁じ、負傷兵も捕虜も大切に扱う。そして、しだいに多数の国民に支持され、志願者が集まる。一方、バチスタ軍はしだいに士気が下がり、無駄な殺戮を行なわないことを明らかにした革命軍に投降する者も増えてくる。

 しかし大きくなっていくにしたがい、革命軍も末端までの統率が効かなくなっていったという問題も描かれている。

 国連でのゲバラの演説とインタビューのシーンは緊張感にあふれている。アメリカ国民から見れば、キューバ革命は悪夢のようなできごとであっただろうし、その中心にいたゲバラは悪魔のように思えただろう。

 ゲバラにあまり似てないけどベニチオ・デル・トロはゲバラが革命家として成長していく姿を見事に演じている。カストロと出会ったばかりのシーンと国連演説のシーンがとても同じ人物には見えないぐらい素晴らしい役作り。
 デミアン・ミチルは、革命家であると同時に政治家であったフィデル・カストロ像をうまく見せていると思う。
 後にゲバラの2人目の妻になるアレイダを演じたカタリーナ・サンディノ・モレノがとても魅力的だ。






最終更新日  2009.01.15 22:18:11
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.