337616 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

とおりすがり@ Re[1]:風と共に去りぬ(06/27) New! 石崎徹さんへ 「風と共に去りぬ」は1939…
とおりすがり@ Re:風と共に去りぬ(06/27) New! ビビアンリーの魅力もあって、この映画は…
石崎徹@ Re:風と共に去りぬ(06/27) かなり、厳しいですね。
ももたろうサブライ@ Re[1]:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13) 石崎徹さんへ 実際には発言の中身が気に入…
石崎徹@ Re:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13)  全面的に賛成です。発言内容に対して正…

お気に入りブログ

真の教養とは「「勤… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2010.02.07
XML
カテゴリ:映画
監督 クリント・イーストウッド

少しあらすじ
1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。南アフリカではラグビーは白人のものであり、代表チーム・スプリングボクスは旧体制の象徴でもあった。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップを前に、マンデラはチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)を官邸に招待する。

感想
私的昨年のベスト作品「グラントリノ」のイーストウッドが監督で主演が名優モーガン・フリーマンとくれば、当然期待も大きいし、ハードルもグンと上がる。
それでも満足させるのだから、やはりイーストウッドはすごいと思う。

ただ、淡々と事実を追ったような展開なので、アパルトヘイトやネルソン・マンデラに関する予備知識がないまま観ると、やや物足りないかも知れない。

この作品を支えているものは歴史的(と言ってもたかだか20年足らず前の話)な事実の重みであるから、脚本はことさらの誇張を避けたのだと感じた。

27年ぶりにマンデラが保釈され、黒人社会は湧き上がる。そして民族対立が激化し内戦に発展しそうになった時、マンデラは大群衆を前に、すべての武器を捨てるように呼び掛ける。
大統領となったマンデラは、官邸から退避しようとする白人職員に、新国家建設に力を貸してほしいと話し、身辺警護に、かつての自らを弾圧した白人の元公安職員を任命する。
「過去は過去」として、今向かうべき未来はどこにあるのか、を指し示すマンデラの姿勢を象徴するシーンが描かれる。

そして白人支配の象徴でもあったラグビー代表チーム、スプリングボクスを、人種を超えた団結の象徴へと変えていく。
スプリングボクスを見る国民の目が変わってくることによって、選手の意識も変化していく。
そしてワールドカップでは世界中の予想を覆しての快進撃を演じる、というまるで作り話のような物語が展開するのだが、これが事実なのだから泣かせる。

ラグビーの試合終了は「ノーサイド」とコールされる。つまり、どんなに激しく戦っても試合が終われば「敵味方(サイド)なし」ということ。
アパルトヘイトが撤廃された南アフリカでラグビーのワールドカップが開催されたということは実に象徴的な出来事だったのだと思う。






最終更新日  2010.02.10 22:26:30
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.