292570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

ももたろうサブライ@ Re[1]:踏み間違い(06/09) 木沼駿一郎さんへ ブレーキと思い込んでア…
木沼駿一郎@ Re:踏み間違い(06/09) 【踏み替える】 スキー・ダンスなどで踏…
木沼駿一郎@ Re:高齢者の運転問題(05/03)  教習所では、車を自転車のように乗れと…
笹本敦史@ Re[1]:高齢者の運転問題(05/03) 木沼駿一郎さんへ 僕は職業運転手で毎日運…
木沼駿一郎@ Re:高齢者の運転問題(05/03)  左足でブレーキを踏む習慣とは誰が言っ…

お気に入りブログ

今月の映画評「葛城… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2011.01.30
XML
カテゴリ:映画
監督 深川栄洋

少しあらすじ
昭和55年、廃ビルで質屋の店主が殺されるという事件が起きる。被害者が通いつめていた女が容疑者として浮上する。やがて女がガス中毒死したため被疑者死亡として事件は片づけられる。しかし担当刑事笹垣(船越英一郎)は、何か腑に落ちないものを感じていた。
数年後、事件の被疑者の娘雪穂(堀北真希)は遠戚の養女となり美しく成長、被害者の息子亮司(高良健吾)は家を出ていた。そして雪穂の周りではクラスメイトがレイプされるなど事件が次々と起きる。

感想
原作は東野圭吾の最高傑作。
何しろ文庫で800ページを超える長編なので2時間半が限度の劇場映画にするのはかなり無理があるだろうと思いながら鑑賞。

しかし、ストーリーを簡略化しながら、上手くまとめている。最後はわかりやすくまとめすぎている感じもするが、小説と違って読み返すことができない映画作品としては妥当かもしれない。

雪穂の育った環境と、実業家として成功した姿のギャップが、映像になると強烈に伝わる。
やはり子役のほうが印象には残ってしまうが、まったく感情移入を許さない堀北真希の演技もいい。

並外れた美貌と才能を持った人間が憎悪に突き動かされた時の怖さを見事に描いている。
ただ、尺の長さによってこそ表現できる「重さ」が足りない、という感じはする。これは劇場映画の時間枠では無理な注文ではある。






最終更新日  2011.01.30 21:29:53
コメント(0) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.