331662 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

ももたろうサブライ@ Re[1]:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13) 石崎徹さんへ 実際には発言の中身が気に入…
石崎徹@ Re:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13)  全面的に賛成です。発言内容に対して正…
石崎徹@ Re:新型コロナウィルスの件(03/21)  難しい問題ですね。ここまでになるとは…
笹本敦史@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15) 前川喜平さんと東京新聞の望月衣塑子記者…
石崎徹@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15)  いろんな映画があるんだね。全然知らな…

お気に入りブログ

シリーズの総括「白… KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2018.12.02
XML
カテゴリ:映画
録画で黒澤明の「赤ひげ」を観た。
今観るとまったくひねりのない人情物と思えるのだが、50年前の作品であることを考えるとこれで良いのだろう。三船敏郎演ずる赤ひげの人物像も、いくつもの作品で同じような人物を見せられた結果、僕はそれほど型破りなものとは思えなくなっている、いわば麻痺してしまっていることに気づく。
だけど、これは人情物として間違いなく傑作だ。人を助けることへの使命感、貧困を生み出す社会の仕組みに対する怒り、金や地位を捨てても信念を貫く潔さ、これに感動できなくなったらおしまいだという気がする。






最終更新日  2018.12.02 21:24:31
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.