332406 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

ももたろうサブライ@ Re[1]:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13) 石崎徹さんへ 実際には発言の中身が気に入…
石崎徹@ Re:芸能人が発言するのもしないのも自由だ(05/13)  全面的に賛成です。発言内容に対して正…
石崎徹@ Re:新型コロナウィルスの件(03/21)  難しい問題ですね。ここまでになるとは…
笹本敦史@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15) 前川喜平さんと東京新聞の望月衣塑子記者…
石崎徹@ Re:映画「新聞記者」で日本人について考えた(03/15)  いろんな映画があるんだね。全然知らな…

お気に入りブログ

「風の谷のナウシカ… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2020.03.21
XML
カテゴリ:雑感
新型コロナの件。僕も専門ではないのだが、特にウェブでは素人が半知半解でいろいろ言うので話が混乱しているように感じる。しかも発言する人によっては政府批判やら野党批判やらの意図が絡むなどするので議論が噛み合わないことが多いと感じる。
例えばPCR検査について、
日本の感染者数が少ないのは検査されていないからであって、もっと検査をすべきだ。という意見がある。
それに対して、
検査を増やせば医療崩壊が起きるから、増やすべきではない。という反論がある。
前者は現状批判であり、政府批判を意図している場合もある。後者は現状肯定だが、多くは前者のような批判に対する反論として出てくる。つまり野党(反体制というべきだろうが)批判を意図している。
私は多くの場面で現政府には批判的な立場にあるが、感染症対策に与党も野党もないと考えているので、そこは自制的に発言しているつもりだ。

「検査を増やすべきだ」という意見について、
この意見の中には、統計上の感染者数を増やさないために政府がサボタージュしているのだという憶測によるものもあるが、検査体制が不十分だというのが事実ではないかと私は思う。
その上で、医師が必要と判断したものが検査されていないという現状は論外だと思う。まずは必要な検査が確実にされなければならない。
ただ「希望者全員に検査をすべきだ」となると話は違う。感染初期であれば判定の精度は低いはずで、そんな感染者に「陰性」のお墨付きを与えてしまう危険性は高い。そもそも必要な検査に対応できていない現状で、闇雲に検査を増やすことは本当に必要な検査が後回しになる恐れもあるだろう。

「検査を増やせば医療崩壊が起きる」という意見について、
医療崩壊とは患者数が医療施設のキャパシティを超えることを意味しているのだろう。検査をしようがすまいが、重症者が急増すればそれは起きる。重症者を増やさないために、早く感染者を発見し、感染者との接触を規制するということが重症者を増やさないことにつながる。検査の結果、陽性者が多く見つかったとしたら症状にあわせて適切な対応を取れば良いので、「検査を増やせば医療崩壊が起きる」という意見には根拠はない。






最終更新日  2020.03.21 12:27:27
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:新型コロナウィルスの件(03/21)   石崎徹 さん
 難しい問題ですね。ここまでになるとは思っていなかった。先の見えない不安がある。 (2020.03.21 12:04:57)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.