370240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:東京オリンピック(08/01)  同感です。  でも菅君の気の抜けた記者…
石崎徹@ Re:緊急事態条項(06/12) まったく同感です。
笹本敦史@ Re[1]:「人新生の『資本論』」(01/16) 石崎徹さんへ Eテレに出ている人です。 …
石崎徹@ Re:「人新生の『資本論』」(01/16)  斎藤幸平というのは、いまNHKがやって…
鬼藤千春@ Re:さよなら(11/13) 「上質な短編」なりと書きくれし旭爪あか…

お気に入りブログ

「座頭市物語(1962… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2021.01.16
XML
カテゴリ:読書
斎藤幸平「人新生の『資本論』」を読んだ。
環境危機を解決するためには脱成長経済が必要だという主張には一理あると思う。資本主義では駄目で、成長を前提とする史的唯物論に立脚するマルクス主義でも駄目だという指摘も、その主張から導かれるものとして理解はできる。
そこで斎藤氏は晩年のマルクスが史的唯物論を否定して脱成長を考えていたのだと言う。
文献にあたる能力のない僕は「そうなのか」と思うしかないのだが、結局マルクス主義ではないところのマルクスの考えに従うべきだというのが本書の主題になるのだろう。(つまり、いわゆるマルクス主義は完全否定される)
そうすると、そもそもマルクスにこだわる意味があるのかと疑問に思うのだが、めざす方向性として所有の問題に言及しているところにこだわりの意味があるのかもしれない。
しかし所有形態が変わっただけで物事はうまくいかない、ということは旧ソ連を見るまでもない。協同組合的なものも規模の拡大などによってやがて企業化するということも明らかなことだ。
環境問題の解決に、脱成長という方向があるということは理解できる。しかし脱成長などと言えるのは先進国である程度裕福な層に属する人だろう。それより貧しい層は経済成長を欲するはずであるし、そのために公正な市場を求めるはずだ。
環境問題の解決には脱成長が必要と考えることは、環境問題の解決は不可能だと言っているようなものではないか。






最終更新日  2021.01.16 08:22:54
コメント(2) | コメントを書く
[読書] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「人新生の『資本論』」(01/16)   石崎徹 さん
 斎藤幸平というのは、いまNHKがやっている番組に出てくる人ですか。妻が見つけて録画していたので、ぼくも見ました。今日もありますね。なかなかわかりやすい解説をしています。
 本はすぐ読める長さですか。 (2021.01.18 11:01:30)

Re[1]:「人新生の『資本論』」(01/16)   笹本敦史 さん
石崎徹さんへ
Eテレに出ている人です。
本はちょっと厚めの新書版です。 (2021.01.18 13:25:50)


© Rakuten Group, Inc.