000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:東京オリンピック(08/01)  同感です。  でも菅君の気の抜けた記者…
石崎徹@ Re:緊急事態条項(06/12) まったく同感です。
笹本敦史@ Re[1]:「人新生の『資本論』」(01/16) 石崎徹さんへ Eテレに出ている人です。 …
石崎徹@ Re:「人新生の『資本論』」(01/16)  斎藤幸平というのは、いまNHKがやって…
鬼藤千春@ Re:さよなら(11/13) 「上質な短編」なりと書きくれし旭爪あか…

お気に入りブログ

「地図帳の深読み 1… KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2021.06.12
XML
カテゴリ:雑感
加藤官房長官が、コロナ禍が憲法に緊急事態条項を創設する論議をすすめる「絶好の契機だと考える」と発言したという報道があった。
国民が苦しんでいる状況を「絶好の契機」と表現するセンスがこの国の政府のレベルを示している。
もとより問題なのは憲法ではなく、政府の能力であることを明らかにしたのが昨年からの事態だ。
新型コロナ感染症が広がり始めた時の安倍首相の狼狽ぶりは、いつもの勇ましい言動がいかに薄っぺらな虚勢によるものであったかを明らかにした。
狼狽したあげく、専門家の意見を聞かずに学校を休校にしたり、布マスクを配ったりしたが、前者は少なくともその時点では百害あって一利なしであったし、後者は「アベノマスク」と揶揄され、発注先への疑惑もある。
政府が適切な対応ができなかったのは緊急事態条項がないからではなく、緊急事態に対応できる能力がないからだろう。
結局、安倍首相は体調を崩して退陣する。体調のことについては同情する気持ちもあるが、体調不良による退陣は二度目でもあり、彼のストレス耐性の弱さを表しているだろう。
今の菅首相にしても、虚ろな態度で、野党やメディアからの質問をはぐらかすことで何とか精神のバランスを保っているように見える。
この人も緊急事態に直面して決断や行動ができる器ではないだろう。
それを憲法のせいにするのは筋が違う。






最終更新日  2021.06.12 13:08:53
コメント(1) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:緊急事態条項(06/12)   石崎徹 さん
まったく同感です。 (2021.06.21 22:20:13)


© Rakuten Group, Inc.