372182 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

笹本敦史のブログ

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

ニューストピックス

プロフィール


ももたろうサブライ

フリーページ

コメント新着

石崎徹@ Re:東京オリンピック(08/01)  同感です。  でも菅君の気の抜けた記者…
石崎徹@ Re:緊急事態条項(06/12) まったく同感です。
笹本敦史@ Re[1]:「人新生の『資本論』」(01/16) 石崎徹さんへ Eテレに出ている人です。 …
石崎徹@ Re:「人新生の『資本論』」(01/16)  斎藤幸平というのは、いまNHKがやって…
鬼藤千春@ Re:さよなら(11/13) 「上質な短編」なりと書きくれし旭爪あか…

お気に入りブログ

今月の映画評「82年… New! KUMA0504さん

masalaの辛口… マサラ0517さん
ビール片手に 五右衛門802さん
たーくん'sシネマカ… たーくん.さん
巴里雀のつぶやき 巴里雀さん
2021.07.31
XML
カテゴリ:雑感
以前もリモート会議というのはあったのだが、コロナ禍でZOOMによるリモート会議がすっかり定着してきた感がある。
そこでコロナ禍が終息してもリモートは活用すべきだという意見も出てくる。確かに地理的に離れていても会議に参加できるというのは大きなメリットだと思う。
一方で集まることによって得るものは多いという意見もある。確かに雑談などから大切なことを知ったという経験は少なくない。
おそらくコロナ後には会議の性格や地理的な条件によって使いわけることになるのだろう。

ところで現状のリモート会議は旧来のものをそのままリモートで行なっていることが多いように思う。人数が多くなく、ある程度気心が知れた関係ならそれで構わないとも思うのだが、閉鎖空間で集中せざるを得ない状況で行われる会議とリモート会議ではやはり条件が違う。映像作品に例えると、閉鎖空間である映画館向けと家庭のテレビ向けでは違うものになるはずである。
時間の短縮、議題の整理など検討すべきことが多いと思う。






最終更新日  2021.07.31 21:36:52
コメント(0) | コメントを書く
[雑感] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.