schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

ドイツ・サワーチェリーのクーヘン/ケーキ


サワーチェリーてんこ盛りのココアクーヘン。
ケーキ サワーチェリー.jpg
これは焼き上げたところです。


使うボール 2つ。
泡立て器
ゴムべら
焼き型 22センチ-26センチ
あればクッキングシートかベーキングペーパー。
竹串

材料

バター(室温)  250g
砂糖    180g
卵(室温) 4コ
---------------------------------------------------ここまでがA
小麦粉     250g
ココア      30g
ベーキングパウダー    1パック(500gの小麦粉用)
---------------------------------------------------ここまでがB
シェリー酒     50cc
ブランデー     50cc
---------------------------------------------------これらがC
アーモンドプードル     100g

サワーチェリーの瓶詰め   1瓶
---------------------------------------------------
好みで、ブラックチョコレート100g チャンク状に砕きます
時間のない人は、キスチョコをざらざらと加えても。
冬場はなぜかシナモンの香りが受けます。好みで小さじ1-2杯を加えてください。

作り方。

オーブンは180度に温めておきましょう(^^)。

最初のボールでバターを室温に戻し、
泡立て器で泡立てる。
白っぽくなってきたら、
砂糖を何回かに分けて加えながら、更にもったりするまで泡立てる。
このもったり感、重要でございます。

卵を黄身と白身に分けつつ、(白身は別のボールに入れてね)
黄身だけを
一つ加えては泡立て、一つ加えてはまた泡立て、を繰り返す。

いっぺんに加えると、油と分離する可能性があります。
舌触りが今ひとつになっちゃうから、お気をつけ下されませ。

ここまでがA.

Bをあわせておきましょう。粉篩いに入れて、しゃかしゃか。
篩うのは一回で大丈夫。
Aに、Bを篩い入れます。3-4回に分けて入れてね。
シナモンを入れたい人は、ここで一緒に入れます。
1/3-1/4を篩い入れたら、
さっくりさっくり、切るように混ぜます。
そしてこれを3-4回繰り返し。
最後の方は、粉っぽくて切るように混ぜるのが大変ですが、
がんばって。
お酒(C)を入れます。お酒は、別のものでも違った香りが楽しめます。

更に切るように混ぜます。
ちょっと楽になったかな。

アーモンドプードルを入れて、また切るように(笑)
力がいりますが、がんばって。
練らないようにお気をつけ下さいマシ。
チョコを入れたい人は、ここで一緒にさっくりと混ぜます。

さて、型の準備はいいですか?

私はいつも、ベーキングペーパーを大きめに切って、
底と周囲を覆うように敷きます。
あとで取り出すのも持ち運ぶのも便利なの。

型も準備OKなら、

最後に卵白の泡立て。
ボールや泡立て器に油分が付いていたりすると
うまく泡立ちませんので、良く洗っておいてね。

固く固く。
機械式の泡立て器なら、
最初はロースピードでゆっくりと、ほぐすように。
ほぐれたら、
がーーーーーーーっとハイスピードで泡立てましょう。
ちょっとお砂糖を加えて
(適当でいいです。 といっても量が気になるひとに> 20-40g。
2回くらいに分けて入れられるともっと良し。)

ちなみにこのお砂糖は、分量のお砂糖と別です。
分量のお砂糖は、最初からちょっと少な目にしてあるので大丈夫.

角が立ったら、
もう一度、ゆっくりのスピードで
くるりと一回り。
泡を落ち着かせるのん。

最後に生地に混ぜ込み。
2回くらいに分けて混ぜ込みましょう。
泡を潰さないよう、切るように切るように、さっくり、さっくり。

混ぜたら、
シートの敷いてある型に入れます。
最後にサワーチェリーをひと瓶(水気は切っておいてね)、
生地の上に振り分けて。

180度に温めてあったオーブンで、
50分くらい焼きましょう。

途中で焦げ目が付いたら、
アルミフォイルなどでカバーしてね。

乾いた竹串を刺して、何も付いてこなかったら焼き上がり。

これはちょっと乾いた感じのケーキに上がります。
だから、生クリームをホイップして脇に添えるといいかも。

こちらの人は、
クーヘンには生クリームのホイップしたものを添えて食べるのが本式!
という感覚のようです。
ただし、クリームを脇に添えるか、
ケーキの上にぽん!と載せるかは、各人の好み。

脇に添えると、何か気取った感じがするよね~
というひともいれば、
上に載っけちゃったら、
元のクーヘンの味が良く分かんないじゃないかぁ
という人もいて、

いとをかし(笑)

美味しいお茶やコーヒーで、
いただきまぁす(^^)。




♪ノルトライン・ウェストファーレン州にお住まいのはっちゃんさんが このレシピを試して下さいました。
hacchan's diaryにて、美味しそうな写真とコメントがご覧頂けます(^^)。
















© Rakuten Group, Inc.