schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

玉ネギケーキ ドイツ ツヴィーベルクーヘン

シュヴァーベン地方のタマネギケーキ
Schw?bischer Zwiebelkuchen

ドイツ風にいうと、
シュヴェービッシャー ツヴィーベルクーヘン



今回、天板一枚用です。
丸型に作ってもいいんですけど、
そうすると2個分くらいになるかな。

材料

イースト生地用: 生温かい牛乳 125ml(8分の1リットル)材料
        バター    30g
        卵       1個
        塩      茶さじ4分の1
        小麦粉    250g

生地の上に載せて焼くフィリング用:

生ハム
 (おばさんはふつうのハムを使っていた) 200g
タマネギ                   800g
卵                      3 個
生クリーム                  8分の1 リットル(125ml)


これは、ドイツでは、だいたいプラスチック容器入りの半分なの。
ただし、ドイツの生クリームは日本のものに比べて
脂肪分が少ないです。だから、日本のものを使うときは
脂肪分少なめのものを使うか、量を減らして、ちょっとサワークリームを増やしても。

Cr?me Fr?iche(クレーメ・フレッシュ)     大さじ 3

あ、こっちの方が手に入りづらいですわ。
フランス版サワークリーム。おいしいですが、脂肪分はふつうのサワークリームよりも多いです。

ないときどうするか。
ナチュラルヨーグルトだとあまりにも脂肪分が少ないかなぁ。
最近、日本にクヴァルクも売っていますよね。でもお値段高いですね。
やっぱりヨーグルトかな。
それに、生クリームを混ぜる。


友達のおばさんは、SCHMAND シュマントと呼ばれる、
バイエルンからオーストリアにかけて広まっているサワークリームを使いました。
こちらの方が、ふつうのサワークリームよりなめらかなの。

      塩          少々
         挽きたてのコショウ
         クミン          大さじ1
         パセリ          大さじ1 


後、必要なものは、生地を広げるときに使う小麦粉と天板にひく油。


ここまで書いたところで、疲れちゃったので、
また改めて。
















© Rakuten Group, Inc.