schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

ドイツケーキの素朴さはどこから来たのか

ドイツケーキ文化論

ドイツケーキの素朴さはどこから来たんだろう。

ドイツでは素朴なケーキが有名です。これはほんと。

更に、

クリームなどで飾り付けをする前に、焼く段階で

基本の材料のみならず

いろんなものを入れて、生地自体がどっしりと、リッチだったりする。

これの元はどこにあるのかというと、

ドイツでは元々家庭でケーキがよく焼かれてきたからだと。

結構そう思われてる方が多いんですが、

これは、実際には、正しいとはいえません。

ドイツでも、高級な菓子作りは元々、職人のお仕事でした。

ただ、一つ謎があって、

ドイツでは、特に地方においては「パン焼き小屋」というのがあり

ここで週に1回とか2週に1回とか

パンを焼いていたわけですね。

パンを焼いているその脇で、

例えば余った生地を伸ばして、

パン焼き小屋のかまどがゆるーく暖かな状態になったところで

季節の果物をぽんぽんぽんと載せて焼く、

そういうことは、行われていたらしい。

歴史的には、これを「上流階級からの伝播」とみるのが

Wiegelmann大先生の論。

ただ、どこもそうかというと、どうなんだろう。

ここは、個人的には謎だと思います。

全てが上層階級からの伝播とは言えないのではないだろうか。

それともやっぱり、富裕農民が都市上層階級とやりとりして、

そんな風になったのだろうか。























© Rakuten Group, Inc.