schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

フリーページ

ケーキ趣味人のレシピ+仕事人のつぶやき


Kuchen1 しっとりケーキの秘密。 


日本ケーキは、ドイツトルテになるのだ


ドイツ人の知らないバウムクーヘン(仮)


ドイツ 地域の菓子 ムッチェルンMutscheln


ドイツ カフェ ケーキ1 黒い森の桜桃トルテ  


コーヒータイムはどこから来たか(ドイツ編)


ドイツケーキ: 元は母さんのケーキじゃない


手作ケーキ教室に怒るドイツパン菓子職人ら


シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(2)


ドイツケーキ・クーヘン・トルテ等レシピ


ドイツ パインとココアクーヘン(ケーキ)


ドイツ・サワーチェリーのクーヘン/ケーキ


クロカンブッシュschatzky☆風


小麦粉を入れないチョコレートケーキ


ほんとにうんまいバナナケーキ/クーヘン


旨うま! ドイツ 赤ワイン ケーキ/クーヘン


玉ネギケーキ ドイツ ツヴィーベルクーヘン


ドイツ流イーストケーキを作る! 人は減った


プラムケーキ 工事中


ドイツにも赤ワインはあるのだ。


トロリンガー 飲み易い南ドイツの赤ワイン


赤でも白でもドイツワイン


アイスワイン (Eiswein)


学生のあれこれ


ドイツの学生団体


Alternative-アルタナティヴェ


ドイツの奨学金と大学にかかるお金


ドイツの大学院生は、学生じゃないの?


ドイツ(海外) 寮生活の利点と難点


ドイツ学生ビザについて


ドイツでごはんごはん!


トロリンガーに合う魚料理1 スズキ


ドイツ情報 -文化・社会・現代- ネタ


ドイツの鉄道でワイヤレスランを使う2006


キルトの下の大切なもの(性的表現注意)


ドイツお茶と菓子ケーキクーヘントルテ文化


ドイツ・カフェのケーキ・トルテ・クーヘン


ドイツケーキ(トルテ・クーヘン)は甘いか


ドイツケーキの大きさと横倒しサーブの意味


ドイツで冷凍するケーキ&クーヘン(保存編)


ドイツケーキの特徴 旬の材料を生かす


ケーキ文化論 春のトルテを使って実践


ドイツのケーキ文化 アイアークーヘン (0)


独ケーキ文化 アイアークーヘンは卵ケーキ1


独菓子文化アイアークーヘン卵オムレツの謎


ドイツ菓子ベルリーナーとアイアークーヘン


ドイツケーキの素朴さはどこから来たのか


ドイツでは買ったケーキを客には出せぬ。


ほんとに旨い!ドイツバナナケーキ/クーヘン


旨うま! ドイツ 赤ワイン・ケーキ/クーヘン


笹樹さんの生卵抜きの赤ワインケーキ


ドイツケーキ 香辛料たっぷりクーヘン


ドイツ・香辛料ケーキ ゲヴュルツクーヘン


生姜&ライムのびっくり2層アーモンドケーキ


ドイツケーキの生地 deutscher Kuchenteig


ドイツケーキ要生地R?hrteig混ぜ混ぜ生地


ドイツケーキ伝統 イースト生地 Hefeteig


独菓子の下敷 ミュルベタイク クッキー生地


ドイツケーキ レベルアップ ビスキュイ生地


ドイツケーキ ビスキュイ応用 ウィーン生地


ドイツ菓子 シュー生地のブラントタイク


ドイツケーキの生地 その外 メレンゲ等


ドイツケーキR?hrteigのクーヘンレシピ


ドイツケーキ基本沈みリンゴのクーヘン


ミュルベタイク M?rbeteigで作るケーキ


シュトロイゼルクーヘン ドイツのそぼろ?





工事中



ドイツの野菜と果物


おいしいルバーブ、成分、食べるときの注意


ラバーバー ルバーブと蕗とアンジェリカ


ドイツで見聞きしたパン・ごはんのこと


製菓製パン先生のスイスパン


ドイツケーキに関わるものの歴史 砂糖


砂糖とケーキ、ドイツでも切り離せない歴史


ドイツでも砂糖は権力象徴、ケーキ菓子は


ドイツで砂糖が庶民化するまで


ドイツにおける砂糖の発展 補足 モスト考


ドイツケーキに関わるものの歴史 オーブン


ドイツケーキ ベーキングパウダーの歴史


ブログ用覚え書き


ドイツの滞在許可/ビザについて


ビザ/滞在許可取得と延長で気をつけること


ドイツ学生ビザ1 ドイツ法条文と日本語訳


ドイツ学生ビザ2 所得.保険などの滞在要件


ドイツ学生ビザ3 学生のアルバイト条件


2009年08月06日
XML
カテゴリ:研究と大学


お友達の恩師がドイツ語の本を出版なさったと、見せてもらって、

なんて本だ。

と思いました。 

須澤通、井出 万秀著:ドイツ語史―社会・文化・メディアを背景として

すごい本ノートです。

私ごときがいうのも何ですが。

これだけの本を書かれるのは、並大抵のことではない。

そして、これは、
ドイツ(語/文化)を学ぶ多くの人に、とても役に立つ本です。
一人でも多くの人に知って欲しい。

そういうわけで、滅多にしないことですが、
お友達のブログから引っ張らせていただきました。

彼女-黒い森の白いくまさんの、この本によせる想いはこちらからどうぞ。
読み応え、たっぷりです。

さて、本について。

この本は、ドイツ語の発達史を学びながら、

ドイツ史を、ドイツの文化を、ドイツの社会とメディアとひとの関わりを学べる。

それも、全体を俯瞰して。

そして、全体をつなぐ、一本の糸の役割を果たしているのが、ドイツ語です。

ドイツ語という言葉を軸に、ドイツを学べる本といってもいいでしょう。

(これは、文化学研究者としての視点からです。ドイツ語専門のかたはご不満かも)

 

私からみたら、こんなありがたい本はありません。

くまさんが書いているけど、

この半世紀、ドイツ語史をまとめた本は、でてこなかったとか。

私も、そんな本にお目にかかった覚えはありません。

そして、この本のすごいところは、ドイツ語という一つの視点から
いろいろな分野をとりまとめてドイツ社会文化史が語られていることです。

一冊で全体を見渡すことができる本というのは、ドイツ語史でなくても、

なかなかないものです。

逆に、あったらとても楽。とてもありがたい。

その一冊をひもとけば、要点がサッと掴める。知りたいところがぱっと引ける。

何か、疑問があったら、その点を確かめることができる。

初学者には少し、近づきがたい本かもしれませんが、
それでも、ちょっと気が引けても、とにかく手にとって一節を読んでみてください。

大切なことを、要点を押さえてまとめてくださっています。

いっぺんに全部を読み通すのは、大変な本です。

でも、手元に置いて、繰り返し、少しずつ読んだらとてもためになる本です。

 

大学での研究の半分から三分の2は、資料集めであると
修士時代の恩師に言われたことがあります。

あるテーマについて一貫した資料を最初から最後まで揃えることは

それほど、面倒くさくて難しいものです。

資料が集まらなければ、研究はできない。

どんなにテーマがおもしろくても、だめなのです。

一方、概説史というのは、ときとして散漫、もしくは平坦になりがちで、
学ぶものとしては、時々どこにポイントを置いたらいいかがわからなくなってしまう。

そんなときに、何でもいいから一つ、視点を定めて物事を追っていくと、
見違えるようにつかみ取りやすく、わかりやすくなったりします。

この本は、その視点をドイツ語という言葉に置いています。

その裾野の広さを考えたら、この著者の方々はどうやってこれを成し遂げたのだろうと
うなり声しか出てきません。

それはさておき。

言葉と文化は、切っても切り離せないもの。

言語だけ学んでいても、それは役には立ちません。
言葉の本質は、背景の文化を知らなければ、本当に理解はできないでしょう。

そういう意味で、この本は正統派の本です。

ドイツ語を学ぶなら、是非読んで欲しい。

そして、ドイツを知りたい、学びたい人には、
ドイツ語という一本の筋を通して、
系統立てて学びやすい、とてもありがたい本です。

全部を読み通すのは、なかなか容易ではありませんが、
ドイツ語を学びたい人、
ドイツの社会文化史を学びたい人に是非お薦めしたい一冊です。

 







最終更新日  2009年08月07日 07時48分38秒
コメント(2) | コメントを書く
[研究と大学] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


schatzky☆

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

サイド自由欄

設定されていません。

ニューストピックス

お気に入りブログ

Antes de nuevo inic… convientoさん

ピアノのレッスン カシオパイアさん

Welcome to Ichiro’s… Ichiro_Kishimiさん
Der Loewenzahn(たん… G-panさん
遺伝子は、癒し系 まゆら将軍さん
銀河の虹-青鷲の日記- nako-青鷲せいじゅさん
酔眼教師の乱雑日記 学者犬さん
ミュンヘンらいぶら… ブゥちゃんさん
あやしいふるほんや… はるる!さん
風鈴のページ  風鈴2525さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.