schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

フリーページ

ケーキ趣味人のレシピ+仕事人のつぶやき


Kuchen1 しっとりケーキの秘密。 


日本ケーキは、ドイツトルテになるのだ


ドイツ人の知らないバウムクーヘン(仮)


ドイツ 地域の菓子 ムッチェルンMutscheln


ドイツ カフェ ケーキ1 黒い森の桜桃トルテ  


コーヒータイムはどこから来たか(ドイツ編)


ドイツケーキ: 元は母さんのケーキじゃない


手作ケーキ教室に怒るドイツパン菓子職人ら


シュヴァルツヴェルダーキルシュトルテ(2)


ドイツケーキ・クーヘン・トルテ等レシピ


ドイツ パインとココアクーヘン(ケーキ)


ドイツ・サワーチェリーのクーヘン/ケーキ


クロカンブッシュschatzky☆風


小麦粉を入れないチョコレートケーキ


ほんとにうんまいバナナケーキ/クーヘン


旨うま! ドイツ 赤ワイン ケーキ/クーヘン


玉ネギケーキ ドイツ ツヴィーベルクーヘン


ドイツ流イーストケーキを作る! 人は減った


プラムケーキ 工事中


ドイツにも赤ワインはあるのだ。


トロリンガー 飲み易い南ドイツの赤ワイン


赤でも白でもドイツワイン


アイスワイン (Eiswein)


学生のあれこれ


ドイツの学生団体


Alternative-アルタナティヴェ


ドイツの奨学金と大学にかかるお金


ドイツの大学院生は、学生じゃないの?


ドイツ(海外) 寮生活の利点と難点


ドイツ学生ビザについて


ドイツでごはんごはん!


トロリンガーに合う魚料理1 スズキ


ドイツ情報 -文化・社会・現代- ネタ


ドイツの鉄道でワイヤレスランを使う2006


キルトの下の大切なもの(性的表現注意)


ドイツお茶と菓子ケーキクーヘントルテ文化


ドイツ・カフェのケーキ・トルテ・クーヘン


ドイツケーキ(トルテ・クーヘン)は甘いか


ドイツケーキの大きさと横倒しサーブの意味


ドイツで冷凍するケーキ&クーヘン(保存編)


ドイツケーキの特徴 旬の材料を生かす


ケーキ文化論 春のトルテを使って実践


ドイツのケーキ文化 アイアークーヘン (0)


独ケーキ文化 アイアークーヘンは卵ケーキ1


独菓子文化アイアークーヘン卵オムレツの謎


ドイツ菓子ベルリーナーとアイアークーヘン


ドイツケーキの素朴さはどこから来たのか


ドイツでは買ったケーキを客には出せぬ。


ほんとに旨い!ドイツバナナケーキ/クーヘン


旨うま! ドイツ 赤ワイン・ケーキ/クーヘン


笹樹さんの生卵抜きの赤ワインケーキ


ドイツケーキ 香辛料たっぷりクーヘン


ドイツ・香辛料ケーキ ゲヴュルツクーヘン


生姜&ライムのびっくり2層アーモンドケーキ


ドイツケーキの生地 deutscher Kuchenteig


ドイツケーキ要生地R?hrteig混ぜ混ぜ生地


ドイツケーキ伝統 イースト生地 Hefeteig


独菓子の下敷 ミュルベタイク クッキー生地


ドイツケーキ レベルアップ ビスキュイ生地


ドイツケーキ ビスキュイ応用 ウィーン生地


ドイツ菓子 シュー生地のブラントタイク


ドイツケーキの生地 その外 メレンゲ等


ドイツケーキR?hrteigのクーヘンレシピ


ドイツケーキ基本沈みリンゴのクーヘン


ミュルベタイク M?rbeteigで作るケーキ


シュトロイゼルクーヘン ドイツのそぼろ?





工事中



ドイツの野菜と果物


おいしいルバーブ、成分、食べるときの注意


ラバーバー ルバーブと蕗とアンジェリカ


ドイツで見聞きしたパン・ごはんのこと


製菓製パン先生のスイスパン


ドイツケーキに関わるものの歴史 砂糖


砂糖とケーキ、ドイツでも切り離せない歴史


ドイツでも砂糖は権力象徴、ケーキ菓子は


ドイツで砂糖が庶民化するまで


ドイツにおける砂糖の発展 補足 モスト考


ドイツケーキに関わるものの歴史 オーブン


ドイツケーキ ベーキングパウダーの歴史


ブログ用覚え書き


ドイツの滞在許可/ビザについて


ビザ/滞在許可取得と延長で気をつけること


ドイツ学生ビザ1 ドイツ法条文と日本語訳


ドイツ学生ビザ2 所得.保険などの滞在要件


ドイツ学生ビザ3 学生のアルバイト条件


2012年08月09日
XML
いきなり旅に出た。

しばらく前から招待されていたが、どうも踏み切れず。
とても魅力的だがどうにも遠い。900キロメートル以上は離れているのだ。

そもそも900キロメートル離れるという距離感が良く分からない。
日本で900キロメートルというと名古屋から札幌くらいになるんだろうか。
私は東京にいたので、そこから広島辺りまでなのか、九州までいけるのか。
それにしても遠い。

ドイツはどちらかと言えば縦に長い。とは行っても日本とは比べ物にならない。全長(?)は多分、良いところで1200キロメートルといったところだろう。

私は南西部に住んでいる。ここから900キロメートルも南に下ればローマである。
ついでに、西へ700キロメートルほど横移動すればパリにつける。

そして私が招待されたのは北の島。そう、島である。

ドイツにも島はある。最も有名なのはドイツ最北のSyltズィルトという島。
他の島と一緒にノルウェー国境の北海に浮かんでいる。
お金持ちが遊びに良くいく島で、Syltズィルトに行くというと
「ほえ~優雅だねぇ」という反応が帰ってくる。
このズィルト島と一緒に群をなしている島がいくつかあり、
観光客が休暇を過ごすのは大抵Amrumアムルムという島かFöhrフューアという島になる。

ちなみに東へ行くと、Rügenという島がある。
こちらもいいところ。
最近はがけが崩れて女の子が生き埋めになり、
経済的な状況も含めた保全と観光の難しさが改めて議論された。

ドイツ人は休暇というと大抵南に向かう。
でも、ドイツで海に行きたいといったら北だ。
海を見るのは何年ぶりだろう。
2006年にフューアへ行って以来かもしれない。

家を何日も空けること。
経済的なこと。
仕事のこと。
色々考えて、行きたいけどそんなにお金もないし。と思っていた。
900kmを移動するにはそれなりにお金がかかる。
あまり貧乏を強調したくはないが、稼ぎが少ないのは事実。
旅行するような高揚した気分でもない。
招いてくれた、デュッセルドルフでお世話になった知人というかお友達というか
もう75歳になるのだがとても元気な彼女は
「私のほかに私の娘親子が3人泊まってるけど部屋は一つ余ってる。
来るなら交通費だけ考えれば良いよ」といってくれた。
うーん。
でも踏ん切りがつかなかった。もう長いことそんな旅行をしたことはない。

でも、北の島は素敵だ。

しばらくしたころ、テレビでアザラシを見た。砂地に転がるアザラシたち。
うーん、みたい。私は海の生き物が好きなのだ。
いや、アムルムでアザラシが見られるわけではないが。砂丘は見られる。
島に向かう船に乗ればくらげが一杯浮いている。運がいいと、鯨が潮を吹いているのがわかる。

調べてみた。
おお、朝8時前に出て夜8時過ぎに到着か。
すごいなー。

行ってもいいかな。

ちょびっとだけ、思った。

でも、行かないで終わっちゃうかな。
2週間くらいそう思っていた。

役所に税額査定通知書を出しに行って、
行こうかな…という気が少しずつ、ほんの少しずつわいて来た。
すっぱりさっぱり今出来ることはやったしとどこかで思ったからかもしれない。

でも、すっぱりチケットを買ったり日にちを決めたりは出来ず、
この日くらいがいいかな…と思いながらも後戻りが出来るよう、
ギリギリまでチケットも買わず、迷っていた。

そして昨日、とうとうバーンカードを買い、
朝が早いことを考えてチケットも買い求め。

なんだかんだで結局ほぼ徹夜で片付け、
早朝にしばらく持ったこともない大量の荷物を背負い、また引きずり、
ぜーはーいいながら結局ギリギリの時間に駅まで歩き、
うわー、やっぱり間に合わないよ…と思った電車に間に合って、
おそらくゾンビみたいな顔で電車に乗り、
一時間ばかり。
シュトゥットガルトで乗り換えてから5時間。
そろそろハンブルクに着く。

旅はまだ、半分。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ






最終更新日  2012年08月15日 08時20分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[(南西)ドイツの風物詩・旅路・風俗] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


schatzky☆

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2021年12月
2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月

サイド自由欄

設定されていません。

ニューストピックス

お気に入りブログ

マイ「羽ばたき」完… convientoさん

Welcome to Ichiro’s… Ichiro_Kishimiさん
Der Loewenzahn(たん… G-panさん
遺伝子は、癒し系 まゆら将軍さん
銀河の虹-青鷲の日記- nako-青鷲せいじゅさん
酔眼教師の乱雑日記 学者犬さん
ミュンヘンらいぶら… ブゥちゃんさん
あやしいふるほんや… はるる!さん
風鈴のページ  風鈴2525さん
のんびりフランス滞… saltshunさん

© Rakuten Group, Inc.