schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

ドイツ ケーキ Kuchen文化 クーヘン 実践

2009年08月02日
XML

シュトロイゼルツヴェッチュケンクーヘン、第三回(今回、引っ張りますコーヒー)。

ドイツの素朴な焼きっぱなしケーキケーキ(←これは絵柄が違うけど)

その代表格ともいえるプラムの天板ケーキ、今回でできあがり。

前回までで、シュトロイゼルを作りました。

次にプラムの処理。

天板一枚に使うプラムはおよそ1キロから1.5キロ。

洗って水気を取ったプラムを二つ割りか四つ割りにします。種はそのとき、とります。

 

さて、プラムの下準備が終わったら、冷蔵庫から出しておいた生地をのばします。

 

麺棒でのばしてもいいし、手でぐいぐい押してのばしてもいいし。

麺棒や、ワインのビンなどを使うのが楽ですけど。

生地に打ち粉をして、麺棒以外のビンなどを使うときは、

サランラップを生地の上にかけて、その上からのばすと、

ラベルなどが気にならなくていいでしょう。

生地の薄さはお好みで。私は3-5ミリくらいにのばします。

かなり薄めですけど、これだとぱくぱく食べられます。

 

生地をのばすとき、最初から天板の上でのばしてもいいし、

別のところで伸ばして、ベーキングシートを敷いた天板に載せるという手もあります。

ベーキングシートはなくても、ちょっと天板を洗うのが面倒なだけです。

 

のばした生地の上にプラムを並べます。

プラムが二つ割りのときは、

何十個と並んだプラムのくぼみにお酒を染ませた角砂糖を載せて焼くという手も。

でも焼き上がると、砂糖は溶けてしまっていることが多いので、

単にプラムを載せて焼いただけに見えます。

こういうのは、焼き上がりはどうってことない感じなのに一手間がかかっている、

職人のケーキというか何というか。

 

プラムを並べ終わったら、その上にシュトロイゼルを振りかけます。

好きな人はプラムが見えなくなるくらい載せてもいいし、

そうでなければ、だいたい上記の3分の2くらいの量を

天板一枚に広げるくらいの気持ちで載せればいいかと思います。

 

このシュトロイゼルが、プラムの酸っぱさを和らげて、丁度いい感じにしてくれます。

甘いのが好きな人は、シュトロイゼルを多めにしても。

 

焼き時間は30分くらい。

天板で焼くシュトロイゼルの果物ケーキは、焼く時間も短めで、暑い夏には向いています。

シュトロイゼルに軽く焼き色がついてきたら、焼き上がりです。

シュトロイゼルの色がお好みの濃さよりほんの少し淡い色になったら、

オーブンのスイッチを切ってください。

 

そんなんじゃ、わからね―!(笑どくろ)という方は、

30分経ったらスイッチを切ってかまわないです()

 

ちょっと冷めてからの方が、甘みがしっかり感じられます。

好きな大きさに切って、どうぞ。

果物のコンポートを添えても、おいしい。

 

 







最終更新日  2009年08月06日 07時04分13秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年08月01日

 さて、シュトロイゼルプラムクーヘンの作り方。

 

必要な器具は、

ボール2-4個(いちいち洗うのが苦でない人は一つでも大丈夫)

包丁(ペティナイフでも)、麺棒(もしくはワインのビンなど、代わりになるもの)、

シリコンシートがあると、生地をこねたりのばしたりする台を汚さなくて済むので便利。

ベーキングシート、計量器具(秤かカップ)

材料は 天板1-1.5枚分で

シュトロイゼル

小麦粉  350g、

砂糖    200g、

バター   200g

 

この量を作って、半分だけとって、残りは冷凍しておいてもいいし、

最初から量を少なめに作っても。その場合、半量は、大まかでも大丈夫。

でも、大きく配分を変えたりはしないでね。

 

プラム 天板1枚分に 1キロ-1.5キロ

 

台になるミュルベタイク(クッキー生地)については、

独菓子の下敷 ミュルベタイク クッキー生地を参照してください。

 

オーブンは180-200度にあたためます。熱風のオーブンは160-180度で。

 

冷蔵庫に寝かせておいた生地は、作業しやすいように、外に出して少し柔らかくしておきます。

先にシュトロイゼルを作ります。

基本の量は、小麦粉350g、バター200g、砂糖200g

このくらいあると、天板に1枚から1枚半分。
すべてを半量とか
3分の1ずつくらい作ってもいいし、
余ったら冷凍庫に放り込んでおけます。

シュトロイゼルを作るときは、バターはがちがちに固いままで。

ボールに小麦粉をふるい、砂糖を入れます。

そこに、バターを一かけずつ、なるべく小さくして入れます。

私はだいたい、包丁で0.5センチ幅くらいの拍子木にすることが多いです。

面倒になってくると、拍子木にしないで板チョコみたいな感じのまま投入。

後は冷たくした指で、小麦粉や砂糖にまみれたバターをすりつぶします。

できるだけバターに指が直接触れないようにするつもりで、小麦粉や砂糖を指とバターにまぶしながらすりつぶします。

最後にはどうしたってバターは指につくんですけど、
だからバターが指に触れても別にかまわないんですけど、
肝心なのはバターと小麦粉と砂糖がよく混ざること
ピンクハートなので、
私はそうやって三つの材料を混ぜています。

 

すりすり、すりすりと、指同士をすりあわせるように。

指の間で、バターと小麦粉、砂糖が一体になっていきます。

最初はぼそぼそ、ぽろぽろ。

長いこと練り続けると、大きな塊ができます。
天候がいいときには、バターがゆるむせいで塊も大きくなりやすい。

更に遊び続けていると、何かの加減か、また細かくなります。

シュトロイゼルが細かい方が好きな人は
アーモンドプードルを加えると細かくなります。

子供は大きいかけらが載っていると、割と喜びますね。

さて、3に続く~。







最終更新日  2009年08月06日 07時17分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月31日

シュトロイゼルプフラウメンクーヘン Streusel-pflaumen-kuchen
ドイツ語で3つ単語が並ぶ、長ったらしい名前のケーキ。
英語だとクランブルプラムケーキ。

別名、シュトロイゼル-ツヴェッチュケン-クーヘン。
Streuselzwetschgenkuchen。
沢山プラムがあるとき、作りたくなるケーキです。

先日、ミュルベタイク、クッキー生地の作り方を書きました。
今日はその生地を使って、プラムケーキ。
ちょっと長いので、3回に分けまする。

ドイツでは、濃い紫色のプラムは二種類に分かれます。
一つはまん丸、ボールに近い形のプフラウメ(ン)Pflaume(n)
もう一つは、ラグビーボールのような形のツヴェッチュケZwetschge。
お菓子によく使われるのは、ラグビーボール型の方です。
このラグビー型、地域によって呼び方が違っていて、
私の住んでいるところはツヴェッチュケ。
そのほかに、ツヴェッチュゲ(ン)、ツヴェッチェ(ン)、
綴りもZwetschge, Zwetsche、 Zwetschkeとバリエーションがあります。
このツヴェッチュケは、プラムの原種なのだそうです。
東の方へ行くと、アイアープフラウメ(ン)Eierpflaumenと呼ばれるそうで、
これは卵形のプラムという意味です。

昔もこんなことを書いたような。

最近、旧東独地域出身の学友に、
あなたのところではツヴェッチュケはなんていうの?といったら、
「たまごプフラウメ。」といってたので、その語感がかわいいなぁとおもいました。

プラムケーキには、リンゴケーキと同じくらい、いろんなバリエーションがあります。
たとえば、プラムだけの、上に何も載せないケーキは、
少し甘めに砂糖を加えた生クリームを添えると、
酸っぱさが生クリームの甘さで調和されておいしいです。

プラムだけの場合は、
二つ割りにしたプラムの上にブラウンシュガーの角砂糖を載せて焼く
などということもできます。

上にシュトロイゼル(クランブル)を載せて焼くなら甘さも十分。
生クリームがなくても十分においしい。

私が先日作ったのは、シュトロイゼルを載せるバージョン。
というわけで、今日はシュトロイゼルのバージョンを。

2に続く。







最終更新日  2009年08月06日 07時08分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年07月29日
簡単だ―。

の、天板ケーキのもと生地。

底の抜けるスプリングフォームでも、ピザ用の丸版でも大丈夫。

余ったら、生地は冷凍できまする。

ミュルベタイクというのは、日本でいうとクッキー生地かな。

ドイツ語でミュルベというのは、ほろほろ崩れる感じの柔らかさを指します。

辞書で引くと、柔らかいとかかいてあるけど
単に柔らかいんじゃない。

リンゴが古くなると、柔らかくて、もろもろ、くしゃくしゃした食感になるでしょう?
しゃりしゃり・・・とはちょっと違う、柔らかいけどなめらかじゃない。
まとまっていた個体が、ほろほろ崩れる感じとでもいうかなぁ。
あれが、ミュルベのひとつの感触です。

そして、ミュルベタイク、クッキー生地は
バターが増えれば増えるほど、この「ミュルベ感」が増していきます。

クッキー特有の、ほろほろ、さくさく感が増すってことですね。

さて、配合です。
黄金(基本)の配合といわれているものがあり、
砂糖:バター:小麦粉の割合が、1:2:3です.
砂糖が1としたら、バターは砂糖の2倍、小麦粉は3倍。

クッキー生地にはベーキングパウダーは入りません。
だけど、これを入れ慣れている人は、どうしても、爪の先ほど入れてしまう。
入れたら、気持ち、ふくらむんですけどね。
がちがちになるのを防いでくれるという方が近いのかな。

でもこの生地は、
ベーキングパウダーのふくらみ方で生地に空気を含ませようとしていない。
だから、本当は、いらないんです。そういうふくらみを持たないのが当たり前。

同じ空気を含むのでも、
ほろほろと崩れるような、さくさくと食べやすい柔らかさ。

そんな焼き上がりの生地です。

砂糖・バター・小麦粉の配合生地でも、
キッシュみたいな塩味生地に使われることがあります。
そのときの配合は、また改めて。

さて、砂糖・バター・小麦粉以外の材料ですが、

時々、卵1個とか、卵黄3個とか、生クリームとかを入れるとかいてあります。
これらは、すべて、こねやすくするための補助剤だと
結構いろんな本に書いてあります。

ということは、そうなんでしょうね(笑)

私はだいたい、卵1個を使います。
ただ、ルバーブケーキなど、メレンゲなどに卵白を使うケーキでは
卵黄が余るので、それを入れています。
卵黄を入れると、ちょっと生地が締まるかなぁ。
でも、それは気のせいかも。
ルバーブケーキのミュルベ生地は、
たとえばここに書くプラムケーキの生地に比べてちょっとバターが少なめです。
だから、ちょっと堅めなのかもしれない。

さて、

砂糖100g
バター200g
小麦粉300g
卵1個

を使った生地は、
だいたい、天板で1枚半から2枚分になります。
直径26センチ型だと、下に敷くだけでなく、周りの壁もできる。

でも、日本で直径26センチ型を使うことは滅多にないですね。

これを、すべて、半量で作っても、大丈夫。
そのときは、卵は抜きでも。それか、卵黄だけを使ってみてください。
私はルバーブケーキを作るとき、卵黄だけを使っています。
卵1個を入れると、少し生地が柔らかくなりすぎたりするので。

代わりに生クリームを少しだけ入れたりして
こねやすさを追求してみてください。
ちょっとラム酒を入れてもいいです。
ただ、濃度の高いお酒を入れると、
なぜか焼き上がりの生地はどちらかというと堅めになります。

さて。
材料を量って、ボールに小麦粉はふるって、
バターはなるべく冷えて固いものを、できるだけ細かく刻んで入れます。

後はこねるだけ。
最初はもそもそしていますが、
次第になめらかになってきます。
指の間についたバターが、小麦粉とくっついてはがれて、
一つの生地にまとまっていくまで、こねるべし、こねるべし。
最初の方は、ばらばらでもそもその材料を手、もしくは専用ミキサーで
まとめるように、混ぜてはまとめ混ぜてはまとめ。
最後の方は、粘土を押してこねるように。

周りにぼそぼそ落ちていた粉がなくなってきて、
生地が一つにまとまって、表面がぴかぴかしてきたら、
涼しいところで寝かせてあげましょう。
普通は冷蔵庫に入れます。
できれば1時間以上。バターと砂糖と小麦粉がなじむまで。
時間がないときも、少なくとも30分はお願いします。

私は今回、生地だけ作って焼いている時間がなくなったので
一日寝かせておきました。

そして作ったのはプラムシュトロイゼルクーヘン。
それはまた、次の機会に。







最終更新日  2009年07月29日 17時56分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月30日

ドイツケーキで引き続き、楽しみましょう。

今日は再びフランクフルター・クランツFrankfurter Kranz。
多くの、より年配のドイツ人が、ドイツケーキの定番というケーキ。
ドイツ語のカテゴリーではトルテTorteに入ります。 

どうして年配の人がとか、そんなことを書いた日記はちなみにこちら。
フランクフルタークランツのことを書いた
日記。
そして前回のフランクフルタークランツ日記では、皆さんが体験感想コメントを下さっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、この日曜日は、少し離れたところに住んでいるお友達が旦那さんと会いに来てくれた。

部屋探しと大家とのストレスから少し逃避。 

ゆうこさんは、ドイツでパン職人の修行を重ね、マイスター試験に合格して、
マイスターとして働いてこられた方。

日本人でパン職人マイスター資格を持っている方は、ごくわずか。すごいことです。

そのゆうこさんと食べたケーキは、後日アップすることにして(済まぬ)、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

今日はフランクフルター・クランツFrankfurter Kranzの写真、
先日、一つしか載せている暇がなかったので、それも含めて再掲。

こちらはフランスのouistiti姉さんが遊びに来てくれたときに、カフェで食べたもの。
148-4806_IMG.JPG

バタークリームについては、前回既に説明しました。この三段に挟まったクリームと、
外側に塗ってあるクリーム、全てがバタークリーム。

ただし、家庭で作る場合は軽めにするために、
バタークリームとプティング、つまりカスタードクリームを半々くらいで混ぜたりします。
しかし、この小ささで、お腹が一杯で食べられなくなるほどのボリューム。

ぴかままさんによれば、彼女が食べたものはこれよりずっと大きかったらしい。

まあ、このお店のものは、どんなケーキにしても、「すごくでかい!」という大きさではない。
日本のものに比べれば標準以上の大きさといえるだろうが、
ドイツの中では普通から小さめだろう。

フランクフルター・クランツFrankfurter Kranz

フランクフルター・クランツFrankfurter Kranzの特徴の一つは、
背側についたこのクロカント。

これが、自分で作るとなると、結構面倒くさい。
それでも、ドイツのいわゆる「よくできた主婦」は、これを手作りするんだなぁ。

いわゆるよくできた主婦というのは、
伝統的なドイツ社会のモラルに乗っ取って模範的な、家事一般を得意とする既婚女性。
フランクフルター・クランツFrankfurter Kranz

クランツ型というのは、日本では王冠型とも訳されている。或いはエンゼルケーキ型。
ただ、日本のエンゼルケーキ型だと、結構真ん中の穴が小さい。

クロカントKrokantは、外側だけでなく、内側もたっぷりと丁寧に、がお約束。 

そういえば、クロカントは英語ではブリトルというらしいが、フランス語から来ているらしい。

刻んだナッツに、バターと砂糖をちょっと炒って色づけしたものをまぶすというか

作り方としては、バターを溶かして、そこに砂糖を加え、ほのかに色が付くまで待って、
そこに刻んだナッツ(こちらでは既にそれようの細かく刻まれたナッツを売っている)を加え、適当に混ぜる。

黄金色っぽく、美味しく色づいたところで火から下ろして、
油を引いたバットなどに広げて、冷やす。

まあ、大体固まるので、後で砕くんですけど。
ナッツは好みで様々。
安いのはヘーゼルナッツ。私は外のナッツに比べるとあまり好きではない。
次にポピュラーなのはアーモンド。

後、クルミでやったり、
ピーカンナッツ(ドイツ語ではペカン)という、平たい大きめのアーモンドみたいなナッツでやったり。

で、手作りのクロカントって人によって、とても味が違うんだ。

美味しいものはほんとに美味しいんだけどね。

ものによっては、・・・ごめんなさいというものもある。

食べるだけならいくらでも批評できるが、実際に作ると割と難しい。
レシピが信用できるもので(これ大事)
手間を惜しまないでゆっくり作れば、いつかは美味しくできると思うんだけど・・・。

まあ、最近全然作らない私がどうこう言っても失礼ですから(笑) 







最終更新日  2008年04月04日 09時33分16秒
コメント(11) | コメントを書く
2008年03月29日

久しぶりに、ドイツケーキをテーマにしてみました。
これから先しばらく、ドイツケーキのテーマは、お店で買うものが中心になります。

その代わり、写真が撮れたら写真をアップ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

南西ドイツはいきなり温かく、春の日差し。

ケーキの講演においでいただいて以来お世話になっているご夫婦のところで、

木曜日に、お茶とケーキをいただいた。

アイアーシェッケ。Eierscheckeと書く。


アイアーシェッケ

東ドイツの名物で、このあたりでは、知らない人もたくさんいる。

本当は、天板に大きく作って、切り分けるのだけれど、このお店では、丸型で焼いている。

このお店の経営者は、ドレスデンあたりのご出身らしい。
それで、ケーキも東ドイツ名物が混じるのね。

アイアーシェッケの特徴は、クヴァルクと呼ばれる、ほのかに酸味のあるフレッシュチーズ。

アイアーシェッケ 部分

写真で見ると、真ん中の層。
これが、まあ、チーズケーキのチーズみたいな感じで挟まっているのですが、
ちょっと黒っぽく見えるのは、レーズン。
普通のチーズケーキよりも軽い感じです。

台はクッキー生地。
上は、焼き上がりにアーモンドスライスを載せて、砂糖を振ってあるのね。

以前に書いたフランクフルタークランツFrankfurter Kranzと比べたら軽めの感じで、
大きさは2倍近くありますが、一切れ、食べきることができました。

でも、お腹一杯になってしまった。
お昼が少し遅めで、これは少し早めのお三時だったのです。

家が居心地がよくないだけに、

気のいい方々のところで、心から招かれているのだと思うと、ほっとします。

温かい気持ちに包まれて、久しぶりに、ほっとできた一時でした。







最終更新日  2008年03月30日 20時34分28秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年02月08日

穴埋め

先月に、パリからお友達が心配してきてくれた。

そのときに、カフェに行って、
そういえば、フランクフルター・クランツFrankfurter Kranzを
食べようと思って食べていなかったなと

注文したのでした。

バタークリームのね。

一切れは、こんな形です。


Frankfurter Kranz

以前に、フランクフルタークランツのことを書いたんだけど
写真がなかったので、お友達のカメラを借りて。

続きはまた後で。







最終更新日  2008年02月15日 21時49分02秒
コメント(9) | コメントを書く
2008年01月27日

穴埋め

日曜に、人に会える予定が入るとほっとする。

今日は、お友達二人とお茶を飲みに行く。

ケーキはドイツ風リンゴのシュトロイゼル。間にプティングが挟まっている。

日本風に言えば、カスタード。 

翻訳は一息。







最終更新日  2008年02月27日 06時55分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月17日

以前、黒い森のさくらんぼケーキというドイツのケーキについてちょろっと書いた。

ちなみに、ドイツ語ではSchwarzwaelder Kirschtorte。トルテというんですな。

しかし、ドイツ語のトルテは、日本で言う「ケーキ」とほぼ同義。 

こちらですが。

誰が作ったんだよーとか、そんな話。

生まれは旧首都のボンの一画、バード・ゴーデスベルクだとか、

いや、そこはヒントがあったところに過ぎないとか、

そして、

テュービンゲンやロイトリンゲンという町で生まれた可能性もあると言う歴史家もいる。

で、これまで調査した限りでは、

黒い森のサクランボケーキって、このあたりではとても有名。

更に、標準的な手作りケーキの本には必ず載っており。

ケーキ屋に行って、このケーキがないところは、滅多にお目にかからない。

これはこれまでで歩いた、西でのお話。

で、最近、

東ドイツでは、「シュヴァルツヴェルダー(黒い森)」なんていわねーよ」という声を耳にしたの。

面白い。

 シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテという種類そのものがないのか、
それとも、ニタヨウナモノはあるけど、そうは呼ばないのか、興味があります。

知ってる方、よろしかったら教えてください(ぴかままさんあたり、詳しそう)。

こちらでは、

黒い森のサクランボケーキのことを、単に「シュヴァルツヴェルダー(黒い森の)」としか言わない人も時々いる。

それで話が通じるのである。

そして、さくらんぼトルテという、黒い森のサクランボケーキの後半部分だけを言うと、

それは全然違うサクランボケーキになるんどす。

さて、地方によってこれが違うとすれば、面白い。

というのは、この黒い森のサクランボケーキは、
家庭でもお祝いの際に作られる傾向があり、

他方で、職人技としても有名なモノの一つ。

更に、最近では、冷凍メーカーも乗り出して、全国的に販売しているようでもあるんだけど・・・

ということはですね、

職人業で作られるものというのは、全国的に広まりやすいという傾向をもち、
更に、各種メディアや料理本も含めた活字力の宣伝力や、
全国的な菓子メーカー(手作りから冷凍品まで)の品揃えの伝播力も
いまではかなりすごいモノがあると思うんだけど

でも、東ではそういうこともないのかしら・・・。

情報を待つ。

そして、いろいろなところにお住まいの皆さん、そちらでの情報もお待ちしております(^^)







最終更新日  2007年11月21日 17時23分36秒
コメント(30) | コメントを書く
2007年09月29日

穴埋め。

この日は、優子さんに誘って頂いた、ドイツでパン・菓子職人修行をした人の集まりがあった。

村のパン焼き小屋で、パンやケーキを焼いて交流を図ろうというものだ。

パン焼き小屋でパンを焼く様子は、優子さんが紹介している。

普段はこんな感じ

論文が詰まっていたのだが、これだけは参加しようと以前から決めていて、
遊びに行ってきた。

職人さんは、やることがてきぱき、手早い。

その場では、ツヴィーベルクーヘン(タマネギケーキ)、ピザ、
果物を乗せた甘い平たいケーキ、プラムケーキやリンゴケーキ、

更に更に、なんと、あんこ入りのツオップフ、編み込みパンも作られた。

ドイツでは貴重なんです。あんこ。 

これが、あんこがねじり混まれて焼かれているので、アンが、所々カリカリに焼かれ、

また、香ばしい風味に。素晴らしい。

玉葱ケーキ、ツヴィーベルクーヘンは、アルザス風で。

フラムクーヘンと呼ばれるものに近いかな。

生地は、薄いピザのように、薄く薄くのばし、そこにサワークリームが基盤のソースを乗せ、

細切れにしたベーコンと、炒めた(炒めてあったかな?)玉葱を散らして焼くタイプ。

ツヴィーベルクーヘンとピザを焼いている間、私は 

SAWAKOさんに乗せてもらって、駅までトイレに行っていたので

20分位で帰ってきたらもう、玉葱ケーキのいい匂いとピザの素晴らしい色合いが。

優子さんに「どこにいってたの??」と聞かれてしまいました。

いや、だって、パン焼き小屋にはトイレは付いていないのよ・・・。

(想像はしてたんですけどね)。

村のパン焼き小屋は、いまはパンを焼くことだけが目的なのと、

更に、焼きに来るのは村の人なので、
トイレに行きたくなったら、普通は自分の家に帰ればいいのです。

美味しい美味しい。

そして、それまで寒くて雨だったのに、
天候も少し温かくなってくれて、いい一日。

そして、パン焼き小屋で焼いたパンですが、

これがすごいんだ。

私は、市販のライ麦パンは
結構ぽそぽそしてるし、酸っぱいしと、あまり好きではないのですが 

このパンは、しっとりしてるし、酸っぱくないし、美味しいの。

バターをちょっと塗っただけで、すごいごちそう。 

更に、2週間経っても、黴びない、乾かない。

美味しく美味しく食べられる。

これについてはどこかで改めて書くつもりですが、

昔の人は、パンを焼く日が決まっていて、2週間に一度という人もありました。

もちろん、経済状況とか地位とか、そんなのに左右されているので、
大金持ちは頻繁に焼かれたパンを食べていたと思います。

市民階級は、週に一度、二度という感じだったみたい(市民階級の幅は広い)。

でね、二週間もパンを取っておいたら、どんなにカチカチなんだろうと思ってたの。

いま、市販のパンを二週間、おいておいたら、とてもじゃないけど食べられない。

それが、このパンは、食べられたんです。もちろん、皮は固いけど、中はまだ、しっとり。

びっくりしました。

そうか、美味しくて日持ちがするパンて、あるんだ・・・。

目から鱗のパン体験でした。

もちろん、パンの材料に寄るので、
貧しい人のパンが二週間後にやっぱり美味しかった保証は、ないのですけれど。 







最終更新日  2007年10月25日 18時18分53秒
コメント(2) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.