schatzky☆ドイツ忘我と結実の境。

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

幸せになれますように

2012年07月08日
XML
近郊の日本人の友人が亡くなったと知らせが入った。

お見舞いにたずねたばかりだった。

人が逝くときは、
多分そんなに長くは…と思ってはいても、
それでも突然だと思う。

父が亡くなるときは、
まだまだ…もう少しは大丈夫だよね。と思っていた。
でも、その時期は考えていたよりずっと早かった。

病気や何かで弱っているというのは、
その限界は、時々本人でも分からないのだと思う。

かといって、経験から早いうちを考えたほうがいいよ…とは
家族にはとてもいいづらい。

自分だって、信じたいし、信じていた。
そしてあっけなく逝ってしまったのだから。

誰のことを思って誰のために言葉をかけるのかは、
とても難しい。






最終更新日  2012年08月04日 23時02分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年03月11日
もう一年、まだ一年。
三つのことを考えると、何とも言えない気持ちとしかいいようがありません。

ドイツの人が、「もうすぐ3月11日だね」と気にしてくれる度、
答えようのない気持ちが沸いてくる。

地震と、津波と、原発事故。

一つ一つのことを考えるのですら、何とも言えず…。

そうだね、といったきり、黙っていると、察してくれたのか、

話は違う方へ流れていく。

うん。

気にかけてくれる、それだけでもありがたいなぁと思います。
心ある人は、ドイツにも沢山います。

私は、自分が何かできるような人間ではなくて、
なかなか難しいなぁと思うのだけど

今もいろんなことにめげずに頑張っている人や、
これからの道のりのあまりの険しさにくじけそうになっている人が、
少しでも希望を持って、
ほんのちょっとでもほっと息のつけるときがあったらいいなぁと
心から願っています。

私ごとで恐縮ですが
いつも、泣きそうになっても、もう動けないなぁと思っても、
優しい友達や知人はあきらめずに「パンドラの箱の最後に残っていたものは」
といってくれます。

そういう人は、一人じゃないのです。
ドイツの人は、そうやって頑張るのかなぁ。と思ったりします。

希望でしょ、知ってるよ。
でも、希望もないモン。
と思っている自分もいました。
ほんとにどん底にいたら、そんなこといわれたって、どうしようもないのです。
だから、安易な慰めは口に出せないと、私は心の中で思います。

頑張って、とも言えない。
頑張って頑張って、これ以上どうしようもない、これ以上どう頑張れっていうの?
そんな気持ちにも、身に覚えがあります。

うん。そうだよね。
だから、私は人に「頑張って」と素直に言えない。

でも、この頃は、頑張っては「応援してるから」という気持ちだと、
そういう気持ちを受け取るようにしています。


それで。
こんなことを言うのはおこがましい気もするのです。だけど。
誰かに勇気が出たらいいなぁ、力がわいたらいいなぁと思って書きます。

今日で一年経った。
まだ、でも、もう、でも。とにかく、一年は過ぎました。

なんにも変わっていないようでも、365日、何かをしてきたあなたがいます。
とにかく、今日を迎えられたあなたがいます。

偉そうに聞こえたらごめんなさい。

でも。

一年前、11ヶ月前、10ヶ月前のことを思ったら、
それを乗り越えて今まで頑張ってきた自分がいる。

どうぞ、偉かった、頑張ったとほめてあげてください。
よく、ここまでこられたと、胸を張ってください。

そして少しでも、ちょっとでも、ほほえむことができるようになっていることを
心の底から祈ります。

そして、自分も、もう少し頑張ろうと思います。

いっぱいいっぱい、頑張ってきた人たちのこと、
もっと頑張って生きたかった人たちのことを思って。

勇気を出して、またちょっと、前に進もうと思うのです。

みんなが、それぞれ、幸せになれるといいなぁ。






最終更新日  2012年03月11日 22時55分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月09日
心優しい相手に出会って、
互いに相手を大切に思い、
命を分け合う子をみる友のまなざし。

そんなパートナーに会えて、
家族水入らず、

本当によかったね。

繰り返し、写真を見る度に思う。

いつまでも続いて欲しい、いろんな幸せの形。






最終更新日  2012年04月22日 00時25分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月17日

穴埋め

なんとか少しずつ距離を取って、考えないようにできかけていると思っていたことが

立ち現れてきてしまった。

なくしたものを目の当たりにするのはつらい。







最終更新日  2008年03月27日 19時30分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月05日

穴埋め

人によって支えは違うものだけれど。

この日、 あることを教えてくれた人があって、

それは、私の心をとても落ち着けたのだった。 







最終更新日  2008年03月25日 09時21分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月26日

おかしいと思っていたが、

弟が、母の許可が出たからと漸く教えてくれた。 

脳梗塞で入院加療中だそうだ。二週間位、血栓を溶かして脳圧を下げる薬を投与、

リハビリは既に開始して、ひとつき位入院らしい。

言語など、大丈夫なことについては述べてあったが、 

いつからとか、四肢の麻痺の程度とか、そういう細かいことは書いていなかった。

電話番号も分からないので電話もできない。

気になるけど、今すぐ飛べないし、それは家族も承知しているけど

中身が分からないと論文も手につかない悪循環だ。 

 







最終更新日  2007年10月26日 18時00分02秒
コメント(16) | コメントを書く
2007年06月09日

信じるひとも信じないひとも。

七夕に向けて、ひとところで神の眼と呼ばれている映像をご紹介します。

先日、「神の眼」を見せてくださるというメールをいただき、

ネットにて

Helix Nebulaという、星の大爆発のもやもやらしいということはわかり、

でもなんだか神秘的なので、私はとりこんで、壁紙にしておいた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
友達から面白いメ―ルが届きましたので転送します

強制ではないので、よかったら数にこだわらずにやってみてください

一人7つまでお願い事が叶うそうです。

from NASA Hubbell Telescope. Make 7 wishes.
ナサのハブル望遠鏡撮影。
「7つの願いをこめて」
「この写真はNASAの天体望遠鏡で撮影されたもので、3000年に一度と言われている大変珍しい現象です。
これは「神の目」と呼ばれています。
この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れるといわれており、見るものがこれを信じる信じないは関係なく、7つの願いが聞き届けられると言われています。とにかく試してみて、どのような変化があるか、見てみてください。」
このお知らせを、「そのかたの願いが叶いますように」と思いを込めて、18人の友人に送りなさい。自分だけで独り占めはしないこと。
以上です。
たくさんの方にシェアして下さったら素敵です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見てみたい方は、下のサイトへどうぞ。
また、ハッブル、Helix Nebulaなどのキーワードで検索しても出てきます。

ちなみにハッブルの綴りはhubbleなので、英字で検索する際はお気を付け下さい。

http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2003/11/image/a/format/large_webここに、結構大きな映像がありまする。
http://www.vanderbilt.edu/exploration/images/news/article_main/news_helix_nebula2.jpg

こっちには、この爆発についていろいろ説明が。


で、リンクスしていただいているばっちゃんが、
昨日この神の眼について、日記を書いていらしたのをみて、
私も倣うことにしました。

ばっちゃんがいただいたメールとは、少し異なっているようで、
私がもらったものは、
ただ、信じる信じないにかかわらず、
見たものは、7つの願いがかなうと。

いろんなひとに、いろんな【よきことの】願いがかなうことを祈って。

 

追伸。

ばっちゃんから、よきことの願いが叶うことを。とのコメントを頂き、そうでした。

テロ成功など、祈ったりはできません。
どうぞ、 良きこと、善きことの願いが叶いますように。







最終更新日  2007年07月07日 18時16分03秒
コメント(7) | コメントを書く
2007年03月10日
子供を産んだはずの古い知人に電話してみた。

もう出産後しばらく経っていたかと思ったら、
10日前に産んだばかりだという。

自転車で行けるところに住んでいるんだけど
もう1年くらい会っていない。

母子ともに健康に生まれたそうで、良かった。

アメリカ人とイスラエル人のカップルなんだけど、
ドイツで子供を産んだらドイツに永久滞在許可が出る・・・ってことはないのかな。
血統主義だから、ないのか?
国際法、既に記憶の彼方へ・・・






最終更新日  2007年03月31日 21時03分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年02月22日
友達カップルが夏に結婚することになった。
幸せそうでいいことだ。
屋外で祝うというので、天気になるといいが。

ちなみにこちらでウェディングドレスを買うと、
シュトゥットガルトだと平均1500ユーロほどらしい。
日本円にすると25万円くらいか。
ベルギーは3分の1くらいで買えたりするらしい。






最終更新日  2007年03月31日 20時48分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年10月19日

穴埋め日記

大切な人が鬱で寂しがっているとき、
電話するくらいしかできない事がある。

話を聞いたり、慰めたり、元気づけたり、
30分とか1時間とか話してちょっと元気になったみたいだと
ほっとして電話を切れる。

一時的なことでも。

鬱で一番調子が悪いときより、ちょっと浮上してきたときの方が、
その人に対するつきあい方は難しいと思う。

鬱がちょっとよくなってきて、ちょっと元気があって、
でも心配事は、鬱で拡大解釈してしまうとき、
なんだか普段と変わらないようでも、

実はまだ、心がひょわひょわしているので、
心配事は山のようにあり、
行動力が伴わない。
だから誤解されやすいし、周りを振り回しやすい。
それで周りのひとが、その人に嫌気が差してしまうことがある。

私は、鬱が愚痴になって、どろどろしても、自分が距離を取れる事なら、結構幾らでも聞ける。

でも、それが、自分の生活や将来に関わることの、
今すぐにはどうしようもできないことになってくると、
こちらも答えようがなく、黙ってしまう。

あれはどうなっているの、これはどうするの、
○○しなきゃ、xxでしょう・・・

できないとか、分からないとか、そういう答えは、
「そんなこといったって、xxでしょう、困るわ」
という答えが返ってくるのは分かっているので、

余計に黙っていると電話口の向こう側も不安になるらしくて、

やっぱり出てくる言葉は同じ。 

どんどん、どんどん、押しつぶされそうになって、
電話を終えた後、何もできなくなってしまう。

調子が悪いからだと分かっていても、
会話に距離をとることができなくて、
目下の優先事項ではないが故、
心配したところで精神衛生上よくないだけの事柄など、
自分が、気分が悪くならないように日頃距離をとっている事も
全部、ごちゃ混ぜになって、

なんのために電話したのだか、分からなくなってしまう。

そんな電話をしたのが、この日だった。


心配しているのに、電話してしまうとこちらの具合が悪くなるので電話できないとは、

悲しいんだけど(それに心配だし)、
一日落ち込んで何もしないでいる訳には、今は環境が許さないので、
それ以来、今日まで一週間、電話しなかった。

これをかいている10月25日、
あまり楽しい気分で電話できる気がしないのだが、
明日は誕生日なので、電話しなければ。

お誕生日カードを書けばよかったかなぁ。
でも、もう遅い。

こっちが構えていると、それが伝わったりするので、
向こう側も緊張してしまって、固くなってしまうのだが、
明日は気分が変わっているかもしれない。

前向きで電話しよう。







最終更新日  2006年10月26日 05時16分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.