000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

慶文堂 ひま人日記

PR

プロフィール


寒河江の菅ちゃん

カレンダー

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) pn 1 cialiscialis gebruikerservaringenk…
http://cialisda.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) prescription cialis soft withoutcialis …
絶対に入団したくない人@ Re:【消防団員の高齢化進む】・・・現役の消防団員の主張(って大袈裟かな?)(01/16) 偉そうですね。凄いですね。そういう態度…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) チャンガタゴトさんへ わっ!久しぶりに…
チャンガタゴト@ Re:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) 私のコルトですが、エンジンオイルは3~…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:私の愛車たち・・・その2(05/29) 返事が遅れてしまってスミマセン、最近は…
MOKA@ Re:私の愛車たち・・・その2(05/29) なぜか開いたページが久しぶりのこちらで…
寒河江の菅ちゃん@ Re[3]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ いえいえ、別に…
☆☆けいちゃん☆☆@ Re[2]:心にこころ(12/18) 寒河江の菅ちゃんさんへ >☆☆けいちゃん☆…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ あの・・・ワタ…

お気に入りブログ

ゆかいなカメライフ カメコさん
医療の舞台裏 こざくらモグさん
けいちゃんの<毎度… ☆☆けいちゃん☆☆さん
のほほん日記・・・… ory8680さん
のんびり気ままな日記 doggy_loveさん
ムッシュと仲良し やまがらさんさん
おいしいもの大好き えば555さん
ファイブの虎語り ごらファイブ555さん

フリーページ

カテゴリ

ニューストピックス

2006年06月22日
XML
青天の霹靂
~青天の霹靂とは、予想外のことや事件が突然起こること。
 青天の霹靂の「青天」は雲ひとつない澄んだ青空、「霹靂」は突然雷が鳴ることである。





皆さんは『青天の霹靂』の状況に遭ったことがありますか?
あまりに突然に、予想外の事件が自分自身に襲って来て、自分が置かれた状況がすぐには認識できずに、足元がガラガラと崩れて行くような不安な目に遭った事が。



私は、あります。

そう、まさにあれは『青天の霹靂』でした。





それはかれこれ14年ぐらい前。
あれよあれよと結婚が決まり、山形に戻ってくる事になりました。
専門学校に行って勤務先を紹介してもらい、無事に仕事も決まりました。



結婚式は11月末でしたが、こうなったら早目に帰って来ちゃおう・・・ということで、8月一杯で帰県。9月1日から山形市内の個人医院に勤務しました。



11月の末に無事に式を挙げ、ハネムーンへ。
晩夏の沖縄から帰ってきたら、空港に停めて行った愛車の屋根の上に30cmほど雪が積もってたりして(; ̄▽ ̄)
いきなり『冬』ですよ。山形だなァ・・・。


ということで、私の山形での生活が始まりました。


ま、個人のお医者さんですから、イロイロありましたヨ。
私は鍼師として採用されたのですが、私の他にも3人の鍼の先生方が週1回ずつ、アルバイトみたいな形で勤務していました。
その先生方の曜日は私は助手を、そしてそれ以外の時には私が治療する、ということで。


女性が多い職場って、なんであんなにイロイロあるんでしょうね?
ある日、なんの思い当たるフシもなく、突然看護師さんたちに『シカト』されたこともありました。



半日ぐらい悩んで、でも、

(私が相手するのは看護師さんじゃない。患者さんなんだ!)

と思いなおして患者さん相手にワイワイやってたら、そのうちに『シカト』も無くなっちゃった。
未だに何故『シカト』されたのか分かりません。
謎だァ~。




とまァ、そんなことはこっちに置いといて(つ´∀`)つ



2月の初旬のある日、突然、我々従業員が一人づつ院長室に呼ばれました
出てきた先輩の看護師さんたちも、黙ったきり、何も言いません。


で、私が院長室に入って行くと・・・院長先生と奥様が並んで座っていました。
院長先生はというと、何も言わずに押し黙ったまま。
横に座った奥様がチラッと横目で院長先生を見て、

「実は・・・2月いっぱいでここを閉めようと思って・・・」








・・・えっ??・・・ナンノコトデスカ??(; ̄▽ ̄)


ここを閉める・・・辞めるって事?・・・何故?なして??どーして???

「実は・・・主人が脳腫瘍で・・・入院して治療しなくちゃ・・・」
"グスン・・・グスン・・・"



ノウシュヨウ?・・・チリョウ??


「急で申し訳ないんですけど、そういうわけなんで・・・」



もう途中から話なんぞ聞いちゃいません。頭の中はいろんな思いがグルグルと・・・。


2月いっぱいで閉める・・・勤務先が無くなる・・・って事は・・・失業・・・え~っ!

11月に結婚して・・・新婚3ヶ月で失業かよ!・・・どーすんの?・・・カミさんにどう説明すんの?
この先、どうしよう・・・?????


「・・・でね、もちろん皆さんにはお詫びとして・・・どうでしょう?」


えっ?あ・・・ああ(^▽^;)


「は・・・はい。そうですか・・・分かりました。がんばって治療なさってください・・・」
「どうもありがとうございますゥ」



・・・と言うしかないじゃないですか。こんな所で文句言っても仕方ないし。
それに一番大変なのは誰でもない、院長先生なんだし。




という事で、新婚3ヶ月にして失業しちゃいました(; ̄▽ ̄)


まあこの不景気な時代ですから、失業の一つや二つ、経験なさっているとは思いますけどね。
でもよりによって新婚3ヶ月で失業とは・・・_| ̄|〇ガックシ




しばらく家族には言い出せませんでした(言えないっすよ、こんな事)



でも・・・いずれは言わなくちゃならない。


という事で、2月の田楽を食べる時(何の時でしたっけ?)に、思いきって家族に話しました。

「実は・・・」

・・・妻と義母はしばし茫然。

「・・・まァ、でも・・・あれこれ悩んだって仕方ないでしょ?田楽食べましょ!」

救われましたよ。ホントに。


閉鎖が決まった勤務先の従業員って、ミョーな連帯意識が生まれるんですよね。
従業員って言っても(パートの先生方を除けば)男は私だけだったんですけど、みんな仲良くなっちゃって。
患者さんも皆さん心配してくださるし。



当時付き添いのご家族に頼まれて、それじゃあ試しに・・・と、あるご老人の認知症の治療をやっていました。

それがね、効果あったんですよ。まあそれほど進んでいなかったですからね。


で、そのご家族の方に、

「先生(私の事)、ここが閉鎖になったら、私は・・・おじいちゃんはどうすればいいんですか??」

(そんな事言われても・・・そのセリフは私が言いたいっすよ!)

などと思いつつも、

「は?はァ・・・あのォ・・・この辺にも鍼灸の先生がいらっしゃると思うんで・・・」

としか返事できませんでした。今ごろ・・・亡くなったかなァ、あのおじいちゃん。
いつもニコニコしていて、気のいいおじいちゃんだったけどなァ。




ところで、失業。
失業保険をもらおうと思ったら、

「ええと・・・雇用主の都合で失業なさったので・・・あ!でも、6ヶ月まで3日足りませんね。前の勤め先は・・・ご自分の都合でお辞めになったので、1ヶ月は・・・」

ええっ!(; ̄▽ ̄)ショ~ック!!
1ヶ月何もしないでいろ!と・・・_| ̄|〇ガックシPart2!



結局何度か失業保険なるものを貰いましたが、でも求人など無し。
それじゃあ、

「自宅開業しちゃおうかなァ」

という事で、現在に至る、と。

準備する時間もお金も無かったし、場所も悪いし、今まで開業した経験も無いし・・・ホントに無い無いづくしだったけど、なんとかかんとか今までやって来れました。
まだまだ大変だけど、でも良くこれまで生きてこられたもんだ。

でも、これからどうなるんだろう・・・???
もっとお客さん、来てくれないかなァ。

    “千 客 万 来 !”






最終更新日  2006年06月22日 15時52分35秒
コメント(12) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.