606237 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

慶文堂 ひま人日記

PR

プロフィール


寒河江の菅ちゃん

カレンダー

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) pn 1 cialiscialis gebruikerservaringenk…
http://cialisda.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) prescription cialis soft withoutcialis …
絶対に入団したくない人@ Re:【消防団員の高齢化進む】・・・現役の消防団員の主張(って大袈裟かな?)(01/16) 偉そうですね。凄いですね。そういう態度…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) チャンガタゴトさんへ わっ!久しぶりに…
チャンガタゴト@ Re:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) 私のコルトですが、エンジンオイルは3~…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:私の愛車たち・・・その2(05/29) 返事が遅れてしまってスミマセン、最近は…
MOKA@ Re:私の愛車たち・・・その2(05/29) なぜか開いたページが久しぶりのこちらで…
寒河江の菅ちゃん@ Re[3]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ いえいえ、別に…
☆☆けいちゃん☆☆@ Re[2]:心にこころ(12/18) 寒河江の菅ちゃんさんへ >☆☆けいちゃん☆…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ あの・・・ワタ…

お気に入りブログ

ゆかいなカメライフ カメコさん
医療の舞台裏 こざくらモグさん
けいちゃんの<毎度… ☆☆けいちゃん☆☆さん
のほほん日記・・・… ory8680さん
のんびり気ままな日記 doggy_loveさん
ムッシュと仲良し やまがらさんさん
おいしいもの大好き えば555さん
ファイブの虎語り ごらファイブ555さん

フリーページ

カテゴリ

ニューストピックス

2010年12月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
引用開始

石巻3人殺傷:裁判員「一生悩み続ける」 少年に死刑判決・・・毎日jpより



 悩み抜いた市民の結論は「死刑」だった。宮城県石巻市で起きた3人殺傷事件の裁判員裁判。被告の元解体作業員の少年(19)は、鈴木信行裁判長が主文を言い渡すのをじっと聴き入った。閉廷の瞬間、立ち上がって裁判員に一礼したが、その後は力なく椅子に腰掛け、刑務官からうながされて立ち上がると、うつむいたまま退廷した。一方、裁判員も判決後、「一生悩み続ける」と苦悶(くもん)の表情を浮かべた。【長野宏美、比嘉洋、鈴木一也、垂水友里香】

 仙台地裁102号法廷。この日は予定より約20分遅れ午後4時50分に開廷した。少年は初公判からずっと同じ黒いスーツ、青のネクタイ姿で入廷した。

 「法廷での供述は信用できない」「他人の痛みや苦しみに対する共感が全く欠けている」。判決は少年側の主張をことごとく退け、3人を殺傷した犯行の執拗(しつよう)さ、残虐さを厳しく非難。少年は時折体を前後に動かし、落ち着かない様子も見せた。

 傍聴席の遺族らは約30分間の判決の言い渡しに静かに聴き入った。閉廷後、遺族らは無言で足早に地裁を後にし、マスク姿の女性は「ノーコメントです」とだけ述べた。

 閉廷後の午後6時、裁判員2人が会見に応じた。男性裁判員は「正直何とかできなかったのかなあ」と語り、下を向いて涙をこらえた。

 ◇重圧で押しつぶされそう
 閉廷後の午後6時、裁判員2人が会見に応じた。男性裁判員は「正直何とかできなかったのかなあ」と語り、下を向いて涙をこらえた。2人は、裁判や重い判決を振り返り、次のように感想や考えを語っている。(A=30代会社員男性、B=年齢・性別非公表)

--裁判を通じて感じたことは。

 A どんな結論を出しても、被告と被害者どちらからもは納得されない。正直怖くて一生悩み続けると思った。

 B 死刑にするべきかどうかの論点が大きいと裁判前の報道を見て思った。(裁判が)進むにつれ、どうしたらいいか分からなくなった。

--重い決断を迫る裁判員制度に関して。

 A 重いですね。本当に苦しい精神状態。今回参加できたことはよかった。

 B やりたくなかった。死刑は本当に重い。

--少年にどんな言葉をかけたいか。

 A 求刑する前であれば話したいことがあったが、今は何もない。

 B まず反省してと言いたい。なぜこのような判決になったのか考えてほしい。

--一番負担になったことは。

 A 被告、被告のお母さん、被害者の方が涙してる姿をかみしめ、どういう結論を出すか思った時が一番つらかった。

 B この子に対し何が一番いいか考えるようになった。死刑という言葉が一番重い。休日に悩み苦痛だった。

--山口県光市の事件や永山基準をどれくらい意識したか。

 A ある程度の目安。

 B 考慮しながら話さざるを得なかった。

--休日は?

 B 家族らと一緒にいるのが耐えられなくて図書館に行った。公判の記事や裁判員制度の本を読んだ。自分の中で判断基準がほしかった。

--この経験をどう受け止めるか。

 B 毎日気持ちが変わる。昨日は良かったと思い、今は重圧で押しつぶされそうで、何で(裁判員に)当たっちゃったんだろうという気持ちの方が強い。時が解決してくれるんでしょうか。


引用終り



人が人を裁くという事。そして、自分たちの判断で一人の人間に『死』を与えるという事・・・。


人が人を裁くという事はそれだけ大変であり、責任重大だと思います。人一人の人生を左右する事柄ですから。だからこそ、やる気もあり、その重責に耐えようとする『覚悟』も持った人間が専門の勉強し、免許を取得して、その上で行える行為です。



そこはある意味、特殊な世界です。その特殊な世界に法律の専門の知識もあまり無い一般人が裁判に参加する事の意味が、私にはいまいち分からない。



裁判所の判断と一般の常識(意見?)が食い違ってきたから?だったらそれは裁く側の人間の問題であり、そちらで対処すべき事だと思います。



普通の生活を送っている人間が突然裁判員に選ばれ、強制的に判断をさせられる・・・これは普通の感覚を持った人間には、多かれ少なかれ耐えがたことだと思います。


比較的軽い犯罪ならまだしも(それでも他人の人生を左右してしまいますが)、『死刑判決』となるとそのプレッシャーたるや、いかばかりか・・・。


それで『裁判員への心のケアが・・・』などという話もあって。




一般人に心のケアが必要なほどの、これだけのプレッシャーを強いる制度は、私はおかしいと思います。






最終更新日  2010年12月03日 13時37分53秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.