610316 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

慶文堂 ひま人日記

PR

プロフィール


寒河江の菅ちゃん

カレンダー

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) pn 1 cialiscialis gebruikerservaringenk…
http://cialisda.com/@ Re:FMラジオ!(02/17) prescription cialis soft withoutcialis …
絶対に入団したくない人@ Re:【消防団員の高齢化進む】・・・現役の消防団員の主張(って大袈裟かな?)(01/16) 偉そうですね。凄いですね。そういう態度…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) チャンガタゴトさんへ わっ!久しぶりに…
チャンガタゴト@ Re:三菱コルトが故障、ミッション交換!(07/06) 私のコルトですが、エンジンオイルは3~…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:私の愛車たち・・・その2(05/29) 返事が遅れてしまってスミマセン、最近は…
MOKA@ Re:私の愛車たち・・・その2(05/29) なぜか開いたページが久しぶりのこちらで…
寒河江の菅ちゃん@ Re[3]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ いえいえ、別に…
☆☆けいちゃん☆☆@ Re[2]:心にこころ(12/18) 寒河江の菅ちゃんさんへ >☆☆けいちゃん☆…
寒河江の菅ちゃん@ Re[1]:心にこころ(12/18) ☆☆けいちゃん☆☆さんへ あの・・・ワタ…

お気に入りブログ

ゆかいなカメライフ カメコさん
医療の舞台裏 こざくらモグさん
けいちゃんの<毎度… ☆☆けいちゃん☆☆さん
のほほん日記・・・… ory8680さん
のんびり気ままな日記 doggy_loveさん
ムッシュと仲良し やまがらさんさん
おいしいもの大好き えば555さん
ファイブの虎語り ごらファイブ555さん

フリーページ

カテゴリ

ニューストピックス

2012年10月25日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
私の故郷、山形県寒河江市にある慈恩寺には、実に5組・30体(附けたり、も含めて)もの国指定・重要文化財があります。


そしてそのうちの12体が“秘仏”として内宮(本堂の中にある建物)に安置されていて、一般の人はもちろんのこと、管長(慈恩寺の代表者)以外は例え慈恩寺一山の僧侶であっても見ることは出来ません。


ちなみに一般の人でも見られる重要文化財とは、本堂の東側にあるお堂に安置されている“薬師三尊(薬師如来と日光菩薩・月光菩薩)”とその眷属である“十二神将”の十二体(但しそのうちの4体は江戸時代の作のために“附けたり”とされています)の計15体。これは普段でも拝観料(説明つきで500円)さえ払えば見られますし、毎年5月5日のお祭りの日にはお堂を開放していますのでタダで見られます。


だからと言って侮るなかれ。


この薬師三尊および十二神将はこの辺で彫られたのではなくすべて中央の作です。しかも寺伝では“安阿弥(あんなみ)”作となっております。この安阿弥(あんなみ)とは東大寺南大門にある金剛力士像を作った運慶・快慶の快慶の号であり、恐らく快慶かその一派(工房?)が作ったものでしょう。


特に十二神将はだいたい90センチ前後と小柄ながらその精密さと躍動感、そして迫力たるや素晴らしいものがあり、奈良・京都以外でこれだけの十二神将は無い!・・・と勝手に思っております。


この薬師三尊・十二神将に見られるように、慈恩寺のみ仏は平安後期から鎌倉期の中央の一流の仏師による作がほとんどです。


ただ、それだけに謎が多い仏像群でもあると思っております。


何故これだけの仏像が草深い出羽の国・寒河江の荘にある慈恩寺という寺にあるのか?そもそも何故こんなところに天皇の勅願所があるのか?


そもそも寒河江の荘がなぜ摂関家・藤原家の荘園であり、それが鎌倉幕府の重鎮・大江広元に与えられたのか?

寡聞にして明快な説明を聞いたことがありません。が、その話は後日に譲るとしてまずはみ仏たちの話です。



もう三十年以上も前、奈良国立博物館から来られた調査員(専門家?)の方があまりの秘仏の多さ、見事さに、

「まさかこんな所にこんなも素晴らしい仏像が秘仏として、それもこんなに沢山残っているとは思わなかった」

と驚いていたと聞きました。日本中アチコチの寺で秘仏を調査しているこの調査員の方の話だと、

「秘仏というのは住職以外は見られないのをイイ事に、何代か前の住職が病気したり遊興に使ったりして借金し、その挙句に秘仏を売り払ってしまい、調査に行ったらナニも無かった、なんて例が珍しくないんです。それなのにこんなにたくさん残っているなんて・・・」

という事のようです。


では、そもそも何故これだけたくさんのみ仏たちが秘仏として残されたか?


一般的に秘仏といえばご本尊とその脇侍(わきじ)ぐらいだと思うのですが、慈恩寺ではご本尊の弥勒菩薩像と脇侍である釈迦如来坐像、地蔵菩薩坐像、不動明王立像、降三世明王立像の5体の他に、普賢菩薩あり文殊菩薩あり、さらにそれらの眷属あり・・・と、実にたくさんのみ仏たちが秘仏とされて守られてきました。



何故でしょうか?


ここから先は完全に私の想像(私見)なのですが・・・実はご本尊の弥勒菩薩像および釈迦如来坐像、地蔵菩薩坐像、不動明王立像、降三世明王立像(これらは鎌倉時代後期の作であり、他の仏たちと違い材質が当地に多かったヒメコマツである点から、もしかしたら慈恩寺で作られたのかも?)と、かつて国宝で現在は重要文化財である木造阿弥陀如来坐像(寺伝では釈迦如来)以外は、破壊されているのです。


さすがに普賢菩薩と文殊菩薩は破壊されてはいませんが、その乗り物である象と獅子はかなり破壊されています。さらにそれぞれの脇侍に至っては一部を除いて両腕や手が無かったり顔が削がれていたりと悲惨なお姿になっています。


その他にも、秘仏ではなく県指定の有形文化財である木造菩薩像(平安時代後期)や木造如来像および両脇侍立像(平安時代後期)、木造二天王立像(鎌倉時代後期)、木造力士立像(鎌倉時代後期)、木造如来立像(鎌倉時代後期)など(その他・市の仏像などの一部)も腕や手が欠損しているものがかなりあります。


*なぜ○○菩薩像、○○如来像かというと、如来・菩薩を判別するのに必要な手指の形=印相(いんそう、いんぞう)が手指の欠損により分からないからです。



これは恐らく、明治に入ってからの廃仏毀釈の影響があったのではないかと思います(それまでは神仏習合もしくは神仏混淆といって同一とされた)。


その時に慈恩寺でも仏教派と神道派の争いがあり、神道派の過激な過激な人たちが自分たちの覚悟を表すためにかどうかは分かりませんが、一部の仏像を破壊してしまうという行為に走ったのではないか?

そして仏教支持派が大切な仏様を守るため、さすがの神道支持派も手を出すことが出来なかった、秘仏としてご本尊が安置されている本堂の内宮に主な仏様たちを入れた(安置)したのではないか?と想像します。



そう考えると私自身、納得できるのです。そして、もし実際にそうだったとしたら?



もともと秘仏として本堂の内宮に安置されていたのはご本尊の弥勒菩薩像とその脇侍である釈迦如来坐像、地蔵菩薩坐像、不動明王立像、降三世明王立像の5体のみであり、他のみ仏やその脇侍たちは秘仏ではないことになります。


するとどうなるか?


もし・・・もし可能であるならばそれら諸仏を秘仏から外し、しかるべき施設に安置してはどうだろうか?


その際、木造騎獅文殊菩薩及脇侍像(4躯)・木造騎象普賢菩薩及十羅刹女像(5躯)それぞれをグループとし、その中心?に釈迦如来を安置する(私が聞いたところでは“法華曼荼羅仏像群”というらしく日本ではこの一例だけだそうです)。


さらに、薬師三尊の眷属である十二神将とは本来は時間(十二刻)と空間(十二の方角)とを護る神様なので、薬師三尊を中心にして“子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥”の十二の方角(子=北、卯=東、午=南、酉=西、その他は順番に)に安置すると良い。


その他の重要な仏像もそれぞれの場所を考慮して安置すれば、これは素晴らしい仏像群となると思うのですが・・・無理ですかね、やはり。






最終更新日  2012年10月26日 22時46分43秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.