131000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

相模湖の風

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


midori_k

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2010.10.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ぶどうの収穫で忙しい時期が過ぎた友人が「また一緒に歩きましょう」ということになってウォーキングは再び夜になった。もう汗拭きタオルを持ち歩く必要もなく、外に出ると肌寒いと感じる日もある。夜道を歩いていると、どこからか金木犀の香りが漂ってくる。金木犀の香りこそは秋の象徴である。と、私は思っている。
 土曜日は栗拾いに出かけ、「大秋」という柿も買って帰ってきた。娘が山形から「ロザリアビアンコ」というきれいなヒスイ色のぶどうを送ってくれ、家中に秋の気配が漂っている。秋といえば虫の音だが、我が家では虫の音が室内で響き渡り、泊まりにきた娘の家族が驚くとともに、「うるさすぎるわね」と、鳴く虫を探している始末である。 
 涼しくなって来たので出かける楽しみに目覚め、出かけ始めると弾みがついてしまい、日曜日には再度都会へと向かった。懐かしい人にお目にかかり、久しぶりにゆっくりとお話を聞かせてもらった。夜は娘たちと一緒に吉祥寺へ食事に出かけた。動くのも辛いくらいお腹いっぱいタラバカニを食べ、帰りは神田川沿いを歩いて帰ることにした。
 肥満気味の婿殿と小学校1年生の孫の足が心配だったが、吉祥寺の駅から井の頭公園へ下りて、散歩がてら歩き始めた。夜の公園は結構にぎやかで、神田川沿いの遊歩道は犬の散歩をする人もたくさんいる。1時間弱の道のりを、おしゃべりを楽しみながら歩けたのもこの季節だからだろう。アッという間に夏の記憶は遠のいて、人々は存分に秋を楽しんでいる。こうして季節は移ろっていく。
 今日の写真は娘の家の近くにあるフラワーガーデンの温室。覗いてみると小さなシクラメンが可憐な花を咲かせている。シクラメンといえば冬の風物詩、クリスマスヤお正月前に一斉に花屋に並べられる。季節は先へ先へと進んでいるのだ。うかうかしていられないと思いつつ、しばらくは62歳の秋を味わいながら暮らそう。しかし、来週は地域の町民運動会である。今年は自治会の組長だから、前日から準備に出なくてはいけない。やっぱりゆっくりと優雅には過ごせないらしい。






Last updated  2010.10.04 11:09:01



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.