000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

みかんの木を育てる-四季の変化

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

Favorite Blog

抑制きゅうりの状況 New! 豊田年男さん

四国八十八ヶ所お遍… New! hitoshisanさん

タマネギ苗、ネギ苗。 New! la joie de vivreさん

10月の柏王さわや… ゆうき065さん

今年 大豊作だった… 桃_太郎さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

2011年11月28日
XML
カテゴリ:みかん栽培

しまった!あま過ぎたミカンの成熟判断

11月26日(土)にミカンを収穫したのですが。
天気は秋晴れで、風もなしで、みかんの収穫日和でした。
ミカンの収穫は、早生みかんからフツウウンシュウミカンへ移ろうとしています。

太陽の陽ざしに照らされると、
この時期、フツウウンシュウミカンは赤く輝いて見えます。

018
                               (11月26日)
午後からは、薄い雲がかかってきましたが。
それでも陽ざしのもと、輝いて見えました。

009

赤く輝いて、なかなか良い色をしているでしょう。
この色を見たら、誰だって、収穫のゴーサインを出すとおもいます。
私も、”今年は急速に成熟が広がりだしたようだ”と、
サンプルの味見をしてから、収穫をはじめだしたんです。

012

被写体として注目したみかんはいずれも合格のはずですが。
サンプル試食のみかんも合格だったんですが。

しかし、今回の収穫ですが、
確認したみかんと、そのまわりにあったみかんとでは、
実際の成熟の度合いにギャップがあったようです。

015

収穫の途中で、糖度を測ってみたのですが。
このミカンの糖度は、9.2でした。
これはショックな結果です。

みかんの糖度は少なくとも10以上、出来れば12を目標としていたんです。
途中で試食したみかんは、間違いなく合格していたんですが。
どうやら、目が狂ったようです。周辺のみかんを甘く見過ぎたようです。
これでは、少し置いて追熟させなければ人には出せません。

たしかに、まだ11月ですから、フツウウンシュウとしてはまだ少し早い。
近頃、急に朝晩が冷え込むようになってきて、
ミカンの色づきはすすみだしていますが、その色の変化に誤魔化されたようです。
味の方の成熟は、果皮の色ほどには進んでいないようです。
目で見ただけではなく、こまかく自分の舌で確かめてみてから、
厳しく成熟を判断する必要があったようです。

今回、11月26日の収穫の反省です。







Last updated  2011年12月02日 21時45分25秒
コメント(2) | コメントを書く
[みかん栽培] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.